ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2020.03.20

Herbal Life

Herbal Life48
春を告げる花で、お部屋に春を呼び込む

春の訪れを知らせてくれる花、ミモザとラナンキュラス。ミモザは早春の空を黄色く染めるように咲き誇り、ラナンキュラスはお花屋さんの店先を、鮮やかに彩ります。

今回のハーバルライフは、春を告げる花、ミモザとラナンキュラスの魅力とアレンジをフラワースタイリストの増田由希子さんにご紹介いただきます。
 
 

春を告げる黄色い妖精、ミモザのアレンジ

早春に黄色い小さな花を枝いっぱいに咲かせるミモザ。ヨーロッパでも春を告げる花として愛されています。南フランスでは、2月にミモザで春を祝う「ミモザ祭り」が行われ、イタリアでは3月8日の「国際女性デー」に、男性から女性にミモザを贈る習慣が知られています。日本で春の花といえば桜に何よりも注目が集まりますが、世界の各地で春を迎える喜びを象徴する花がミモザ。花言葉は「優雅」「豊かな感受性」、そして「友情」など。その鮮やかな黄色だけではなく、優しい香りでも季節を実感することができ、色と香りで春の元気を届けてくれるミモザ。様々なアレンジで、お部屋で楽しんでみませんか。

<ミモザのピッチャーアレンジ>
この時期はお花屋さんにもたくさんのミモザが入荷します。ミモザは他の花ともアレンジがしやすく、たとえばミモザの黄色と反対色のパープル系の花を合わせると、より華やかに飾ることができます。この季節にお花屋さんでも手に入れやすいパンジーなどと一緒にピッチャーに飾りましょう。ミモザの緑の葉をできるだけ取り除くと、黄色が際立ちます。
ミモザとパンジーのピッチャーアレンジ 
 

ミモザの蕾はそのまま開花しないことが多いので、すでにしっかり咲いている花が多い枝を選びましょう。また、お部屋で飾る時のポイントが置き場所です。肌寒い春の夜などには、暖房の風が直接あたらないように注意してください。花粉が落ちやすいので気をつけましょう。
 
 
<ミモザのリースアレンジ>
リースアレンジにもトライしてみましょう。お花屋さんでリースベースを購入し、ミモザの枝をリースベースの大きさに合わせてカットして一方向にさしてゆきます。ベースが隠れるように一周さし終えたら、黄色い花と緑の葉が広がるように形を整え、ボリューム感のあるリースに仕上げます。テーブルや棚の上に置いたり、壁に吊るしたり。そのまま飾っておけば自然にドライフラワーになり、花の色落ちも少ないので長く楽しめます。
吊るして楽しむミモザのリースアレンジ
  
 

贅沢に飾る、ラナンキュラスアレンジ

繊細で美しい花びらが溢れるように咲くラナンキュラス。早春から春に切り花や鉢花として多く流通する、この季節を代表する花の一つです。ラナンキュラス全体の花言葉は「とても魅力的」「華やかな魅力」など。色ごとの花言葉もあって、赤のラナンキュラスは「あなたは魅力に満ちている」、紫の花言葉は「幸福」、白は「純潔」、ピンクは「飾らない美しさ」ですので、ギフトとして贈るときにこだわってみてはいかがでしょう。小ぶりのものや、直径が10センチを超える大輪のもの、花びらがフリルのようになっているものもあって、どれも華やかで表情豊かです。
 
<ラナンキュラスのボックスアレンジ>  
ラナンキュラスをプレゼントにするなら、ボックスアレンジがおすすめです。ビニール袋で防水した箱に、水を含ませたオアシスを入れ、短く茎を切ったラナンキュラスを放射状に隙間なく挿しましょう。箱はそのままでも大丈夫ですが、クロスで包んだり、リボンを添えても喜ばれます。
ラナンキュラス(ディオネ、オルレアン、モルバン)のボックスアレンジ
 
 
<ラナンキュラスの小瓶アレンジ>
ラナンキュラスの多彩な花を同時に楽しむアレンジです。空き瓶をいくつか用意してラナンキュラスを一輪挿して並べます。斜めや横向きにしてランダムに飾ると、リズム感のあるアレンジが楽しめます。ラナンキュラスを活ける際は、花瓶の水は少なめにし、必ず1日1回は水を取り替えてください。
ラナンキュラス(笑美、オルレアン、モルバン、藍の調べ)の小瓶アレンジ
 
