ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.12.28

Botanist

Botanist33 Special
「いいな!」と思ってやってみたボタニカルな行動 ベスト5

今回は2018年7月から12月までの放送・記事で、あなたが「いいな!」と思ったベスト5と、「いいな!」と思ってやってみたことをご紹介します。

誰でも素敵なボタニストになれる。あなたもボタニカルな行動、はじめてみませんか。

 
第1位 2018.10.19
Botanical Recipe31
食卓を華やかに、カラフルパプリカスープ
   
赤に黄色、オレンジと、食卓を華やかにしてくれるパプリカ。色の美しさだけでなく、栄養価が高いのも特徴です。火を通しても美味しいので、寒い季節には、温かいスープにしていただくのがおすすめです。特に赤パプリカは、体を温めるカプサイシンが豊富。赤パプリカをたっぷり使ったなめらかポタージュはいかがでしょう。また、黄色いパプリカはビタミンCが豊富。パプリカに含まれる栄養素は、熱に強く壊れにくいので、パプリカスープは女性にうれしい一品といえますね。

あなたからのボタニカルメッセージ

私がいいなと思ってやってみたのは『食卓を華やかに カラフルパプリカスープ』です。普段から赤や黄色のパプリカが好きでよく食べていましたが、サラダや炒めものが多く、スープに入れたことはありませんでした。朝ご飯がパンの時は野菜を簡単にたくさん取れるように、そして温かいスープで体温を上げて身体が目覚めるようにしているので、ぴったりのメニューでした。見た目もカラフルで元気が出るレシピ、定番になりつつあります。
 

 
第2位 2018.09.07
Herbal Life30
ミニサイズのグリーンで楽しむボタニカルインテリア

可愛いいミニサイズのグリーンは、一つでもいくつか組み合わせて置いても楽しめます。みずみずしい葉物やユニークで可愛らしい形のものなど、種類も豊富ですので、気軽に飾ってみてはいかがでしょう。ミニグリーンはスペースをとりませんから、日当たりや風通しなど、お部屋の中に植物のために最適な環境を見つけて、その場所をグリーンコーナーにするのもおすすめです。元気に育つ植物たちの姿は、あなたにも元気を分けてくれるはず。お部屋の中の小さな植物園を楽しんでください。 

あなたからのボタニカルメッセージ

ミニグリーンは、家に置いておくと見るたびに優しい気持ちになれますよ。毎日葉っぱの艶を見ながら、我が子に接するのと同じように愛情を込めて水やりをしています。ガジュマルは多幸の木とも呼ばれるなんて縁起がよいですね。今度から友達のお祝いのときなどにガジュマルの植木をプレゼントしたいです。
 

 
第3位 2018.09.28
Botanist30
自然の贈りもので作る四季の野草リース 辻典子さん
『四季の野草リース』辻典子(世界文化社 刊)より 撮影:梶山正
 
子どもの頃から、野に咲く花や自然が大好きだった辻典子さん。生まれ育った京都・大原で、猫じゃらし、すすき、たんぽぽの綿毛など、野に咲く身近な花や植物でリースを作り、その美しさ、大切さを伝えています。どの作品も野山の景色をそのまま見せてくれるかのような、自然の趣きと季節感に溢れています。辻さんは毎日、大原の野山を散歩しながら「野草は足元の宝もの」という思いで、野草たちの姿を見守っているそうです。

あなたからのボタニカルメッセージ

私がいいなと思ってやってみたことは「野草のリース作り」です。辻典子さんのリース、ナチュラルで大好きです。わたしも庭いじりが大好きで、ナチュラルガーデンを目指しています。そこで、庭で育てたハーブ、ラグラス、パンパスグラス、そして散歩の途中で摘んできた野草をドライにしてリースを作ってみました。派手ではない、楚々としたリースが自分では気に入っています。もちろん辻さんの「四季の野草リース」も購入。時々ページをパラパラとめくり、癒されています。
 

 
第4位 2018.11.02
Herbal Life32
色と香りを楽しみたい、秋に咲くバラの魅力
  
都内有数のバラ園として知られる「旧古河庭園」。その最大の魅力は、春と秋に美しく咲き誇るバラです。春と秋では、同じ品種のバラでもその花の色合いに違いが生まれます。朝晩の冷え込みが強くなる秋は、昼と夜との気温差により、花が本来持つ色がより鮮やかになり、香りもより強くなるのです。春はバラの咲く景色を、より色のキレイなバラが咲く秋は、花一輪一輪の色や香りをじっくり楽しむのがおすすめです。バラの花の色と香りに包まれて、優雅なひとときを過ごしてはいかがでしょう。

