ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2019.06.28

Botanist

Botanist34 Special
「いいな!」と思ってやってみたボタニカルな行動 ベスト5

今回は2019年1月から6月までの記事で、あなたが「いいな!」と思ったベスト5と、「いいな!」と思ってやってみたことをご紹介します。

誰でも素敵なボタニストになれる。あなたもボタニカルな行動、はじめてみませんか。
 
 
第1位 2019.03.22
Botanical Recipe37
野菜アートで作る春のお出かけ弁当

お料理は、見た目や彩りもとても大切。華やかな彩りを添える野菜やフルーツの飾り切りは、一度、手順さえ覚えてしまえば思っていたより簡単にできます。ちょっとしたおもてなしの席やお弁当などに大活躍する飾り切りに、まずはチャレンジしてみませんか。今回ご紹介したのは、「梅にんじん」「きゅうりの花カップ」「ラディッシュのお花」「ハートのいちご」など。いつものフルーツや野菜が魅力的に変身します。行楽や学校、職場へのお弁当に、ボタニカルアートをあしらった一品はいかがでしょう。

あなたからのボタニカルメッセージ

「野菜アートで作る春のお弁当」さっそくやってみました。普段あまりお料理をしない私(実母が同居のためいつも作ってもらっています)を心配して、夫(板前)がサポートに入って二人で作りました。ニンジンで作る梅のお花がとても綺麗で、お弁当の彩りを華やかにしてくれました。調理時間2時間弱とかかってしまいましたが、お弁当を持って近所の大きな公園へ。お天気もいい日でお弁当をパッと開けたらお花畑のようでとても美しかったです。これを機にちょくちょくお料理に励もうと思います
 

 
第2位 2019.05.24
Herbal Life37
バラの輝きを手作りポプリで楽しむ

華やかに咲いたバラの花。生花で楽しむのも素敵ですが、ポプリにすることで、その姿と香りを長く楽しむことができます。ポプリにした後はお気に入りの容器に飾って、癒しのインテリアとしてはいかがでしょう。ガラスのお皿や陶器の鉢、そして、蓋のあるガラス容器などに入れて楽しみましょう。ナチュラルな雰囲気のお部屋を演出し、心も癒してくれるバラのポプリ。家族で過ごすリビングや、仕事場のデスクなど、ふとした時に目に入る場所におくのがおすすめです。

あなたからのボタニカルメッセージ

「バラの輝きを手作りポプリで楽しむ」を『いいな!』と思いやってみました。インテリアにもなりますし、お友達にプレゼントしたら、大変喜ばれました。いつも、心弾む、ステキな記事をありがとうございます。お暑い季節となりますが、スタッフの皆様、お身体にお気をつけて、これからも頑張ってください。応援しております。
 

 
第3位 2019.05.10
Botanical Goods29
茶畑から届く自然の恵み。日本茶の魅力再発見

「夏も近づく八十八夜」と、童謡にも歌われた茶摘みの様子。「八十八夜」は立春から数えて88日目、ちょうど5月の始めにあたります。茶畑が輝くような緑に染まり、日本各地で美味しい茶葉の収穫が始まります。そんな自然の味や栄養が凝縮した日本茶。甘みとコクとほのかな渋みはもちろん、やさしい色合いを目でも味わってください。緑茶を焙煎したほうじ茶は、緑茶に含まれるカフェインのほとんどを取り除くことができるので、お休み前にもおすすめです。お茶の基本は「おもてなしの心」。美味しいお茶と出会ったら、次は是非、誰かと一緒に楽しんでみてください。

あなたからのボタニカルメッセージ

おいしい日本茶が飲みたくなり、近くの商店街にある昔からのお茶屋さんに行ってみました。きちんとしたお茶屋さんでお茶を購入するのは初めてでした。店内に入ると様々なお茶のいい香りにつつまれて、試飲も勧められ、ついあれもこれもといろいろ購入してしまいました。10年ぶりくらいに抹茶も購入してみたので、昔取った杵柄ではないですが、中学生の時の茶道部の腕を活かして抹茶で優雅な和風ティータイムも楽しんでいます。
 

