ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2019.01.25

Herbal Life

Herbal Life33
冬のお部屋にかわいい緑のアクセント、エアプランツ

土が不要なので場所を選ばす気軽に飾れる「エアプランツ」。形も可愛く、種類によっては花も咲きますので、育てる喜びと、飾る楽しみの両方を満足させてくれます。
 
今回のハーバルライフは、愛らしくて不思議な植物「エアプランツ」の魅力と飾り方をご紹介しましょう。
 

置いても吊るしても楽しめるエアプランツ

エアプランツは南米産の植物。乾燥に強く育てやすいので、グリーンショップでも人気を集めています。形もユニークですが、葉から水分を吸収するので、土に植えなくても、木の皮の部分や岩などに根づいて育つことができるのです。たとえば、ガラス容器の中に小さな玉砂利を敷いたり、木片や綺麗な石を置いて、お気に入りのエアプランツを入れれば、素敵なグリーンインテリアになります。
 

エアプランツは乾燥に強いので、容器に入れてそのまま、窓際や壁面に吊るして飾ることもできます。冬場は水やりも簡単で、1週間に1回ほど葉の部分に霧吹きで水を吹きかけてあげるだけ。少し振って余分な水分を落とし、元の場所に戻すだけで元気に育ちます。エアプランツのご馳走は何より、やさしい日差しと適度に湿気を含んだ自然の風。窓際の冬の陽だまりにぴったりです。


大切なことは風と光と水の3つのポイントに注意すること。お部屋の中の風通しの良い場所や、陽だまりなどに置くのがおすすめです。ただし、直射日光や高温、高い湿気は苦手なので注意しましょう。同じ種類のエアプランツでも多様なものが売られていますから、飾る場所に応じて好きなものを選ぶ楽しさもあります。1年を通じて、気軽に緑を楽しめますので、春を待つパートナーとしてお部屋に招いてはいかがでしょう。

 

2019.01.18

Botanical Recipe

Botanical Recipe34
冬野菜のボタニカルスープで、心も身体もあったかく

身体の冷えは万病のもと。寒い季節に、冬野菜を使ったあったかスープはいかがでしょうか。スープにすることで野菜の甘みやうまみが余すところなく味わえ、代謝もアップして風邪予防にもなりますよ。

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を"食のプロ"に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回は冬野菜のスープレシピを、料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。
 
 

ホワイトベジタブルクリームスープ

免疫力の強化や整腸作用が期待できる冬野菜の代表が「白菜」。発汗、利尿作用で余分な水分を排出し、身体を温める効果がある「たまねぎ」。そして、カリウムとビタミンCがたっぷりで風邪予防や疲労回復作用のある「じゃがいも」。3つの野菜の栄養が溶け出したスープは、冬の寒さに負けない栄養をしっかり摂ることができます。洋風のクリームスープでいただきましょう。
ホワイトベジタブルクリームスープ
 
■材料(2人分)
・たまねぎ … 1/2個
・白菜 … 1枚
・じゃがいも … 1個
・ベーコン … 2枚
・牛乳 … 100~150ml
・小麦粉 … 大さじ1
・塩、粗挽き黒胡椒 … 適量
・ローリエ … 1枚
・オリーブオイル … 大さじ1/2
・バター … 10g
 
■作り方
1. たまねぎ、白菜、じゃがいもは1cm角に切る。ベーコンは5mm幅に切る。
 
2. 鍋にオリーブオイルとベーコンを中火で熱し、1の野菜を加え炒め、小麦粉を加えて更に焦げないように炒め、ひたひたの水、ローリエ、塩小さじ1/2を加え野菜が軟らかくなるまで煮る。
3. 2に牛乳を加えとろみがつくまで煮つめ、塩、胡椒で味を調え、バターを加えて火を止める。
 
 

れんこんとネギのジンジャースープ

「れんこん」も旬の野菜で、風邪の予防に効果的なビタミンC、むくみを予防するカリウムが豊富です。「長ネギ」の白い部分も風邪の予防になり、のどの痛みを和らげる効果も。そして、「しょうが」は有名な温活野菜。辛味成分ジンゲロンには殺菌作用があり、加熱すると血流をよくして身体を温め、脂肪や糖の燃焼をサポートしてくれます。身体に優しい和風スープでいただきましょう。
れんこんとネギのジンジャースープ
 
■材料(2人分)
・れんこん … 1/2節
・長ネギ … 2/3本
・しょうがすりおろし … 小さじ1
・市販の和風出汁(無塩) … 300〜400ml
・酒 … 大さじ2
・味噌 … 大さじ1~2
・白すりごま … 大さじ1
・ごま油 … 大さじ1
 
■作り方
1. れんこんは皮をきれいに洗い乱切りにし、食品用のポリ袋に入れて麺棒で叩く。
 
2. 鍋にごま油を中火で熱し、1とネギの小口切りを焼き色がつくまで炒め、和風出汁、酒、しょうがを加え、灰汁を取りながら沸騰させ、れんこんがやわらかくなるまで煮る。
3. れんこんに火が通ったら、味噌を加え、器に盛り付け白すりごまを振って出来上がり。
 
