ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.08.31

Botanical Journey

Botanical Journey9
ニューヨークの街を変えた植物の力、「The High Line-ハイライン」

「The High Line-ハイライン」とは、マンハッタンのビルの合間を縫うように伸びる不思議な空中公園。廃線になった貨物鉄道の高架の上に作られたこの遊歩道公園が、ニューヨーカーはもちろん、世界中から訪れる観光客の注目を集めています。
 
今月のボタニカルジャーニーは、ニューヨーク・マンハッタンの新たな自然のオアシス、「The High Line-ハイライン」をご紹介します。
  
 

「The High Line-ハイライン」

かつてニューヨークのマンハッタン南西地区、ハドソン川に近い12丁目から34丁目付近のエリアには、様々な製造業や倉庫が軒を連ねていました。その地区を南北に縫うように1930年代に作られたのが、貨物専用の高架鉄道。しかし、1950年代にハイウエイが作られ、貨物輸送が車に取って代わられると、高架線は廃墟となっていきました。それから時を経て、再びこの高架線が注目を集めるようになったのは、いつの間にか生い茂った植物や花の存在でした。忘れ去られた高架線の中で自然に植物が育ち、線路のいたるところに緑を増やし、静かに花を咲かせていたのです。
線路脇の草花
 
1990年代の終わり、大都市の中で奇跡的に守られていた歴史的建造物と、そこに育まれた豊かな自然環境に注目して結成されたのが、非営利団体の「Friends of the High Line」。メンバーの近隣住民や都市計画を学んだ若者たちは、公園化のアイディアを発信し始め、市当局やデビッド・ボウイなどニューヨークのセレブたちからの支持を得て、ついに2002年に新たな公園の建設計画が進められることになりました。
 
ハイラインの花や緑は、ニューヨークの自然の環境に育ったものに限り100種類以上。ビルの3階の高さに匹敵する高さ10mに近い場所で、自然を楽しめるようになっています。南側の入り口、GANSEVOORT STREETから北側の入り口34丁目まで、その「空中公園」の長さは約2.33kmに及んでいます。  
ビルの間を縫うように走る緑の遊歩道
  
 

ニューヨークの街を変えた植物の力

空中を走るハイラインの植栽デザインを手がけたのは、オランダの世界的なガーデンデザイナーのピエト・オウドルフさん。グラス植物を多用し、植物本来の力と美しさを信じ、自然の野原に近い環境を作り出すことにこだわるのがピエト・オウドルフさん流の庭園デザイン。冬の大雪や寒さで植物が枯れて葉を落としても、それを本来の自然の姿ととらえて、都市と自然と人の共存をメッセージしています。草花の中には線路のレールがそのまま残され、ニューヨークの時代の流れを今に伝える歴史の証言者の役割も果たしています。
レールのそばに植えられた低木
 
道路から公園へのアクセスは階段を登りますが、エレベーターも設置され、バリアフリーも徹底。マンハッタンの摩天楼やすぐそばを流れるハドソン川を眺めるウッドステップや、ストリートを見下ろせるガラス窓を設置したり、水の流れるデッキを作ったり、目に入る近隣のビルにはアート作品が置かれていたり壁画が描かれていたり。2km以上続くハイラインは、ニューヨークらしいエンターテインメントに溢れています。
ベンチの置かれたデッキ
 
地域住民と若者たちの構想から約20年。ほぼ全区間の完成を迎え、その木々や草花の存在は、周辺の人々の心や都市計画に大きな影響を与えています。2015年には、最南端の入り口の隣にアメリカの近代と現代美術の殿堂であるホイットニー美術館が移転オープン。その後も周辺には続々と、自然環境保護や文化、アートの分野に重きを置く企業や団体がメインオフィスを移し、高級コンドミニアムやホテルの建設も進んでいます。ニューヨークの新たな文化発信の拠点となったハイラインの周辺は治安が改善するなど、地域の活性化に大きく貢献しています。是非、この秋、訪れてはいかがでしょう。
  

2018.08.24

Botanist

Botanist29
多肉植物に魅せられて TOKIIRO近藤義展さん

多肉植物に愛情を注ぎ、空間や器などに合わせたアレンジを提案する近藤義展さん。多肉植物のリースやミニチュアガーデンなどの創作活動を通して、その魅力を世界に発信しています。