 
第4位 2019.05.31
Herbal Life38
お部屋で南国気分を楽しむ、トロピカルプランツの魅力

すっきりしない梅雨の季節、お部屋で南国気分を味わえるトロピカルプランツを楽しんでみませんか。元気な姿が自然のエネルギーを届けてくれます。サボテンはアメリカ中南部、メキシコが原産で、筒状のふっくらとした茎など、その愛らしさに誰もがつい惹かれてしまいます。また、透明なガラス容器などで植物を育てるテラリウムでも、南国の植物を楽しめます。置き場所は、ここと決めたらできるだけ移動させずに育てるのがコツ。愛らしい姿を長く楽しんでください。

あなたからのボタニカルメッセージ

自宅でトロピカルプランツを育てるという記事に魅了され、私も部屋に植物を置くのが好きなのですが、サボテンに変えてみました。サボテンは悪い縁を切ってくれるという言い伝えもあるので出窓に飾ってみました。良い縁だけがやってくると良いなぁとワクワクしています。世話もたまーに少しだけ水をあげるだけでいいのでいいですね!この記事で学べたことで家の中の雰囲気が変わりました^_^
 

 
第5位 2019.01.25
Herbal Life33
冬のお部屋にかわいい緑のアクセント、エアプランツ

土が不要なので場所を選ばす気軽に飾れる「エアプランツ」。形も可愛く、育てる喜びと、飾る楽しみの両方を満足させてくれます。土に植えなくても、木の皮の部分や岩などに根づいて育ちますので、ガラス容器の中に小さな玉砂利を敷いたり、木片や綺麗な石を置いて、お気に入りのエアプランツを飾りましょう。水やりも簡単で、1週間に1回ほど葉の部分に霧吹きで水を吹きかけてあげるだけ。少し振って余分な水分を落とし、元の場所に戻すだけで元気に育ちます。1年を通じて、気軽に緑を楽しめますので、ぜひお部屋に招いてください。

あなたからのボタニカルメッセージ

早速お花屋さんで購入しました。色や形が豊富で楽しくなり1時間もかけて選ばせていただきました。趣味の園芸の初心者にはうれしい存在です。多肉も興味がありますが、しばらくはこれで癒されたいと思います。
 
 
皆さんのボタニカルな行動、いかがでしたか?これから暑さも厳しくなりますが、植物の力で元気に楽しく、毎日を過ごしてくださいね。
 

2019.06.21

Botanical Recipe

Botanical Recipe40
アメリカンチェリーのコンポートで作る簡単レシピ

今が旬のアメリカンチェリー。そのまま食べても美味しいですが、コンポートにして楽しんではいかがでしょう。アメリカンチェリーはさくらんぼと比べて味が濃厚で、栄養も豊富。果肉も締まっているので、崩れにくく、加熱調理にも最適です。

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を"食のプロ"に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回は、アメリカンチェリーを使ったコンポートの簡単レシピを、料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。

 

旬のアメリカンチェリーでコンポート作り

アメリカンチェリーにはポリフェノールやビタミン、ミネラルなどが多く含まれ、アンチエイジングにはもちろん、疲労回復にも効果があるといわれています。鉄分の含有量も豊富ですので、貧血ぎみの人には、たくさん食べてほしいフルーツです。


残念なことにアメリカンチェリーやさくらんぼは、店頭に並ぶ期間があまり長くありません。そのまま食べても甘く美味しいフルーツですが、コンポートにすればさらにいろんな楽しみ方ができます。果実をシロップで煮たのが「コンポート」。果実を砂糖でゼリー状まで煮詰めて作る「ジャム」より、砂糖の量が控え目なので、よりヘルシーに楽しめます。そのまま冷蔵庫で3~4日、煮沸した保存用の瓶に入れれば、冷蔵庫で1週間はもちます。
 