とろみがあって身体が温まる「ホワイトベジタブルクリームスープ」と、さっぱりと飽きのこないおいしさの「れんこんとネギのジンジャースープ」。どちらもお腹にやさしく簡単に作れるので、朝食や夜食にもおすすめの一品です。
 
 
 
調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する
料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は、「何度も作りたくなるストウヴレシピ」(ナツメ社)。
 

2019.01.11

Botanical Goods

Botanical Goods25
カリフォルニア発のオーガニックティー「Art of Tea」

新しい年、ご自宅に訪問する際のお土産に悩んだら、ティーセットはいかがでしょう。「Art of Tea」は、カリフォルニア、ロサンゼルス発のお茶のブランド。厳選されたオーガニック茶葉や紅茶など、世界中から集めたボタニカルティーがブレンドされています。
 
植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、ハリウッドでも大人気の「Art of Tea」のオーガニックティーをご紹介します。 
 
 

五感で楽しむティータイム 「Art of Tea」

「Art of Tea」は、オーガニック茶葉や紅茶などを世界中から仕入れ、丁寧にハンドブレンドしたオリジナルティーです。自然の香りを大切にして作られていますので、お湯を注ぐと植物やフルーツが本来持つ、優しい香りに包まれます。また、手摘みにもこだわり、出来るだけ機械に頼らずハンドブレンドした茶葉は、葉の形が崩れず、その美しさも楽しめるようになっています。ゆらゆらとお湯の中で広がる茶葉や、自然のエッセンスが凝縮したお茶の色の美しさは、世界の5つ星ホテルやハリウッドの有名レストランでも愛されており、ティータイムを五感で楽しむ特別なひとときを提供しています。
アールグレイクレームとイングリッシュブレックファスト
 
 

自然の恵みで届ける笑顔

中でも特に人気なのが「デザートティーコレクション」。甘いバナナとチョコレートの香りが広がる「チョコレートモンキー」、アップルやシナモンが体を温めてくれる「アップルパイ」、シトラスやバニラ、バラが香る「レモンメレンゲ」など、デザートのようなフレーバーが楽しめ、ヘルシー志向の強いカリフォルニアでもトレンドとなっています。
また、体に良いとされている植物を取り入れ「植物の力」を意識した「ウェルネスティー&ハーブコレクション」も人気のお茶。スーパーリーフと呼ばれる南米のお茶「ワユサ」や、胃腸を整えるミントなど、体が喜ぶ素材にこだわってブレンドされたオーガニックティーです。
見た目も美しいブレンドティー
 
 
自然の恵みにこだわった「Art of Tea」 のお茶は、アートのような缶やパッケージのデザインも美しく、ギフトやお土産に最適です。親しい方とテーブルを囲んで、楽しむひととき。それは「お茶を通して笑顔を届けたい」というマスターティーブレンダーを務める創業者、スティーブ・シュワルツ氏の思いそのものかもしれません。
アーティザン缶
 
アソートティーバッグ ギフトボックス
  
 

2019.01.04

Monthly Flower

Monthly Flower2
1月の花「水仙」

明るい未来を感じる、黄色の花。中でも、厳しい冬景色の中で鮮やかな黄色の花を咲かせる水仙は、春をいち早く予感させ、前向きな気持ちにしてくれます。
 
毎月の花をご紹介する「マンスリーフラワー」。今月は、1年の初めに元気をくれる水仙の魅力をご紹介します。
 
 

明るい未来の花、黄色の水仙

水仙は地中海沿岸が原産地で、平安末期に中国から渡来したとされています。日本でも自生していますが、冬から春先にかけて開花することから、雪中花(せっちゅうか)とも呼ばれています。
 
白や黄色、オレンジなどの清らかな花を咲かせますが、中でも黄色の水仙は、一足早い春を感じることができる花として愛されています。「春は黄色の花から始まる」ともいわれ、黄色い花の50%は春に咲くとか。まさに、明るい未来を感じ、暖かな春を予感させる花といえますね。
 
 

新年に飾りたい水仙のおすすめアレンジ

明るい希望を感じさせてくれる黄色い水仙の花ですが、同時にすっと伸びた緑鮮やかな茎と葉も元気な気分にしてくれます。数本で1輪挿し風にアレンジしても、ボリューム感を出しても、上に向かってすっと伸びたその姿に、すこやかさと希望が感じられます。
 
一輪挿し風アレンジ
 
たっぷりの水仙をアレンジ
 
また、水仙は花がついた茎と葉の部分を簡単に切り分けることができます。茎を短くして花だけを束ね、ブーケのようにして小ぶりのガラスの花瓶に飾ると、可愛らしく華やかなアレンジが出来上がります。1、2本の葉を添えても緑が映えて、花が咲き誇る春の息吹が感じられます。
 
ブーケ風アレンジ
 
水仙はとても香りのよい花ですが、強すぎると感じる方もいらっしゃるため、食卓ではなく、玄関や廊下、居間などに飾るのがおすすめです。新年のお客さまをお迎えする際、きっと、新春のひとときを幸せに彩ってくれますよ。



アレンジ 市村美佳子(緑の居場所デザイン)