ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2021.03.19

Herbal Life

Herbal Life57
手軽に楽しめる、季節の小さなフラワーアレンジ

日々の暮らしに彩りを添えてくれる、季節の花や植物たち。豪華なブーケアレンジも素敵ですが、小さなフラワーアレンジでも、生活の中で花と向き合うことで、豊かな時間を過ごすことができます。

今回は、手軽に楽しめる小さなフラワーアレンジを、フラワーアーティストのマミ山本さんに教えていただきます。
 
 

小さなフラワーアレンジを飾って楽しむ

本格的なフラワーアレンジを毎日お部屋に飾ることは難しくても、小さなフラワーアレンジなら、手軽に楽しむことができます。それが、フラワーアーティストのマミ山本さんが提案するフラワーアレンジです。始め方のコツは、まず「器」を選ぶこと。お気に入りのグラスやカップ、ビンや缶、そして、カゴやギフトボックスまで、水漏れさえ気をつければ、身の回りのさまざまなものが花器として活用できます。
 
季節の花や実を組み合わせれば、アレンジの幅も広がるはず。木の枝などに吊るして飾ったり、リボンを添えたり、遊び感覚を取り入れることで、花の表情はまた違ったものになります。小さくてコンパクトなアレンジは、置き場所も選ばず、さりげなく、でもお部屋の中でしっかり存在感を見せてくれます。
 
 
<マミ山本さんの小さなフラワーアレンジ>
色や形、咲き方が多様なバラは、容器に合わせて個性的な飾り方が楽しめます。瓶に挿すだけではなく、間口の広い瓶にはそのまま入れて標本風のアレンジも。
お気に入りのビンで作るバラアレンジ
 

バラを小枝にリボンで吊るしたアレンジ。壁や窓辺を彩ります。そのままドライフラワーにして、色の移ろいも楽しめます。
バラが揺れるモビールアレンジ
 

皿状の容器にオアシス(吸水性スポンジ)を入れて、バラの茎の長さを生かして挿します。オアシスの部分もペッパーベリーで飾れば、よりスタイリッシュなアレンジに。
バラとペッパーベリーのアレンジ
 

バラと同様、色や形が豊富なガーベラも、高低差をつければ新鮮なイメージです。
ガーベラのスタイリッシュアレンジ
 

お揃いのカップに可愛らしくアレンジし、並べることで、華やかさがアップします。
ジニアとモナルダのカップアレンジ
 
 

小さなフラワーアレンジを贈って楽しむ

小さなフラワーアレンジは、プレゼントにもおすすめです。春のお花畑に行って、摘んできた花をそのまま誰かに贈りたい、そんなピュアな気持ちを伝えるのにもぴったりです。ブーケを束ねるリボンや紐、ラッピングの素材、お花を詰めるカゴやボックス、フレームなどにもこだわれば、思いがもっと相手に届くことでしょう。
 
 
<マミ山本さんの小さなフラワーギフトアレンジ>
花を贈ることは季節を贈ること。春は黄色をイメージして、ビタミンカラーで元気を届けましょう。白の薄紙でラッピングしてもアレンジが引き立ちます。
春のブーケアレンジ
 

ミニサイズのガラスボックスやカゴなども、贈りもののアレンジに最適です。蓋付きのものなら、開けた時の喜びも演出してくれます。オアシスをサイズに合わせて切って納め、花や植物を挿します。カゴを使えば、ナチュラルなアレンジに。手軽に作れ、持ち運びにも便利です。
ミニガラスボックスのギフトアレンジ
 
スプレーバラとエリカのカゴギフトアレンジ
 

フレームの中の下の部分にオアシスを切って入れ、花で絵を描くように、茎を挿し込みながら飾ってゆきます。立体的なアレンジと香りも楽しめます。
スイートピーのフレームアートアレンジ
 

小さなアレンジでも、花は一つ一つに存在感があり、命の彩りを持っています。お気に入りの器に自由に飾って、心豊かな毎日を楽しみましょう。
 

 
マミ山本
フラワーアーティスト、anela(アネラ)主宰。ウエディングブーケの制作や、ドレス、ヘッドドレスのデザインも行い、挙式、フラワー誌、ブライダル誌、ファッション誌などで活躍。近年では「キャンバスアートフラワー」という花と絵とメッセージを組み合わせたオリジナルアート作品も人気を集めている。
 
『お気に入りの花で作る 小さなフラワーアレンジBOOK』(成美堂出版)

 全写真:『お気に入りの花で作る 小さなフラワーアレンジBOOK』(成美堂出版)
©︎深澤慎平


▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/

2021.03.05

Botanical Recipe

Botanical Recipe49
春に向けて心と身体をリセット、春待ちボタニカルレシピ

3月、長かった冬も終わりの気配が見え、春の訪れに期待が膨らみます。春に向け、寒さに疲れた心と身体を元気にしてくれるのが、野菜たっぷりの春待ちボタニカルレシピです。