<アメリカンチェリーの手作りコンポート>
■材料
・アメリカンチェリー … 400g
・砂糖 … 130g
・レモンスライス(無農薬) … 2枚
・キリシュ … 大さじ1
・塩 … 少々
 
■作り方 
1. アメリカンチェリーのヘタを外してよく洗い、種を取る。


2. ボウルに1を入れ、砂糖をふりかけ、レモンスライスをのせ2時間おく。


3. 鍋に移して、塩を少々加えクッキングシートで落とし蓋をして6分ほど煮る。
4. 火を止めてキリシュを加えそのまま冷ます。


5. 煮沸消毒した保存瓶に入れ、冷蔵庫で保管する。
 
 

アメリカンチェリーのコンポートを使った簡単レシピ

コンポートは砂糖分が少なめのため、長期の保存食には向きません。果実そのものの見た目と酸味、風味を生かしていますので、数日で食べきるようにしましょう。
 
■アメリカンチェリーソーダ
グラスに氷とアメリカンチェリーのコンポート、レモンスライスを入れ、炭酸水を注いで作る「アメリカンチェリーソーダ」は、夏にぴったりです。
アメリカンチェリーソーダ
 

■アメリカンチェリーのバタートースト
「アメリカンチェリーのバタートースト」は、トーストにバターをのせて、アメリカンチェリーのコンポートをかけて。見た目も華やかで、休日のブランチにぴったりです。
アメリカンチェリーのバタートースト
 
 
■アメリカンチェリーのレアチーズケーキ風
小さめのグラスにマスカルポーネを入れ、アメリカンチェリーのコンポートをかけると、チーズケーキのようにいただけます。マスカルポーネを水切りヨーグルトに変えてもOK。食後のデザートやおやつにおすすめです。
アメリカンチェリーのレアチーズケーキ風
 

手軽に作れてアレンジもいろいろ楽しめるアメリカンチェリーのコンポート。アメリカンチェリーはさくらんぼと比べて価格も手頃なので、さまざまな食材と組み合わせて楽しんでください。
 
 
 
調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は、『何度も作りたくなるストウヴレシピ』(ナツメ社)。
 

2019.06.14

Botanical Goods

Botanical Goods30
見ても楽しめる、6月だけの紫陽花のお菓子

6月といえば、紫陽花。この時期には、お菓子でも紫陽花を楽しむことができます。紫陽花のお菓子で、目と舌で季節を感じてみてはいかがでしょうか。

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、紫陽花をモチーフにした各地の銘菓をご紹介します。
 

6月を彩る紫陽花

6月から7月にかけて、街角や庭で見頃を迎える紫陽花。日本古来の自生植物で、万葉の昔から日本人に愛されてきた花です。「藍の色が集まったもの」という意味の「あづさい(集真藍)」がその名の由来と言われています。紫陽花は、枝の先に小花がたくさん集まった円状の花ですが、花びらに見えるのは、実は花のガクの部分。本当の花は、中心にある小さな点のような部分なのだそうです。
 
紫陽花の色を決めるのは土壌の特質で、土壌が酸性なら青、アルカリ性ならピンクの花が咲きます。晴れた空の下で大きく咲き、雨に打たれても美しく輝く紫陽花。その佇まいは自然の癒しを感じさせてくれます。
 

6月だけの紫陽花のお菓子

雨に濡れる紫陽花をイメージして生まれたお菓子が、創業明治16年(1883年)の京都・中村軒の「あじさい」。白小豆と大福豆製のこしあんのまわりに、美しい透明感のある錦玉(きんぎょく)を散らし、紫陽花の花に見立てて作られています。その姿はまさに雨に濡れる紫陽花そのもの。手作りのためまったく同じ色合いのものは2つとありません。
京都・中村軒「あじさい」
 