あなたからのボタニカルメッセージ

娘が旧古河庭園の近くで一人暮らしをすることになり、引越しを手伝った後に家族で行ってきました。近所にこんないいところがあるんだと娘も嬉しそうでした。最近も、娘の部屋に寄った後に紅葉を見に行ってきたところです。東京には緑が少ないとも言われていますが、そんなこと全然ないです。街路樹のイチョウの落ち葉が舞うのを見ながら晩秋を楽しんでいます。ちょっとしたパリの気分です。
 

 
第5位 2018.08.24
Botanist29
多肉植物に魅せられて TOKIIRO近藤義展さん

多肉植物に愛情を注ぎ、さまざまなアレンジを提案するTOKIIROの近藤義展さん。多肉植物のリースやミニチュアガーデンなどの創作を通じて、その魅力を世界に発信しています。多肉植物の魅力は、力強い生命力と、ぷっくりと肉厚で愛らしい独特の形。季節を通してあまり変化がないように見えますが、季節によって色を変えていくという意外な特徴も持っています。「人類が誕生する何億年も前に生まれ、地球を豊かな星にしてくれた植物は、僕たちの未来や地球について考えることの大切さを伝えてくれています」と近藤さんはおっしゃいます。

あなたからのボタニカルメッセージ

以前から気になっていた多肉植物。記事でご紹介いただいたのも何かの縁と思い、一鉢購入しました。ピンクが可愛くて、紅葉するというところも気になったので「デビー」という品種にしました。最近寒くなり心なしかピンクが濃くなったような気がしています。ちょっともの静かなルームメートができた気分で毎日気にかけています。
 

皆さんのボタニカルな行動、いかがでしたか? 寒さも厳しいこの頃ですが、植物の力で元気に楽しく、毎日を過ごしてくださいね。
 

2018.12.21

Botanical Recipe

Botanical Recipe33
パーティーにもぴったり、ボタニカルピンチョス

クリスマス、お正月とパーティーシーズンが続きます。ヘルシーに楽しむために、身体や美容に良い食材を使って、見た目も美しいボタニカルピンチョスはいかがでしょうか?

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を"食のプロ"に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回は野菜やフルーツを使ったピンチョスのレシピを、料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。
 
 

ベジトリコロールのピンチョス

まずは、お酢であえた野菜を使った「ベジトリコロールのピンチョス」。お酢には、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする、という研究データもありますから、メインの前にちょっとつまむのにぴったりですね。色鮮やかなトリコロールカラーも、きっとパーティーを盛り上げてくれますよ。
ベジトリコロールのピンチョス
 
<ベジトリコロールのピンチョス>
■材料(2人分)
・ビーツ水煮缶詰 … スライス6枚
・カブ … 1個
・ズッキーニ … 1/3本
・白胡椒 … 少々
A(調味料)
・リンゴ酢 … 大さじ1
・レモン汁 … 大さじ1/2
・塩 … 小さじ1/2
 
■作り方
1. カブとズッキーニはそれぞれ薄くスライスし、カブはズッキーニの大きさにあわせて丸くくり抜き、リンゴ酢とレモン汁、塩を軽くもみこみます。
2. ビーツは水煮缶詰を使ってスライスし、こちらもズッキーニの大きさにあわせて丸くくり抜きます。

3. ビーツ、カブ、ズッキーニの順に重ねて串に刺してトリコロールカラーに。器に乗せ、仕上げに白胡椒とオリーブオイルを振って出来上がりです。  
 
 

カリフラワーと生ハムのピンチョス

ビタミンCが豊富なカリフラワーを使ったピンチョス。ビタミンCには、コラーゲンの生成を促したり、メラニン色素を薄くする作用があるので、美肌にもうれしい栄養素です。さらに、疲労回復や風邪防止などの効果も期待できます。
カリフラワーと生ハムのピンチョス
 
<カリフラワーと生ハムのピンチョス>
■材料(2人分)
・生ハム … 3枚
・カリフラワー … 1房と1/2房
・ライム … 1個
・ブラックオリーブ … 1個
・塩、胡椒 … 少々
・オリーブオイル … 小さじ1
・バケット(雑穀、ナッツ系) … 薄切り3枚
 
■作り方
1. カリフラワーは房取りし縦半分に切り一口大の大きさに。生ハムをくるりと巻き、冷蔵庫で30分休ませる。

2. バケットを薄くスライスし、カリッと焼き、オリーブオイルを振り、上に1を乗せて、その上にブラックオリーブ、ライムを飾り、ピックで刺す。
3. 器に並べ、オリーブオイルと塩、胡椒を振って出来上がり。
 
