ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2019.09.20

Botanical Recipe

Botanical Recipe43
秋の大地の恵みで、夏の疲れを癒す

暑さもやわらぎ、涼しさが感じられるようになりましたが、夏の疲れも出てくる頃です。秋の大地の恵みには、そんな心と身体の疲れを癒す栄養がいっぱい含まれています。
 
「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を"食のプロ"に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回は、秋の恵みで夏の疲れを癒すレシピを、料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。
 
 

夏の疲れに、かぼちゃとブロッコリーのビタミンたっぷりレシピ

かぼちゃは、秋野菜の代表のひとつですが、抗酸化作用があるβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。特にかぼちゃのビタミンCは熱に強く、ビタミンEとβ-カロチンは油と一緒にとることで吸収率が高まります。
 
また、ブロッコリーもビタミンCがとても豊富で、レモンより多く含まれているほど。抗酸化作用のあるビタミンKも多く含まれていますので、夏のダメージを回復させてくれます。チーズや豆乳など、タンパク質を含む食材を組み合わせると、より栄養豊かなメニューに仕上がります。
かぼちゃとブロッコリーのヘルシーソイクリームグラタン
 

<かぼちゃとブロッコリーのヘルシーソイクリームグラタン>
■材料(2人分)
・かぼちゃ … 1/8個
・ブロッコリー … 6房
・シュレッドチーズ … 大さじ4
・パセリ(みじん切り) … 少々
・オリーブオイル … 小さじ1
・カルダモンパウダー … 小さじ1
・塩 … 適量
 
A(ホワイトソース)
・豆乳 … 300ml
・オリーブオイル … 大さじ2
・小麦粉 … 20g
・コンソメ顆粒 … 小さじ2/3
・塩 … 小さじ1/3


■作り方
1. かぼちゃは一口大に切り、ブロッコリーは房を縦に半分に切る。
2. 耐熱ボウルにかぼちゃを入れ、フワッとラップして600Wのレンジで3分加熱。一度取り出してブロッコリーを加え、更にフワッとラップして2分加熱した後、塩、カルダモンパウダーとオリーブオイルで和える。


3. 耐熱ボウルでAの小麦粉、オリーブオイル、コンソメをよく混ぜ、豆乳を少しずつ加えてさらに混ぜ、ラップをしないでレンジで3分加熱。取り出してよく混ぜ、さらに1分レンジで加熱。「取り出して混ぜる」を3回繰り返し、塩で味を調え、なめらかな豆乳のホワイトソースを作る。


4. 耐熱皿に2をのせ、3をかけ、その上にチーズをかけて200℃のオーブンで15~20分焼き、パセリをちらす。

 
 

栄養満点で低カロリー、ルッコラときのこのレシピ

秋が旬のきのこは栄養満点で低カロリー。栄養成分は種類によって違いますが、ビタミンDやビタミンBのビタミン類、カリウムやリン等のミネラル類が多く含まれています。食物繊維も豊富で、夏の暑さに疲れ気味の身体の調子を整えてくれる食材です。また、春と秋に旬を迎えるルッコラも栄養価の高い緑黄色野菜。β-カロチン、ビタミンCやビタミンE、ビタミンKをはじめ、ミネラルも豊富で、疲労回復にぴったりの食材です。
ルッコラといろいろきのこのマリネ
 

<ルッコラといろいろきのこのマリネ>
■材料(2〜3人分)
・しめじ … 1パック
・舞茸 … 1パック
・エリンギ … 1パック
・マッシュルーム(しいたけでも可) … 1パック
・長ネギ … 1/4本
・セロリ … 1/3本
・にんにく … 1かけ
・ローリエ … 1枚
・バルサミコ酢 … 大さじ1
・はちみつ … 大さじ1
・レーズン … 大さじ2
・オリーブオイル … 大さじ1
・鷹の爪 … 1本(種を取り除く)
・塩、胡椒 … 適量
・ルッコラ … 1/2束

 
■作り方
1. しめじと舞茸は石づきを落として大きめにほぐし、マッシュルーム、エリンギは食べやすい大きさに切る。にんにくは芽を取り除いて叩き、セロリ、長ネギは薄く斜めに切る。


2. フライパンにオリーブオイル、鷹の爪、にんにくを強火で炒め、長ネギ、セロリをしんなりするまで炒める。
3. 2にきのことローリエを加え、塩を適量入れる。軽く焼き色がつくまで炒め、レーズン、バルサミコ酢、はちみつを加え更に炒め、塩、胡椒を加えて味を調える。


4. 火を止めて、刻んだルッコラを入れザックリと混ぜてできあがり。

 
ほとんどの野菜が1年中手に入れられるようになりましたが、もともと秋が旬の食材を選ぶことで、夏の疲れを癒す栄養素をしっかり摂ることができます。秋の恵みをおしゃれにヘルシーに味わえるレシピ、ぜひ楽しんでください。
 
 
 
 
調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は、『何度も作りたくなるストウヴレシピ』(ナツメ社)。

2019.09.13

Botanical Goods

Botanical Goods33
美容と健康に、ボタニカルミルクの魅力

今、アメリカやヨーロッパで、美容や健康に対して意識の高い女性から注目を集めているのが、穀物やナッツなどからできたボタニカルミルクです。栄養価が高く、身体にもいい効果が期待できるとあって、ライフスタイルに取り入れる方が増えています。