今回は、美味しくリセットしてくれるボタニカルレシピをご紹介します。
 
 

目でも楽しめる春感覚の野菜レシピ

日差しの中に春の気配を感じる、この時期の野菜は、みずみずしくて香り豊かです。ビタミンなどの栄養素も豊富で、身体を内側から元気にしてくれます。また蕗の薹など、冬の間に落ちた代謝を促進してくれる春野菜もあります。食べ方を工夫して、目でも一足早い春の彩りを味わってはいかがでしょう。
 
 
<春待ち野菜のホットサラダ>
肌寒い日もある春先は、ドレッシングにしょうがを使って、身体を温めながらいただくホットサラダがおすすめです。緑と白が春らしさを届けてくれるブロッコリーとカリフラワーは、柔らかくてジューシー。豊かな甘さの新にんじんにはカロチンも多く含まれています。
春待ち野菜のホットサラダ
 
 
■材料(3人分)
ブロッコリー … 1/2株
カリフラワー … 1/2株
新にんじん(2種) … それぞれ1/2本分
オリーブオイル … 大さじ1/2
塩 … 適量
 
A(ドレッシング)
オリーブオイル … 大さじ3
レモン汁 … 大さじ3
しょうがすりおろし … 小さじ1
はちみつ … 大さじ1と1/2
塩 … 小さじ1/2
粗挽き胡椒 … 小さじ1/4
 
■作り方
1. 新にんじんは皮をきれいに洗い、斜め薄切りに切る。ブロッコリーとカリフラワーは食べやすい大きさに房取りし、さっと水をくぐらせ厚手の鍋に入れ、少量の塩とオリーブオイル大さじ1/2を回しかける。

 
2. 火をつけ蓋をして、湯気が出てきたら弱めの中火で5分加熱し、そのまま2分置く。
 
3. 鍋ごとテーブルに出し、器にとりわけ、Aを混ぜ合わせたドレッシングをかけていただく。

  

<春待ち野菜のディップスタイルサラダ>
蕗の薹をメインにしたディップで食べるサラダです。デトックス効果の高い蕗の薹、みずみずしいアスパラガス、ビタミンCが豊富なスナップエンドウなど、いろいろな野菜をいただくことで、身体をリセットできる一品です。
春待ち野菜のディップスタイルサラダ
 

■材料(3人分)
蕗の薹(ふきのとう) … 3個
味噌 … 大さじ1/2
クリームチーズ … 100g
オリーブオイル … 大さじ1/2
粗挽き胡椒 … 適量
野菜数種(新にんじん、カブ、グリーンアスパラ、スナップエンドウなど)
バケット … スライス適量
 
■作り方
1. 蕗の薹は粗みじん切りにし、オリーブオイルを熱したフライパンでじっくり炒める。

 
2. 火を止めてフライパンが熱いうちに味噌、クリームチーズを混ぜる。

 
3. 2を冷蔵庫で冷まし、お好みで粗挽き胡椒をふる。
 
4. バケットを添え、盛り合わせた春野菜につけていただく。
 
 

野菜の甘みが引き立つ、春待ち野菜の煮込みレシピ

キャベツも、春ものは特に肉厚で柔らかく、甘さも格別です。そして、甘みをしっかり蓄えた新にんじん、新たまねぎなども元気を届けてくれます。
 
 
<春待ち野菜のポトフ>
柔らかくフレッシュな春野菜の旨みや甘みをしっかり引き出すレシピです。シンプルですが、春ならではの野菜の栄養をしっかり摂れ、身体も温まります。
春待ち野菜のポトフ
 

■材料(3人分)
新にんじん(2種) … それぞれ1本分
春キャベツ … 1/4個
新たまねぎ … 1個
ハーブソーセージ … 4本
ローリエ … 1枚
塩 … 小さじ2/3
粗挽き胡椒 … 適量
オリーブオイル … 適量
 
■作り方
1. 新たまねぎは縦に4分割、春キャベツは1個の1/4を2等分、新にんじんは縦に4等分にして鍋に入れ、塩、ローリエを加える。

 
2. 水700〜800mlを入れ沸騰させたら、弱めの中火にして10分煮込む。

 
3. ソーセージを加え5分煮て、塩、粗挽き胡椒で味を調え、器に盛り付け、オリーブオイルを回しかける。
 
 
季節の変わり目は疲れが出やすい時。旬の野菜で、元気の源となる栄養をしっかり摂って、春に備えましょう。



▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/