ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2021.02.19

Botanist

Botanist43
自然の色を日々の暮らしに、Veritecoの草木染めアクセサリー

花やハーブなどの天然素材で染めた糸や生地と、それで作られるアクセサリー。瀬戸内の自然豊かな島、豊島を拠点に草木染めを手がけるVeriteco(ヴェリテコ)では、染めの原料となる花や植物を育て、ひとつひとつの作品を手仕事で生み出しています。

今回は、Veritecoの浅田真理子さんに草木染めの魅力について教えていただきます。
 
 

植物の秘めた色を引き出す草木染め

植物から色を取り出す草木染め。瀬戸内に浮かぶ自然豊かな島、豊島で、浅田真理子さんはハーブ園や菜園を耕し、そこで育った植物を使って糸や生地を染め、様々なアクセサリー作品を生み出しています。「春、夏、秋、冬と豊島の自然と暮らす、その日々がそのまま作品作りにつながっている」とおっしゃる浅田さんは、デザイン学校を卒業後にアパレル会社、手芸材料店等を経て、2007年にVeritecoブランドをスタートさせました。
 
アクセサリー作りを手がけていく中で、化学染料の色に違和感を感じ、紅茶や玉ねぎなどの自然素材で染めを手がけるようになり、植物の出す色に魅せられてゆきます。やがて、その染めの原料となる植物も自分自身で育てるところから始めたい、という思いが強くなり、かつて旅で訪れた瀬戸内の穏やかな風景を思い出し、豊島への移住を決意したそうです。
豊島
 

豊島で藍染めに取り組んだ浅田さんがこだわったのは、藍の生葉で染める染めの手法。そこから生み出された青の色は、豊島の海や空の色と重なり、まさに世界に一つだけの青が誕生しています。
タデアイの葉
 
藍の生葉染め
 

豊島の四季の色を染める浅田さんの工房。春は島一面に広がるクローバーやよもぎ、ミントなどの柔らかい緑。そして、カモミール、タンポポ、ミモザといった春の花の爽やかな黄色が工房で染め上がってゆきます。夏の染めに使われるのは、鮮やかな紫の花を咲かせるラベンダー、ヒメジョオン、ビワの葉などの季節の花や植物です。ラベンダーは咲き始めの花の部分をドライにして使いますが、染めながら香りも楽しめ、心身ともリラックスさせてくれるそうです。浅田さんの草木染めは、まさに豊島の四季の色をそのまま伝えてくれるものとなっています。
草木染めの刺繍糸 ※
 
 
 

自然を身につける喜びを草木染めで

豊島の自然の色を生かして作られるVeritecoの手作りアクセサリー。その創作のモチーフになっているのも、摘んできた身近な花や実の可憐な姿など、豊島の自然の景色です。季節ごとの花や植物の数だけ、浅田さんのイメージは膨らみ、都会では見ることのできない、ジャガイモやカボチャの花、小さな木の実などもアクセサリーで表現しています。
ジャガイモの花のコサージュ(左) カボチャの花のコサージュ(右)
 
木の実のピアス
 
 
 
また、草木染めの生地に草木染めの糸でステッチや刺繍を施した、手作りの小物たちも世界で一つだけの表情を持っています。たとえ同じ植物で染めても、その年の気候や染める時期によって、色にも違いが生まれます。やがて時間とともにその色も少しづつ変化していくところも、味わい深く、持つ喜びを感じさせてくれる魅力となっています。
ニゲラのポーチ(左) ビロードリボンの刺繍(右)
 
ムラサキツユクサのがま口(左) ビロードリボンの刺繍(右)
 

都会暮らしの中でも、花の色を身につけ、自然を心に浮かべればきっと元気をもらえるはず。Veritecoの手作りのアクセサリーは、お部屋にひとつ飾るだけでも、自然と向き合う気分にさせてくれます。「流行ではなく、季節や自然を追ってもの作りにかかわっていたい」。それが浅田真理子さんの創作の原点となっています。
 

 
Veriteco(ヴェリテコ)
草木やハーブなど、天然素材にこだわったクチュール・アクセサリーを手がける浅田美樹雄さん、浅田真理子さんのユニット。2007年にスタートし、2015年に瀬戸内海の香川県・豊島に移住。四季折々の島の自然と寄り添いながら暮らし、繊細な手仕事で色の魅力を引き出したアクセサリー、小物などを制作している。
『Veritecoの草木染め 春・夏・秋・冬・手づくりのある暮らし』(グラフィック社)
 