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、美味しくて栄養豊富な、植物性のボタニカルミルクの魅力をご紹介します。
 
 
 
植物性のボタニカルミルクといえば、豆乳がおなじみですが、数年前に欧米でアーモンドミルクが大人気となってから、カシューナッツミルク、オーツミルク、ライスミルクなどが登場し、種類もとても豊富になりました。どれも栄養価が高くローカロリーということで、そのまま飲むのはもちろん、コーヒーに入れたり、牛乳の代わりに料理にも使えます。ニューヨークのスーパーマーケットやデリでは、牛乳や豆乳以上のスペースを割いて多くのボタニカルミルクが並んでいるほどです。
ニューヨークのスーパーに並ぶボタニカルミルク
 
 
■アーモンドミルク
ボタニカルミルクの中でも最もポピュラーなのが、アーモンドミルクです。実はアーモンドミルクの歴史は古く、中世の時代から牛乳の代わりに飲まれたり、料理に使われたりしていました。貴族が好み、モーツアルトも当時のカフェで楽しんだのだそうです。
 
ビタミンEの効果で抗酸化作用があり、生活習慣病の予防にもよいとされるアーモンド。そのまま食べるよりもミルクで摂るほうが吸収率が高く、手軽にいただけます。コレステロールがゼロで、豆乳よりもカロリーが低いことでも注目され、日本でも手にいれやすくなりました。
 
クセがないのでそのまま飲んでも、温めても美味しくいただけます。また、アーモンドに含まれるビタミンEは熱に強いので、カレーのルーやポタージュスープに加えるなど、牛乳の代わりに様々な料理に使えます。
日本でも販売されているアーモンドミルク
 
 
■カシューナッツミルク
アーモンドミルクに続き、新たに注目されているナッツミルクが、カシューナッツミルクです。カロリー、コレステロールが低くて、ビタミンEが豊富。コップ一杯ほどで1日に必要なビタミンEを摂取でき、糖質も含まないので、シリアルやグラノーラにかけたり、フルーツや野菜と一緒にスムージーにするのもおすすめです。
カシューナッツミルク
 
 
■オーツミルク
健康志向の高いニューヨークやヨーロッパのコーヒーショップでは、今コーヒーに入れるミルクと言えばオーツミルクです。オーツ麦で作ったオーツミルクは、食物繊維やカルシウム、ビタミンEが豊富。牛乳よりも低カロリーで泡立てしやすく、甘みも含んでいるので、ラテで大人気になっています。
オーツミルク
 

「第三のミルク」として人気を集める、植物性のボタニカルミルク。種類も豊富になってきていますから、風味や特長にこだわって選び、毎日の生活に積極的に取り入れて楽しんではいかがでしょう。
 

2019.09.06

Monthly Flower

Monthly Flower10
9月の花 トルコキキョウ

柔らかい花びらが折り重なりあって咲くトルコキキョウ。その優雅な姿から、バラと並んで最も人気のある花となっています。

毎月の花をご紹介する「マンスリーフラワー」。今月は、トルコキキョウの花言葉を楽しむアレンジをご紹介します。
 

トルコキキョウの花言葉に思いを込めて

トルコキキョウの原産地は北アメリカで、日本に持ち込まれたのは1930年頃のこと。英語圏では「リシアンサス」と呼ばれていますが、日本ではその見た目がキキョウの花に似ていたために、トルコキキョウと呼ばれるようになったそうです。とても繊細で傷みやすい花でしたが、長く楽しめる品種も登場し、種類や色も豊富になって、ブーケや結婚式にアレンジされる花として人気を集めるようになりました。
 
優雅に上品に愛らしく咲くトルコキキョウですが、その花の色ごとに花言葉があります。花言葉の意味に思いを込めて、アレンジを楽しんではいかがでしょう。
 
 
■花言葉は「思いやり」 白のトルコキキョウ
白のトルコキキョウの花言葉は「思いやり」や「永遠の愛」。白いフリルのような花びらが集まった花を、白の陶器の花瓶にアレンジします。
白のトルコキキョウアレンジ 「思いやり」
 
 
■花言葉は「優美」 ピンクのトルコキキョウ
ピンクのトルコキキョウの花言葉は「優美」です。あでやかに花を広げるため、間口の広い花瓶にアレンジします。ピンクの華やかな花が空間に広がり、お部屋や気分が優雅に華やかになるアレンジです。
ピンクのトルコキキョウアレンジ 「優美」
 
 
■花言葉は「希望」 紫のトルコキキョウ
日本に持ち込まれた時、トルコキキョウは紫の一重咲きしかなかったそうです。そんな紫のトルコキキョウの花言葉は「希望」。シャープなイメージの花瓶に、上に向かって元気よく伸びた花をアレンジします。すっと伸びたトルコキキョウの魅力を楽しむアレンジです。
紫のトルコキキョウアレンジ 「希望」
 
 
「思いやり」「優雅」「希望」と、トルコキキョウの花言葉は、時に心を前向きに明るく、また時に幸せを感じさせてくれます。花の美しさだけでなく、ポジティブな意味を持つ花言葉も、人気の理由なのかもしれません。花言葉にこめられた思いも意識して、アレンジやプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。