今回のボタニストは千葉県・浦安市を拠点に多肉植物のボタニカルデザインを創り出すユニット、TOKIIROの近藤義展さんをご紹介します。
 

多肉植物との出会い

近藤義展さんが多肉植物に魅了されたきっかけは、ドライブで訪れた山梨県八ヶ岳にある八ヶ岳倶楽部で出会った一つのリースでした。それは、多肉植物だけでつくられ、植物の生命の輝きが感じられる、今まで見たことのないリース。作ったのは当時、八ヶ岳倶楽部の代表を務めていた園芸家の柳生真吾さんです。近藤さんはその場で、リースの作り方を紹介している柳生真吾さんの本を購入。奥さまへのプレゼントとして、本を見ながら材料を集め、人生で初めて多肉植物のリースを制作します。近藤さんが今も忘れられないのは、そのリースをプレゼントした時の奥さまの笑顔。また、その笑顔を見たくてリースをいくつも作り、やがてその魅力をもっともっと誰かに伝えたいと、多肉植物のことを学び、関わりを深めていったそうです。

 四季により異なる多肉植物のいのちの表情

多肉植物の魅力は、まず力強い生命力と、ぷっくりと肉厚で愛らしい独特の形。まさに、砂漠などの厳しい環境下で生息し、水分を蓄える構造に進化した「いのちの姿」です。そして、四季の移ろいで変化する多彩な色。いつも静かに佇んで、季節を通してあまり変化がないように見える多肉植物ですが、近藤さんは、多肉植物が季節によって色を変えていくという意外な事実を知ります。木々が新緑に輝き、赤や黄色に紅葉するのと同じように、四季の光と温度に応じて色を変え、多様な姿を見せてくれる植物だったのです。種類が豊富で1万種以上もあると言われる多肉植物。多種類を組み合わせて植えた小さな自然界が、年間を通じて見せる豊かな表情と変化こそが、近藤さんが作品を創り出す原点になっています。


近藤さんは、室内のインテリアとしてだけではなく、多肉植物を屋外で育てることにこだわり、その大切さをメッセージしています。「植物は人類が誕生する何億年も前に生まれ、地球を豊かな星にしてくれた存在です。人間が生きるためには植物が必要ということをいつも忘れないで欲しい。多肉植物という“いのちの存在”は、植物目線で僕たちの未来を考えること、そして、地球を考えることの大切さを伝えてくれています」。近藤さんが心に刻み続ける思いです。
 


あの初めてのリースとの出会いから10年。現在、近藤さんは、千葉県・浦安市にアトリエを構えて創作活動をされていますが、作品だけではなく、玄関先や窓辺にさりげなく置いた多肉植物をご近所の方が目にして笑顔になったり、会話が生まれたりすることが何よりの喜びだとおっしゃいます。




TOKIIRO
多肉植物に特化したアレンジを提案する近藤義展、近藤友美とのユニット。グリーンデザイン、ガーデンデザイン、ワークショップ開催など多岐にわたる活動を行い、四季の色を楽しむ、季(とき)を感じられるアレンジを表現。台湾やニューヨークでも展示やワークショップを開催している。最新著書は、『ときめく多肉植物図鑑(ときめく図鑑) 』(山と渓谷社)。

2018.08.17

Botanical Recipe

Botanical Recipe29
ボタニカルドレッシングで、サラダをランクアップ

夏の疲れが出てくる時期、栄養たっぷりのボタニカルドレッシングでサラダを楽しんではいかがでしょう。フレッシュなフルーツと野菜を使用した「食べるドレッシング」がおすすめです。

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を“食のプロ”に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回はフルーツと野菜を組み合わせた「ボタニカルドレッシング」の作り方を、料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。
 
 

自然の甘みが新鮮。キウイとパプリカのドレッシング

夏は冷たいものを飲みすぎたり、食べすぎたりしてちょっと胃腸が疲れる時期です。消化、吸収が良くなるデンプン分解酵素アミラーゼを多く含むキウイやパプリカ、生姜をたっぷり使ったドレッシングはいかがでしょう。それぞれの味がよくなじみ、食べやすいようにミキサーを使って仕上げます。サラダの野菜には、ビタミンEを多く含み抗酸化作用があるアボカドや、スーパーフードと呼ばれ、タンパク質や食物繊維、ビタミンB、ミネラルが豊富な食材キヌアなどを。栄養たっぷりの野菜に、鶏胸肉も添えてタンパク質もしっかり摂れる一品です。
キヌアと鶏胸肉のサラダ(キウイとパプリカのドレッシング)
 

<キウイとパプリカのドレッシング>
■材料(2人分)
ベビーリーフ …  25g
キウイ …  1/2個(正味45g)
パプリカ(黄色) …  1/4個(正味30g)
生姜(すりおろし) …  小さじ2/3
レモン汁 …  大さじ2
醤油 …  小さじ1/2
オリーブオイル(オメガ系のオイルでも) …  大さじ3
塩 …  小さじ1/2 〜 2/3
胡椒 …  少々
 
■作り方
1. キウイは半分にして皮をむいて1センチ程度の角切りにする。
2. パプリカは1個の4分の1の量を同じく1センチ程度の角切りにする。
3. ミキサーに先にベビーリーフ、パプリカ、キウイを入れ、その他の材料を加え攪拌する。

