ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.10.05

Herbal Life

Herbal Life31
実りの秋のボタニカルアレンジ

10月、季節は実りの秋を迎えています。ぷっくりと自然の恵みを蓄えた植物の実は、目にするだけで豊かな気持ちにさせてくれます。秋にふさわしい緑や黄色、オレンジに輝く実のアレンジ。そして、この季節のお楽しみ、ハロウィーンを意識したボタニカルなアレンジで、お部屋を彩りましょう。

今回のハーバルライフは、秋の豊かな自然の恵みをお部屋で感じるアレンジを、オーダーメイドの花屋さん、OEUVRE(ウヴル)の田口一征さんに教えていただきます。
 

野ばらの実とコスモスのアレンジ

この時期、お花屋さんで手に入れることができる実ものが、「野ばらの実」や「山帰来」です。特に蔓が軽やかに伸び、可愛い実をつける野ばらはアレンジにおすすめです。合わせる花の色との調和を考えて、緑のものから、この季節ならではの少しオレンジに色が変わりかけたものなど、多彩な表情の実を選ぶことができます。また、実ものは一般に持ちがいいので、一緒に飾った花が傷んだら野ばらの実だけを残して、違ったアレンジを楽しむこともできます。さらに、その後にドライにしておけば、リースに使うこともできますよ。
 
まずは、野ばらの実と八重咲きの白コスモスのアレンジです。白コスモスは比較的大きな花が多く、花が重くて下向きになりやすいので、短めにして、小さめの花瓶に活けるのがポイントです。まだ青い緑の実と合わせると、明るく爽やかなアレンジを楽しめます。コスモスを選ぶときは、同じ大きさの花ばかりではなく、大小交えて揃えると、よりナチュラルな雰囲気のアレンジが楽しめます。
野ばらの実と八重咲きの白コスモスのアレンジ
 

さらに、緑とすこし赤みがかった野ばらの実に、黄花コスモス(キバナコスモス)とセロシアを合わせ、少し華やかなアレンジを作っていただきました。明るいオレンジの黄花コスモスは、この時期、お花屋さんでも人気の花。セロシアは別名、「野鶏頭」とも呼ばれ、紫とピンクの彩りを加えてくれます。セロシアはドライにしても色がしっかり残るので、ドライフラワーにして楽しむのもおすすめです。
野ばらの実と黄花コスモス、セロシアのアレンジ
  

秋のお楽しみ、ハロウィーンアレンジ

10月を迎えると、待ち遠しいのが「ハロウィーン」。ハロウィーンといえば黄色やオレンジのかぼちゃですが、そんなハロウィーンカラーをイメージした実と花のアレンジはいかがでしょう。秋のばらに合わせ、グリーンやオレンジ、黄色に実った実ものを加えます。ばらの実はちょっと大きめのローズヒップを選び、鮮やかな赤茄子なども入れましょう。ハロウィーンらしさをより出すためには、オレンジ系の色だけでなく、黒や紫の実もプラスするのがポイントです。黒鬼灯(くろほおずき)や色の濃いユニークな形の唐辛子で、ハロウィーンのお化けキャラクターをイメージ。華やかな中に楽しい形が見え隠れします。
 ばらと秋の実のハロウィーンアレンジ
 
田口さんによると、「実ものを積極的にアレンジに加えることで、花にない色合いや形が加わり、アレンジに広がりと深みがでる」とのこと。実りの秋、お部屋の中に実もののアレンジを飾って、豊かな季節を感じてみてはいかがでしょうか。