 

えびとアボカドのピンチョス

栄養豊富なアボカドのピンチョス。アボカドとエビの組み合わせは、コレステロール値を下げて、血液をサラサラにするともいわれています。エビのオレンジとアボカドのグリーンが食欲をそそりますね。
えびとアボカドのピンチョス
 
<えびとアボカドのピンチョス>
■材料(2人分)
・えび(ボイル) … 3尾
・アボカド … 1/4個
・サワークリーム(もしくは水切りヨーグルト) … 小さじ3
・チコリ … 3枚
・フレッシュバジル … 3枚
・塩、胡椒 … 少々
・オリーブオイル … 小さじ1
・レモン汁 … 小さじ1
 
■作り方
1. アボカドは皮を剥き、種を取除き、縦に4等分に切り、5mm幅のスライスにする。
2. エビとアボカドにそれぞれに塩、胡椒、オリーブオイル、レモン汁をまぶす。

 
3. お皿にチコリを並べ、サワークリーム、アボカド、エビをのせ、ピックで刺し、バジルとオリーブオイルを振って出来上がり。 
 
 

いちごとモッツアレラのサンタクロース

大人にも子どもにも喜ばれる、サンタクロースをイメージしたピンチョスです。いちごはビタミンCと葉酸の含有量が多いことで知られていますが、その他のビタミンやミネラル類も広く含んでいます。いちごの赤とチェリーモッツアレラチーズの白が可愛いサンタクロースピンチョスです。
いちごとモッツアレラのサンタクロース
 
<いちごとモッツアレラのサンタクロース>
■材料(2人分)
・いちご … 3粒
・チェリーモッツアレラチーズ … 3個
・フレッシュバジル … 3枚
・塩、胡椒 … 少々
A(ソース)
・バルサミコ酢 … 大さじ2
・はちみつ … 大さじ1
・醤油 … 小さじ1
 
■作り方
1. いちごはとがった部分を1/3カットし、あいだにチェリーモッツアレラチーズを挟み、バジルをのせ、ピックで刺す。

2. Aを半分まで煮詰めとろみをつける。
3. お皿に2を少し塗って、1をのせ塩、胡椒を振る。
 
 
ピンチョスはスペイン料理で、“複数の食材を組み合わせて串に刺した、一口大の前菜”です。発祥はバスク地方。サン・セバスチャン村にあるバーで、オリーブと青唐辛子とアンチョビという、瓶詰めの食材を楊枝で刺して出したのがはじまりといわれています。指で持って食べられるフィンガーフードなので、おしゃべりをしながら楽しめ、パーティーを盛り上げてくれること間違いなしですね。
 

 
調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は、『何度も作りたくなるストウヴレシピ』(ナツメ社)。

2018.12.14

Botanical Goods

Botanical Goods24
お部屋で楽しむ癒しの香り ボタニカルアロマキャンドル

寒さが増すこの時期、お部屋の中を温かな癒しの空間にしてくれるのが、アロマキャンドルです。
ヤンキーキャンドル
 
植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、花やハーブの香りを楽しめる人気のアロマキャンドルをご紹介します。
 
 

上品で深い香り ヤンキーキャンドル

ニューヨークをはじめアメリカの多くの女性たちに愛されているアロマキャンドルが、ヤンキーキャンドルです。「a passion for fragrance」のコンセプトのもと、今では150種を超える自然の香りを、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。花の香りも、火を灯すと豊かに香るローズ系、ジャスミン系をはじめ、冬におなじみの花、シクラメンなどの温かい香りのものなどが豊富に揃っています。
 
例えば、英国式庭園に咲き誇る伝統的なバラの香りを楽しめる「フレッシュカットローズ」や、満開のアプリコットローズとネクタリンなどの花の香りの「サンドレンチドアプリコットローズ」。火を灯すと、花々の豊かな香りがお部屋に広がります。
フレッシュカットローズ(左)とサンドレンチドアプリコットローズ(右)
(ヤンキーキャンドル)
 

ヤンキーキャンドルの深みのある自然な香りの秘密は、香りの調合にあります。一種類の香りそのままではなく、様々な花の香りを絶妙に調合することで、まるで本物の花束のような深みと、上品で自然なやさしさが生まれるそうです。その日、着たい服を選ぶように、聴きたい音楽をかけるように。気分に合わせて、その日の花の香りを楽しんでみてはいかがでしょう。
フレッシュカットローズ(ヤンキーキャンドル)
 
 