 
 
<キヌアと鶏胸肉のサラダ>
■材料(2人分)
サラダチキン …  1個(150gから200g程度)
パプリカ(黄色) …  1/2個
アボカド …  1/2個
キヌア(市販されているドライパック) …  20g
ロメインレタス(もしくはレタス) …  1株
レモン汁 …  小さじ1
 
■作り方
1. サラダチキンは薄くスライス。パプリカも薄くスライスする。アボカドは一口大に乱切りしレモン汁で和える。ロメインレタスは食べやすい大きさにざく切りする。
2. 器にロメインレタスをしき、パプリカ、アボカド、サラダチキンをのせ、キヌアを散らす。
3. ドレッシングを回しかけ、ザックリと混ぜる。
 
 

グレープフルーツとセロリが香る、爽やかドレッシング

夏らしい味わいのグレープフルーツ、セロリを使用したドレッシングです。特にグレープフルーツはビタミンCが含まれているため、紫外線を浴びた夏の肌にもうれしい食材です。そして、脂肪を分解するリパーゼの多いにんじんを加えているので、脂肪分の多い食事の際にもおすすめ。サラダには、食物繊維が豊富なもち麦、ビタミン、ミネラルが豊富でスーパーフードと呼ばれるくるみ、アンチエイジングに良いとされるブロッコリースーパースプラウトを。ドレッシングも野菜も、美容が気になる夏にぴったりですね。
もち麦の彩りサラダ(グレープフルーツのドレッシング)
 
 
<グレープフルーツのドレッシング>
■材料(2人分)
にんじん …  1/2本(正味70g)
グレープフルーツ …  1/4個
セロリ …  1/2本(40g)
しょうが(すりおろし) …  小さじ1
オリーブオイル …  大さじ3
蜂蜜 …  小さじ1
塩 …  小さじ1/2~2/3
胡椒 …  少々
 
■作り方
1. にんじん、セロリは1センチ程度の角切りに。グレープフルーツは実を房から出す。
2. ミキサーににんじん、セロリ、グレープフルーツの順に入れ、その他の材料を加え攪拌する。
 


<もち麦の彩りサラダ>
■材料(2人分)
プチトマト(赤・黄色) …  10~12個
もち麦(茹でたもの) …  50g
くるみ …  30g
サニーレタス …  1/2株
ブロッコリースーパースプラウト …  1/2パック
 
■作り方
1. サニーレタスは食べやすい大きさに切る。プチトマトは半分に切る。くるみはしっかりローストし、粗めに砕く。
2. 器にサニーレタスを敷き、プチトマト、もち麦、くるみ、ブロッコリースーパースプラウトをのせ、ドレッシングをかける。
 

サラダをワンランクアップするボタニカルドレッシング。キウイやグレープフルーツなどのフルーツを使うと、消化を助けてくれるだけでなく、さわやかな酸味が食欲を促進してくれます。消化、吸収が良くなるアミラーゼを多く含むキウイとパプリカのドレッシング。そして、美肌をサポートしてくれるグレープフルーツに、にんじんとセロリを加えたドレッシング。どちらも夏にぴったりの「食べるドレッシング」です。ただし、フルーツや野菜に含まれる栄養素は、ミキサーにかけると時間の経過と共に失われてしまうため、その都度食べる分だけ作るようにしましょう。
 
 
 
調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は、『辛うま!燃焼レシピ』(主婦の友社)。
 

2018.08.10

Herbal Life

Botanical Goods20
夏のアウトドアが楽しくなる、ボタニカルな小物たち

夏本番を迎え、木漏れ陽の中を歩いたり、清流のせせらぎを聞いたり、自然の中で過ごすのも醍醐味です。そんな時間をより楽しくしてくれるのが、ボタニカルなお出かけグッズ。水分補給に欠かせないウォーターボトルやフードジャー、カラフルなスニーカーやトートバッグなど、どれもボタニカルなデザインが、気分を明るく元気にしてくれます。
 
明日8月11日は山の日。今回のボタニカルグッズは、夏のアウトドアにおすすめの小物たちをご紹介します。 
 
 

夏のアウトドアの必需品 ステンレスボトル&フードジャー

夏のアウトドアの必需品、水分補給ができるウォーターボトルは、アメリカ発のブランド「シャスタ」のものを。シャスタとは、ネイティブアメリカンの聖地で、世界7大聖山のひとつといわれる山の名前です。ゴミは持ち帰るのがアウトドアの基本マナー。マイボトルを使えば、ゴミを増やさず、エコにも貢献できますね。
 
シャスタボトルの本体は500mlの容量でありながら約300gと軽く、ステンレスの真空二重構造で熱が逃げないので、保温性、保冷性にも優れています。心を癒してくれるボタニカルなデザインが大きなポイント。お揃いのデザインのフードジャーで、冷やしたフルーツなどを持ち歩けば、エネルギー補給も完璧です。フードジャーには、スプーンも内蔵されています。
シャスタ リボトル2 500ml フラワー
 
