ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2020.07.24

Botanical Recipe

Botanical Recipe47
夏野菜をハーブで美味しくヘルシーに

暑さで食欲も少し落ち気味、という方も多いのではないでしょうか?そんな夏に元気をくれるのが旬の夏野菜です。ハーブを上手に組み合わせたレシピは、彩りと香りも楽しめ食欲を刺激してくれます。

今回は旬の夏野菜にハーブを組み合わせた、美味しくヘルシーなレシピをご紹介します。
 

食卓に1品を添えて。野菜とハーブの簡単レシピ

太陽をしっかりと浴びた夏野菜は旨味もたっぷりで、濃い鮮やかな色合いが特徴です。そのままでも十分美味しく栄養も豊富ですが、ハーブと組み合わせれば、香りも味もランクアップ。メイン料理に添えて楽しみたい、簡単ひと皿レシピです。


<ズッキーニとミントのサラダ>
夏野菜のズッキーニと清涼感あるミントを組み合わせた1品。ズッキーニはカボチャの仲間で、低カロリーなのにビタミンが豊富。免疫力を高め、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングの効果も期待できます。組み合わせるペパーミントは、消化機能を高め、疲労回復や新陳代謝を促進する効果もあるハーブです。ズッキーニのほのかな苦味や食感と、ミントの爽やかさが食欲を刺激してくれます。
ズッキーニとミントのサラダ


■材料(3人分)
ズッキーニ … 2本
ミント … ひとつかみ
オリーブオイル … 大さじ2
ライム … 1/2個
塩 … 小さじ1/2
粗挽き白胡椒 … 小さじ1/3

■作り方
1. ズッキーニは半分に切って、スライサーで薄くスライス。


2. サッと湯通ししたら冷水に取り、水気を切る。


3. ボウルにズッキーニ、手でちぎったミントの葉、ライムの絞り汁、オリーブオイル、塩、胡椒を加えザックリと混ぜる。



<きゅうりとディルのヨーグルトサラダ>
水分を取り過ぎてむくみやすいこの季節にぴったりの、きゅうりのデトックスサラダです。きゅうりに含まれるカリウムは、体内の余分な水分を排出し、むくみ解消効果が期待できます。さらにきゅうりには、身体にこもった熱を下げ、気分をスッキリさせる作用もあるそう。組み合わせるハーブはディル。整腸作用や、胃の働きを助ける効果があるといわれ、消化を助けてくれます。リラックス効果のあるディルの爽やかな香りと、ヨーグルトとレモンのすっきりとした酸味、そして、きゅうりの軽やかな歯ごたえが夏ならではの味わいです。
きゅうりとディルのヨーグルトサラダ


■材料(3人分)
きゅうり … 2本
ディル … 3〜4本(7〜8g)
水切りしたヨーグルト … 大さじ2
レモン … 1/2個
オリーブオイル … 大さじ1
塩 … 小さじ2/3
粗挽き白胡椒 … 少々

■作り方
1. きゅうりは5㎜幅の輪切りにする。レモンは2枚を薄くスライスし、対角線に8等分に切り、残りは絞っておく。


2. ボウルに1を入れ、水切りしたヨーグルト、オリーブオイル、塩、胡椒とレモンの絞り汁を加える。


3. ディルをキッチンばさみで切って入れよく混ぜる。



<ミニトマトとオレガノのマリネ>
汗や紫外線でいたんだ夏の肌に、癒しの効果が期待できるミニトマトとオレガノのマリネです。トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用があり、肌トラブルの予防、アンチエイジングなど、女性に嬉しい効果が期待できます。さらにリコピンには、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるといわれています。トマトの爽やかな酸っぱさの元はクエン酸で、疲れを取る効果が期待できるため、夏バテ気味の方にもおすすめです。合わせるハーブのオレガノには殺菌作用、抗酸化作用があると言われ、疲労回復、消化促進効果なども期待できるため「驚きのハーブ」と呼ばれています。
ミニトマトとオレガノのマリネ