 

増田由希子さんにとってミモザの花は「まだ朝夕冷え込む日にも元気をくれる存在」だそうです。また、ラナンキュラスは「一つの花が時間の流れで表情を変えて行くところが魅力的」で、「大きく花開いた姿も素敵ですが、咲き切ってやがて花びらが散っていく姿も、時の移ろいや命を感じ、花と暮らす喜びを伝えてくれる存在」だとおっしゃいます。あなたも、春の花と暮らす喜びを感じてみませんか。
 
 
 
増田由希子
フラワースタイリスト/ワイヤー作家
フリーランスのフラワースタイリストとして、雑誌等で「暮らしの花」を提案。花教室を主宰するほか、オリジナルのワイヤー花器、照明の制作など幅広く活動中。プライベートで飾る花の写真をインスタグラムで発信し、世界中に多数のフォロワーを持つ。著書は『暮らしを美しく飾る花図鑑』(家の光協会)、『花1本から素敵に飾る はじめてのフラワーレッスン』(家の光協会)。『まいにちの暮らしに、似合う花』(KADOKAWA) 。
『暮らしを美しく飾る花図鑑』


▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/

2020.03.06

Botanical Recipe

Botanical Recipe45
春野菜で心と身体を美味しくリセット

春野菜が店先に並ぶ頃です。旬の「春野菜」には、今だからこそ特に必要な栄養が豊富に含まれています。

今回のボタニカルレシピは、旬の春野菜を彩りよく楽しみ、味わうレシピをご紹介します。
 
 

五感が目覚める春野菜レシピ

「春野菜」の特徴は、「苦み」と「香り」と「辛み」の3つです。「苦み」のおもな成分は、植物性アルカロイド。代謝促進が期待でき、冬の間に身体の中にたまった老廃物を排出してくれます。また、春野菜の「香り」には主にテルペン類という成分が含まれていて、血行の促進や免疫力アップが期待できます。そして、「辛み」は、血行促進に繋がり、カラダを温め、免疫力のアップに役立ちます。そんな春野菜を五感で楽しみ味わう、まさに心と身体が目覚めるレシピをご紹介しましょう。
 
 
<野菜の花が咲く、生春巻きレシピ>
春野菜をカラフルにあしらった生春巻きです。薄い皮からきれいな野菜の色が透けて見え、カットした面も花のように色とりどりに演出できます。ソースにも野菜を使えば、よりヘルシーに仕上がります。
 
春野菜の生春巻き
 
■材料(2人分)
生春巻きの皮 … 3枚
カリフラワー … 2房
サニーレタス … 3枚
菜の花 … 6本
新にんじん(小) … 1本
新じゃがいも … 1個
塩 … 適量
オリーブオイル … 適量
 
A(春野菜ドレッシング)
セロリ(みじん切り) … 大さじ2
新たまねぎ(みじん切り) … 大さじ2
オリーブオイル … 大さじ1
塩 … 少々
レモン汁 … 大さじ1 と 1/2
ナンプラー … 大さじ1
はちみつ … 小さじ1
胡椒 … 少々
 
 
■作り方
1. カリフラワーは房取りし、縦に薄く切りサッと塩茹でする。新じゃがいもは皮を剥き細い千切りにし、サッと塩茹でし、流水で洗い水気を切り、少量のオリーブオイルと塩で下味をつける。菜の花は下1cm落として塩茹でにし、水気を絞る。新にんじんは細い千切りにし、塩で和えてしんなりさせ、少量のオリーブオイルで和える。サニーレタスは洗って水を切る。

2. サッと水にくぐらせた生春巻きの皮を置いて、そこにカリフラワーを縦に3枚並べ、サニーレタスを敷き、菜の花、にんじん、じゃがいもをのせ、カリフラワーが春巻きの皮から透けて見えるように巻く。
 
3. カリフラワー1枚ずつの長さで三等分にカットする。

4. Aの春野菜ドレッシングの材料をボウルで混ぜ合わせ、塩と胡椒で味を調える。
 
 
 