シャスタ ステンレスフードジャー フラワー
  
 

リゾートにも街にも映える、ボタニカルスニーカーとトートバッグ

今年は、スニーカーの定番ブランドからも多くのボタニカル柄のスニーカーが発売されています。特に鮮やかなデザインなのが、「Keds×PICHE CHAMPION OXFORD」。足元から元気をくれる明るいボタニカルデザインは、リゾートはもちろん、タウンユースにもおすすめです。
Keds×PICHE CHAMPION OXFORD
 

そして、バッグには、キャンバス地のトートバッグを。上品で夏らしいホワイトレザーに施したボタニカル柄が特徴で、コーディネートの素敵なアクセントになります。国内産の帆布を使用しているので、やさしい手触りも魅力。アウトドアにはもちろん、休日の街歩きも楽しくしてくれるボタニカルなパートナーになること間違いなしです。
トートバッグ・ランチ ボタニカル・ボトムレザー
(キナリ×ボタニカルホワイト)
 
トートバッグ・ランチ ボタニカル・ボトムレザー
(キナリ×ボタニカルブラック)
 
 
海や山、自然の中での時間を楽しく、おしゃれにしてくれるボタニカルなお出かけグッズ。いっしょに出かけて、素敵な思い出をたくさん作りましょう。
 

2018.08.03

Herbal Life

Herbal Life29
ひまわりのアレンジで、夏を元気に明るく

青空や太陽が似合う、夏を代表する花、ひまわり。黄色い花の色はビタミンカラーと呼ばれ、見る人を元気にしてくれます。色合いの異なる品種も揃っていますので、お部屋に合わせてアレンジしてはいかがでしょうか。
 
今回のハーバルライフは、見ているだけで元気をくれる夏の花、ひまわりのアレンジをご紹介します。 
 

ビタミンカラーに輝くひまわりの魅力

ひまわりの和名「向日葵」は、ひまわりが太陽の方向を向いて咲く姿から名づけられたとされています。空に向かって真っ直ぐに成長し、大きな黄色い花を咲かせるひまわりは、まさに夏の元気の象徴です。お花屋さんで購入できる種類も増え、鮮やかな黄色の「サンリッチレモン」、「サンゴールド」といった品種から、オレンジがかった豊かな黄色が特徴の「サンリッチバレンシア」、「サンリッチオレンジ」などがあります。ひまわりに魅せられた画家、ビンセント・ヴァン・ゴッホが描いたひまわりをイメージして作られた「ゴッホのひまわり」や、印象派の画家クロード・モネにちなんで作られた、レモンイエローの花を咲かせる「モネのひまわり」といった素敵な名前のものも。元気いっぱいに開いた花びらと、すくすく伸びた長い茎をもつひまわりは、明るく華やかで、夏のインテリアにぴったりです。 
 

いろいろ楽しめる、ひまわりのアレンジ

外に咲いているひまわりほど大きくなく、お部屋の中でも楽しめる手頃なサイズのひまわりが「ビンセントタンジェリン」。気分をパッと明るくしてくれる、赤みがかった黄色が特徴です。10センチから13センチぐらいの大きさですが、飾る際は、できるだけお揃いの大きさの花を選びましょう。花瓶は涼しさを演出するために、透明のガラスのものがおすすめです。厚めの質感でどっしりとした感じの花瓶に、たくさんの本数を飾りましょう。まっすぐな茎のものだけでなく、あえて曲がったものを加えて、広々とした畑に咲くひまわりの自然の広がりをイメージしましょう。


続いては、レモンイエローの「モネのひまわり」と、花に少し赤味がかかった色合いの「サンリッチライチ」を使ったシックで落ち着いたアレンジ。ちょっと大人っぽい印象で、新鮮なひまわりとの出会いを楽しめます。同じぐらいの高さで花を揃え、花の向きも同じ方向を向かせると、花との対話が楽しめます。ひまわりは洋花ですが、民芸調の花瓶を使うことで趣きが加わり、素朴で涼しい印象になります。


ひまわりを活けるときに注意することは、茎が水に浸かっていると腐りやすいため、花瓶の中の水の量を控えめにしておくこと。ひまわりはとてもよく水を吸うので、こまめな水足しと水替えを忘れずに行いましょう。また、水に浸かっている切り口を水替え時にカットすると、その後の水揚げもよくなって、花も長持ちします。葉も傷みやすいので余計な葉は落としておくのもポイントです。
 
丸くて明るい、太陽のようなひまわり。まだまだ、これからが夏本番ですが、ひまわりのビタミンカラーで元気をもらい、暑さを乗り切ってください。