音も楽しめるアロマキャンドル ウッドウィック

もう一つ、アメリカで人気を集めるのが、"fragrance never sounded so good"がコンセプトのフレグランスキャンドル「ウッドウィック」です。高級なブレンドワックスと丁寧に調合された自然の香料で作られたキャンドルは、香り以外にも独特の魅力を持っています。それが「音」です。 “木(ウッド)でできた芯(ウィック)”が燃えるときに音を出し、まさに、聞いて(Sound)、香って(Scent)、見て(Sight)と、 3つの“S”で楽しむことができるユニークでスタイリッシュなキャンドルです。
ウッドウィック
 
木を使った少し太めの芯に火をつける「ジャーキャンドル」には、ライラックやシクラメンなどの花とリンゴなどのフルーツの香りが混ざったものや、モミの木の清々しい香りのものなど、ボタニカルな香りがいっぱい。また「ハースウィック」、つまり「暖炉」と名付けられたシリーズは、横長に並べた木の芯でボリューム感のある炎が楽しめるのが特徴です。どちらも暖炉で燃える木のような“パチパチ”という音と、美しい炎のゆらめきが魅力。ゆったりと音を聞き眺め、香りを楽しむだけで、心の余裕と明日への活力が生まれてきそうですね。
ハースウィック(ウッドウィック)
 

香りと炎でお部屋のムードを一瞬で特別なものにしてくれるアロマキャンドル。ひとり静かに、また、お客さまをお招きした時にも、その日の気分で選んで楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

2018.12.07

Monthly Flower

Monthly Flower1
12月の花「クリスマスローズ」

クリスマスローズは、冬の始まるころから早春にかけて、様々な色や模様の花を咲かせる多年草。まさにクリスマスに咲くバラをイメージさせることから、その名前が付けられました。素敵な名前と愛らしい花は、冬のお部屋に飾るアレンジにぴったりです。
クリスマスローズ
 
毎月の花をご紹介する「マンスリーフラワー」。今月はクリスマスローズの魅力をご紹介します。
 
 

冬枯れの庭を飾る「冬の女王」

冬枯れの庭に華やかな彩りを添えてくれる、クリスマスローズ。育てやすく寒さにも強いので、冬のガーデニングで人気があり、「冬の女王」や「冬の貴婦人」と呼ばれ愛されています。1年中緑の葉をつける常緑種で、花も1ヶ月ほどは楽しめるので、鉢植えとしても人気があります。実は、綺麗に広がった花びらに見えているところは「ガク」で、正式には「ガク片」と呼ばれている部分。もともとは白色が基調でしたが、品種改良により、ボルドー、グリーン、黄色など様々な色や模様を持つものが生まれました。水揚げさえ気を付ければ持ちもいいので、ブーケやアレンジで人気の花となっています。
 
 

クリスマスローズのおすすめアレンジ

白いクリスマスローズが手に入ったら、小さい花瓶やガラスの器に、水をたっぷり入れてアレンジするのがおすすめです。クリスマスローズに必要なのはたくさんの水。茎を短く切りそろえれば、水揚げが良くなり、花がより長持ちします。また、クリスマスローズは葉が立派なので、葉も残して飾りましょう。赤の器なら、鮮やかな緑とのクリスマスカラーで、テーブルの上を華やかに彩ります。
白いクリスマスローズのアレンジ
 
また、白のクリスマスローズに赤のラナンキュラスを組み合わせたアレンジも華やかです。
白いクリスマスローズと赤いラナンキュラス ガラスコップのアレンジ
 
花器に赤や緑のカップを使えば、パーティーなどでよりクリスマスらしさを演出できます。それぞれのお客さまの前に一つずつ置いても、テーブルのセンターにまとめて置いても、素敵なおもてなしになりますね。
白いクリスマスローズと赤いラナンキュラス 色付き花器のアレンジ
 

クリスマスローズをお花屋さんで買った後は、すぐにたっぷりの水に活けておかないと、萎れてしまいます。万が一、萎れかけたら花全体を水に浸したり、茎の部分をお湯に浸けて置くと元気を取り戻します。容器に40度ぐらいの湯を用意して茎の先を浸け、お湯が冷めるまでしばらくそのままにしておくと、花がよく水を吸い上げるそうです。また、毎日の水替えと、痛んだ茎の部分を切り落とすことも大切。切り落とす作業も必ず水の中で行い、切り口に空気が入らないように注意しましょう。
 
キリストの誕生を喜ぶ少女の気持ちが花となって咲いた、というキリスト教の逸話にも登場する神聖な花「クリスマスローズ」。「追憶」「私を忘れないで」「いたわり」などの花言葉を想いながら、今年1年の感謝の思いを込めて飾りましょう。
 
 
 
アレンジ 市村美佳子(緑の居場所デザイン)