※を除く本文写真:『Veritecoの草木染め 春・夏・秋・冬・手づくりのある暮らし』(グラフィック社)より




▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/

2021.02.05

Herbal Life

Herbal Life56
お部屋で楽しむ多肉植物の水栽培

土を使わずに水だけで植物を育てる水栽培。人気の多肉植物やサボテンでも、今、水栽培が注目されています。様々な形のガラス容器を用い、置き場所を工夫することで、グリーンインテリアとして楽しみましょう。

今回は、表情豊かなグリーンインテリアとして楽しめる多肉植物の水栽培を「多肉植物の水栽培」の著者、米原政一さんにご紹介いただきます。

 

緑のインテリア、多肉植物の水栽培

種類も多くて姿や表情がとても豊かな多肉植物は、水栽培することでより身近に楽しむことができます。鉢で育てる多肉植物は、屋外で育てることが基本となりますが、水栽培なら、屋内での栽培が可能。透明のガラス容器を使うので、根の成長の様子も見ることができ、植物全体の姿が楽しめます。ガラス容器の口の部分に茎を差し込んで、根の部分だけ水に浸かるようにすれば育ちますので、お好きなガラス容器で手軽に栽培することができます。
多肉植物の水栽培
 

置き場所も自由に選べるため、屋内のグリーンインテリアとして、さまざまに楽しめます。玄関やキッチン、ダイニングテーブル、デスクなど毎日使う場所に置くと、目に触れるたびに清々しい気分になりますね。
玄関を彩る
 
キッチンテーブルに 
 
食卓にも安らぎを
 
仕事机でも楽しめる
 
 

失敗しない多肉植物の水栽培

大切に植物を育てていても、枯らしてしまうこともあります。鉢植えの場合は、その原因の多くが水やりだそうです。水をやりすぎて根が腐ってしまったり、逆に水をやり忘れたり。また、土選びにも経験や知識が必要です。米原政一さんは、元気を無くした多くの鉢植えの植物を水栽培で蘇らせてきました。例えば、長く育てるのが意外に難しいサボテンも、水栽培なら土での栽培より長い期間、大きく育てることができるそうです。まずは、お気に入りのガラス容器を選び、水栽培にチャレンジしてみませんか。
 
 
<多肉植物の水栽培の始め方>
多肉植物を鉢から出して根を痛めないように土を落とし、刃の部分を消毒したカッターなどで、根元を2mmほど残して根の部分を切り落とします。その後、屋内で新聞紙の上などで2〜3日置いて乾かします。
元の根をカット
 
屋内で乾燥
 

水を入れたガラス容器を用意し、水面ギリギリに植物の根の部分が来るようにセットします。屋内の陽の当たらない場所に置いて、2〜3日に1回の割合で水を換えましょう。早い植物で2〜3週間、時間がかかる場合も2ヶ月ぐらいで、新しい根が出てきます。
お気に入りの容器にセット
 

根が成長してきたら、根の先から3cmほどが水に浸かるようにして、1週間に1回の割合で水を交換します。毎日、植物と同じように水も観察して、濁りを感じたらこまめに交換しましょう。室内のなるべく明るい、風通しの良い場所に置いて、直射日光は避けます。玄関や洗面所など明るさが十分でない場合は、1週間を目安にして、しばらく明るい場所に置き換えましょう。毎日様子を見て観察することも、きっと楽しい植物との対話の時間になるはずです。
白い壁に映える多肉植物
 

米原さんによると、鉢の中の土で育つ植物は根をできるだけ伸ばそうとしますが、水栽培で育てる植物の根は、容器の中である程度の長さになると、そこで成長を止めるそうです。限られた条件の中で生命の営みを保とうとする植物の姿。米原さんは、その姿こそ、「今あるものを大事にして暮らすことが、大きな幸福に繋がる」という、植物からのメッセージだと感じています。
 
 
 
米原政一 
住宅店舗のリノベーション設計施工をする無相創代表。既存を生かしながら、アンティークや植物を適所に配置して空間構成するのを得意とする。植物とともに健康的な生活環境を生み出すことを目標に活動している。
 『多肉植物の水栽培』米原政一(日本文芸社刊)
 
全写真 :  『多肉植物の水栽培』米原政一(日本文芸社刊)


▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/