■材料(3人分)
ミニトマト … 12〜15個
オレガノ … 3〜4本
白ワインビネガー … 50ml
オリーブオイル … 大さじ2
はちみつ … 大さじ2
塩 … 小さじ2/3
ローリエ … 1枚

■作り方
1. ミニトマトはヘタの部分をとって、竹串で2箇所に穴をあける。


2. 白ワインビネガーはレンジで1分加熱して沸騰させて冷ましておく。食品保存袋にミニトマトを入れ、白ワインビネガー、オリーブオイル、はちみつ、塩、ローリエを加える。そこにオレガノをキッチンばさみで切り入れてよく混ぜる。


3. 冷蔵庫で半日漬け込む。



夏野菜とハーブで、メインになる満足レシピ

夏の暑さが一番厳しいころ。旬の夏野菜には、その時期の身体に必要な栄養素がたっぷりと含まれていますから、ぜひ、メインの料理に取り入れて積極的にいただきましょう。ハーブと合わせれば、味と香りも豊かになり、食欲も刺激してくれます。


<茄子とセージのグリル>
香り豊かな夏野菜のグリルレシピです。茄子は全体の約9割が水分なので、身体にこもった熱を冷ます効果があります。含まれるポリフェノール「ナスニン」には、強い抗酸化力もあり、眼精疲労の緩和にも効果があるとされています。組み合わせるハーブはセージ。殺菌や抗菌作用が期待でき、血液の巡りをうながすため脳を活性化する効果もあるといわれています。疲労回復効果も期待できる、夏にぴったりのハーブです。
茄子とセージのグリル


■材料(3人分)
茄子 … 3本
オリーブオイル … 大さじ2
塩 … 小さじ1/2
粗挽き黒胡椒 … 少々

A
セージ … 7〜8枚
アンチョビ … 4〜5枚
オリーブオイル … 70ml
にんにく … 1かけ

■作り方
1. 茄子は輪切りにし食品保存袋に入れ、オリーブオイル、塩、胡椒で和える。


2. Aをミキサーで混ぜてソースを作る。


3. 茄子をグリルして、ソースを添える。



<赤パプリカとローズマリーのソテー>
栄養豊富な赤パプリカをたっぷり摂れるシンプルなソテーレシピです。パプリカの中でも赤パプリカは、カプサイシンと呼ばれる栄養素を含み、脂肪の燃焼を促進してくれます。新陳代謝を促進しますので、クーラーで冷えてしまった身体や、夏バテした身体の疲労回復にもおすすめです。合わせるローズマリーにもロズマリン酸という成分が含まれていて、集中力を高める効果や疲労回復効果が期待できます。抗炎症、抗酸化作用もあり、夏の日差しでいたんだ肌にもおすすめのハーブです。
赤パプリカとローズマリーのソテー


■材料(3人分)
赤パプリカ … 2個
レモン … 1個
ローズマリー … 2枝
オリーブオイル … 大さじ2
はちみつ … 大さじ2
塩 … 小さじ1
粗挽き黒胡椒 … 少々

■作り方
1. 赤パプリカはヘタとタネを取り除き1cm幅に切る。レモンは5mm幅の輪切りにする。


2. フライパンにオリーブオイルを熱し、パプリカ、レモン、ローズマリーを炒め、はちみつ、塩、胡椒を加え、水分を飛ばすように炒めて出来上がり。



旬の野菜には、その時期の身体に必要な栄養素が含まれていますから、ぜひ、積極的に毎日の食事にとりいれましょう。家庭菜園やベランダ菜園で育てるなら、初心者でも育てやすいハーブがおすすめです。今回使用した、ローズマリー、ミント、オレガノなどは、お料理にちょっと加えたいときに、手軽に摘んで使えます。摘みたてのハーブの香りが、料理を一層引き立ててくれますよ。


▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/

2020.07.10

Botanical Goods

Botanical Goods38
ハーブと過ごす、夏のボタニカルティータイム

夏に元気と癒しをもらえるハーブティー。デザインにも凝ったものが増えています。

今回は、味と香りだけでなく、手にとっても、飾っても楽しめる、ハーブティーの魅力をご紹介します。
 
 

飾っても飲んでも楽しめる「Have a Herbal Harvest」

パッケージをお部屋に飾っても楽しめるハーブティーが、「Have a Herbal Harvest」です。一般的なハーブティーは、葉が縮まったり崩れたりして、形を残さないものが多いのですが、「Have a Herbal Harvest」はハーブそのままの姿でパッケージされています。それは、ハーブひとつひとつの形をいかしたまま乾燥させているから。まるで出来上がったばかりの押し花のように、目でもボタニカルな美しさを味わうことができます。特にアクリルボードの中にハーブそのままの姿が閉じ込められた「Board」シリーズは、インテリアとしても、プレゼントとしても使うことができます。
「Have a Herbal Harvest」 Boardシリーズ
 

また、カードスタイルのものなら、メッセージをカードに書き込んで、ハーブを楽しめるプレゼントとして贈ることができます。
「Have a Herbal Harvest」Cardシリーズ
 

その他、ティーバッグスタイルも豊富に揃っています。
「Have a Herbal Harvest」ティーバッグスタイル
 

「Have a Herbal Harvest」ではそれぞれに使うハーブのテイストや香りにもこだわり、たとえば「ミント」は季節に応じて種類を変え、春から夏にかけては野性的で葉の姿もダイナミックな「ペパーミント」を使用。「ローズマリー」は、オーガニックなものを熱を加えず乾燥させているため、ほのかに甘く、凛とした味わいです。さらに「ローズ」は、国産オーガニックエディブルローズの色鮮やかで香り高い品種を使い、花びらそのままの色や形を感じながら味わうことができます。まさに五感を通して楽しむハーブティーが、夏の疲れを優しく癒してくれることでしょう。 
 
 

自然そのままのハーブティー「LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)」

「LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)」は、フランス生まれのハーブティー。遊牧民ヨルックに伝わる昔ながらの知恵をもとに、野生のハーブを1本ずつ丁寧に摘み取って、そのままの形で乾燥させて作られています。オーガニックでほぼ加工しないことから、ハーブ本来の持つ効能が失われずに含まれているといいます。野生の植物を採取し飲まれてきたハーブの伝統から生まれた、ボタニカルな味わいです。
「ル・ベネフィック」エルダーフラワーティー
 

たとえば、トルコ産の6種類のハーブを楽しめる「スルタン・ソリマン・シリーズ」。可憐な白い花をつける、柔らかな香りの「カモミール」。手摘みし、丁寧に乾燥させた「ラベンダーフラワー」。夏にクリーム色の花を咲かせる、ヨーロッパ原産の「リンデン」。花を咲かせた後に摘まれる、優しいイエローをした「ラベンダー」。すっきりとした清涼感のある香りや味わいが魅力の「マウンテンセージ」。そして、小さな葉で、清々しい香りの「タイム」など。6種類どれもが、健康のお守りとなってくれるハーブティーです。
「ル・ベネフィック」スルタン・ソリマン・シリーズ
 

フランス産の6種類のハーブを楽しめる「フランソワ・プルミエ・シリーズ」 は、「ヤーロウ」、「プリムローズ」、「エルダーフラワー」、「レッドクローバー」、「メドウスイート」、「ローズマリー」という、古くから受け継がれてきたハーブのフレーバー。自然そのものの姿や味を、毎日選ぶ楽しさも生まれます。
「ル・ベネフィック」フランソワ・プルミエ・シリーズ
 

テーブルに置いて眺めたり、手のひらの中で自然の姿を思い描いたり、五感で味わうハーブティーは、夏のティータイムをより素敵にしてくれます。
 
 
▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/