日本橋屋長兵衛の「暦菓子 あじさい」は花びらに見立てた2色の寒天を、葡萄の風味の透明ゼリーで包み込んだ、見た目も味も爽やかなお菓子です。この時期ならではの手土産やギフトにもおすすめです。
日本橋屋長兵衛「暦菓子 あじさい」
 

京都・鶴屋吉信の「京・季のこよみ「あじさい」」は、色とりどりの紫陽花の花を、可愛い小箱に詰め合せたお菓子。口に入れると外はしゃりしゃり、中はつるりとした琥珀糖ならではの食感が体験できます。
京都・鶴屋吉信「京・季のこよみ「あじさい」」
 
 
日本の景色の中に溶け込んで、色とりどりの花を咲かせる紫陽花。桜や紅葉と並んで、私たちに四季の素晴らしさを強く感じさせてくれる花です。そんな紫陽花を見るだけでなく、味わうことができるお菓子。この時期だけの贅沢なひと時にぴったりです。
 

2019.06.07

Monthly Flower

Monthly Flower7
6月の花 ユリ

華麗で大きな花をつけるユリ。早いものでは5月から、多くは6月から7月にかけて開花時期を迎えます。細長い茎についた大きな花が風に揺れる姿から「揺すり」と言われ、そこから「ユリ」という名が付けられたそうです。

毎月の花をご紹介する「マンスリーフラワー」。今月は、エレガントで大きな花を咲かせるユリの魅力とアレンジをご紹介します。
 

ユリと人、ユリと日本の絆

風で優雅に揺れる姿が美しいことから、ユリは日本では女性が美しく歩く姿に例えられます。赤、ピンク、オレンジ、黄、白など多彩な色や模様が楽しめ、香りも甘く優しいことから、ギフトやブーケなどにとても人気のある花です。世界では原種が100種類もあると言われ、日本ではヤマユリ、ササユリ、テッポウユリなど15種類が自生し、古くから愛されてきました。植物学的にも日本には美しいユリが多いとされ、庭に植えたり、鉢植え、切り花や、ユリ根などの食用に至るまで、生活や文化と強い絆で結ばれている花です。
 

様々に楽しめるユリのアレンジ

数多いユリの中でも「ユリの女王」と呼ばれているのが、大きく開く白い花と美しい蕾が特徴的な「カサブランカ」。カサブランカには花弁の斑点がほぼなく、白さが際立っていて、豪華でかつ気品ある雰囲気を持っています。カサブランカの花言葉は「威厳」「純潔」「高貴」。さらに白いユリは、聖母マリアの象徴ともされています。その真っ白のカサブランカを、たっぷりと大きめの花瓶にアレンジしてはいかがでしょう。
ユリの女王、カサブランカのアレンジ

 
白と並んで人気があるのがピンクのユリです。日本にルーツを持つオリエンタルユリの一種「コンパニオン」は、桜のようなピンク色と甘い香りが人気の品種。すらりと伸びた茎も見えるよう、ガラスの花瓶にたっぷり水を張ってアレンジしてはいかがでしょう。1本でも凛としたユリの存在感が魅力的です。
ピンクのユリのシンプルアレンジ
 

アレンジには蕾も入れると、時間を経て徐々に花が咲き、その変化が楽しめます。蕾は順番に咲きますが、咲ききった花を落としてやると蕾に栄養がよく行き渡り、しっかりとした花が咲きます。また、緑の葉はできるだけ残してアレンジしましょう。葉の部分で光合成が行われるので、より長く楽しむことができます。
 
また、ユリを飾る時に注意したいのが「花粉」。お花屋さんで開花したユリの花粉は取ってくれますが、自宅で蕾が開いた時は、花粉が触れたものに付きやすいので、注意が必要です。開花したら花粉を取っておくようにしましょう。ユリのアレンジで、憂鬱な梅雨の時期もぱっと明るい気分で過ごしてください。