<ラディッシュとクリームチーズのフィンガーフード>
付け合わせには、ラディッシュの赤い色と切り口の白をアクセントにした、手軽なフィンガーフードはいかがでしょう。ラディッシュの赤い皮の部分にはビタミンCが豊富で、女性にうれしい野菜です。赤と白の彩りは、見た目も華やかなので、何に付け合わせても笑顔を誘います。
ラディッシュとクリームチーズのフィンガーフード
 
■材料(2人分)
ラディッシュ(小) … 4個
クリームチーズ(スクエアタイプ) … 4個
オリーブオイル … 小さじ1
塩 … 少々
 
 
■作り方
1. 小さめのラディッシュを6~7枚に薄く輪切りにする。

2. 重ねて端をピックで刺し、ずらして花びらのような形に開く。

3. 形を整えてクリームチーズに刺す。
 
 
切り分けた生春巻きとラディッシュとクリームチーズのフィンガーフードをお皿に盛って、ラディッシュの葉のみじん切りを振りかけ、オリーブオイルと塩をかけ、ドレッシングを添えてできあがり。
 
 

スープ&ドリンクでも春野菜をたっぷり

スープやドリンクにも春野菜を使って、春の恵みをいただきましょう。スープは煮込むことでたくさんの野菜を一度に楽しめますので、1日に必要な栄養をしっかりカバーできます。また、あたたかいスープなら、春を前にした冷え込む日にもおすすめです。
 
 
<フレッシュグリーンのクリームスープ>
春野菜の香りや苦味を生かして、ブイヨンなどを使わず、塩とオリーブオイルでつくった身体に優しいスープです。飲みごたえもあるので、これひとつで大満足。まだ肌寒い早春の朝夕にぴったりの一品です。熱々でいただいて身体をしっかり温めましょう。
フレッシュグリーンのクリームスープ
 
■材料(2人分)
そら豆 … 15〜20粒
アスパラ(細め) … 5本
新たまねぎ(大) … 1/4個
セロリ … 1/2本
塩 … 適量
胡椒 … 適量
オリーブオイル … 適量
 
■作り方
1. そら豆は皮を剥き、アスパラは下2cmを落とし1cm幅に切ります。たまねぎ、セロリは薄切りにします。

2. 鍋にオリーブオイル大さじ1/2を熱し、セロリ、たまねぎを炒めしんなりしたら、そら豆、アスパラを加えて焼き色がつかないよう弱めの中火で炒め、ローリエを加える。

3. 2に250mlの水、塩小さじ1/2を加えて2~3分煮て、塩、胡椒で味を調え、器に盛り、お好みでオリーブオイルと胡椒をかける。
 
 

<身体すっきりグリーンスカッシュ>
おなじみの野菜とフルーツの意外な組み合わせが、絶妙な味わいのジュースです。春キャベツは、普段店頭に並ぶキャベツよりぐっと柔らかくて甘く、カロチンは3倍、ビタミンCが1.3倍も含まれています。食物繊維も豊富に含まれ、胃腸の調子を整えてくれます。キウイにもアクチニジンという消化酵素が豊富に含まれていますので、食前・食後におすすめです。
春野菜のグリーンスカッシュ
 
■材料(2人分)
春キャベツ(柔らかいところ) … 1枚
キウイ … 1個
レモン汁 … 大さじ1/2くらい
はちみつ … 大さじ1~2
炭酸水 … 適量
 
■作り方
1. キャベツは小さめにざく切り、キウイは皮を剥き1.5cm角切りに、レモンは絞りやすい形にカットする。

2. ミキサーにキウイ、キャベツの順に入れて攪拌し、回りにくい時は水を少量加えて攪拌する。
 
3. グラスに入れ炭酸水を注ぎレモンを搾ってできあがり。お好みではちみつを加えても美味しくいただけます。

 
 
冬の間に代謝が落ち気味になっていますので、春野菜を摂ることは、体調を整えるためにとても大切です。春野菜は、四季の野菜の中でも、特に身体によい成分を含んでいるとも言われています。新年度や新生活をすこやかに、元気にスタートするために、春野菜をたっぷとって、元気をもらいましょう!
 
 
 
調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は、『何度も作りたくなるストウヴレシピ』(ナツメ社)。]


▼植物のめぐみを生かした化粧品について知りたい方はこちらから▼
https://noevirstyle.jp/