ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2020.08.21

Botanical Goods

Botanical Goods39
フルーツの彩りが映える夏のボタニカルスイーツ

夏の疲れを爽やかな甘さと華やかな彩りで癒してくれる、フルーツたっぷりのスイーツ。果実の魅力を存分に楽しめる一品は、贈りものにしてもご自宅でも笑顔が生まれます。ボタニカルなめぐみで元気をいただきましょう。
 
今回はフルーツの魅力がたっぷりのボタニカルスイーツをご紹介します。
 

フルーツそのままが楽しめる人気のボタニカルスイーツ

 
<近江屋洋菓子店 フルーツポンチ>
東京、神田の老舗、近江屋洋菓子店の定番人気商品が「フルーツポンチ」です。透明のボトルに入ったカットフルーツの美しさは、まるで果物で描かれた絵のよう。ケーキで使うフルーツが余った時だけ作られていましたが、今ではこのフルーツポンチのためだけに、旬のフルーツを仕入れて作られています。使われるのはキウイ、グレープフルーツ、プラム、アメリカンチェリー、パイナップル、メロン、ぶどうなど、毎日10種類以上。瓶に詰めた時の彩りも考えて、毎日素材選びを行なっているそうです。
フルーツポンチ
 

シロップは自然な甘さにこだわり、フルーツごとに微妙な味の変化も楽しむことができます。ひと瓶で量はおよそ4、5人分。手土産としても人気で、オリジナルデザインの包装紙にラッピングしていただけます。アップルパイや苺サンドショートなどと合わせても喜ばれそうですね。
 
 
 
<ふみこ農園 まるごとフルーツコンポート>
フルーツ王国と言われる和歌山のこだわり素材をふんだんに使ったのが、ふみこ農園の「まるごとフルーツコンポート」です。皮をむいた和歌山県産の温州みかんがまるごと入った「まるごと温州みかん」や、珍しい小さな青い桃をまるごと楽しめる「あら川の若桃」。また、数種の果実をミックスした「フルーツコンポート」など、ガラス瓶に詰められた果実の彩りは、果実の宝石箱と評判です。
フルーツコンポートセット
 

それぞれのフルーツは上品な甘みのジュレで包まれていますので、お皿に入れると、スイーツのような独自の風味を体験できます。
和歌山県産まるごと温州みかん
  
 

まるごとフルーツの見た目が楽しい人気ボタニカルスイーツ

 
<ポアール・デ・ロワ銀座 Pomme(ポンム)>
アイスクリーム専門店「ポアール・デ・ロワ銀座」の「Pomme(ポンム)」は、リンゴをまるごと冷凍したかのような形のソルベです。使われているのは青森の特定農家で育てられたリンゴ「陸奥」。大きく実ったリンゴを半分に切り、ひとつひとつ、皮1ミリを残してくり抜き、器にします。そして、取り出した果実と果汁を上質な生クリームと合わせて、豊かな味のソルベに。リンゴそのままの姿が楽しめるので、魔法のリンゴとも呼ばれています。
フルーツソルベ・ポンム
 

その技術は他のフルーツにも生かされ、メロンやオレンジ、洋ナシなど、豊富な味わいのフルーツソルベに出会うことができます。
(左)フルーツソルベ・メロン (右)フルーツソルベ・オレンジ
 
 
 
<京橋 千疋屋 自家製くりぬきオレンジゼリー>
果物とデザートで有名な「京橋 千疋屋(せんびきや)」。1881年創業の歴史あるお店が手掛けるくりぬきゼリーは、夏の贈りものにぴったりなデザートです。 爽やかな味と香りのシトラス系フルーツをくり抜いて器にし、果実と果汁をたっぷり使ったゼリーを詰めて作られます。より美味しく味わうこつはしっかり冷やすこと。また、果実の器のふたの部分にあえて残している果肉を、召し上がる直前にぎゅっと絞ってゼリーにかけると、フレッシュな柑橘系の香りがふわっと広がり、さらに果実の魅力をあますところなく体験できます。
自家製くりぬきオレンジゼリー
 

こだわりのフルーツに丁寧な一手間をかけて、独自の味と魅力を引き出したボタニカルスイーツたち。どの品にもフルーツとの時間を楽しんでいただきたい、という思いが込められています。
 

▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/

2020.08.07

Herbal Life

Herbal Life51
真夏のおすすめグリーンライフ

夏本番を迎え、猛暑に疲れた身体や気分を癒してくれるのが、花や植物の存在です。野の草花を楽しむブーケアレンジや、風情のある日本特有の園芸品など、ボタニカルな涼を生活に取り入れてはいかがでしょう。
  
今回は、夏に涼しげな癒しを届ける、洋と和の草花アレンジをご紹介します。
 
 

緑に癒される「KUSAKANMURI」のサマーブーケアレンジ

野原に広がる緑の植物を主役に、白い花を組み合わせたアレンジを特徴とするのが、フラワーショップ「KUSAKANMURI」のブーケアレンジです。店先を飾るのも白と緑の草花だけ。緑の野で白い花を摘むようにという思いを届けています。例えば「潮風のサマーリース」は、グリーンのあじさいをベースに青々とした実や多肉をあしらったフレッシュリースです。ポイントに入れた小さな貝がらが、潮風やさざ波をイメージさせてくれます。
潮風のサマーリース
 
 
「真夏のハーブブーケ」は太陽の光をふんだんに浴びたグリーンに、夏を代表するハーブ、バジルやミントをたっぷりあしらい、初夏から開花するケイトウやクレマチスシードなどを添えた、香り豊かなブーケです。爽やかな香りが心と身体を元気にしてくれます。
真夏のハーブブーケ
 
 
そして、かすみ草と夏の初めにかわいい花を咲かせるマトリカリアをあしらい、ミントのさわやかな香りも楽しめる「ミントが香るサマーブーケ」は、夏の食卓にぴったりですね。
ミントが香るサマーブーケ
 
 
「KUSAKANMURI」の店先に並ぶ緑と白の草花たち。花の色がたとえ白だけでも、周りを包むグリーンの存在で表情が無限に変わる、そんな自然が見せてくれるボタニカルなマジックを体験できます。
KUSAKANMURIの店内
  
 

夏の涼のインテリア、「釣りしのぶ」で楽しむ和の風情

竹などの芯に山苔を巻き、シダ科の植物「しのぶ草」を植えたものが「釣りしのぶ」です。江戸中期頃、庭師がお中元として得意先のお屋敷に配ったのが始まりと言われる園芸文化です。瑞々しく涼し気な姿は、特に夏に人気を呼び、明治以降は広く庶民にも愛されるようになりました。
 
現在、「釣りしのぶ」は東京都江戸川区無形文化財に指定されていますが、制作を手掛ける「釣りしのぶ萬園」の深野晃正さんは、伝統を大切にしながら、独自の「釣りしのぶ」作りも行っています。従来の丸型のものや、木材を組み合わせた枡型のもの、漢字の「井」をイメージした井型のものなど。深野さんは形や素材を選べるようにすることで、より多くの人にその魅力を伝え、楽しんでもらいたいと考えています。
釣りしのぶ
枡型釣りしのぶ
 
 
和の風情で夏を涼しくする「釣りしのぶ」は、それだけを飾っても緑が目を楽しませてくれますが、風鈴を下げたりすると、目と耳の両方で夏らしさを感じさせてくれます。
井型釣りしのぶと風鈴
 
 
「釣りしのぶ」に使われるしのぶ草は、枯れにくく育てやすいため、水やりや置き場所に注意すれば、四季を通して長く楽しむことができます。夏は直射日光が当たる場所は避け、日陰に置くようにしましょう。強い夏の太陽による葉焼けに注意が必要です。シダ科の植物は高温多湿を好む性質があります。特に春先から夏場は成長期ですので、水をたっぷりとあげるようにしましょう。春から初夏に初々しい緑の芽吹きが始まり、夏に葉が茂って涼感に溢れてきます。中には紅葉する種類もあるので、自然界の四季の移ろいをそのまま感じることができます。
 
夏の草原に広がる草花や、森の中で静かに揺れる緑の植物たち。そんな自然の風景を思わせる瑞々しい緑を飾って、夏ならではのグリーンライフを楽しんではいかがでしょう。
 
 
▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/