ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.08.31

Botanical Journey

Botanical Journey9
ニューヨークの街を変えた植物の力、「The High Line-ハイライン」

「The High Line-ハイライン」とは、マンハッタンのビルの合間を縫うように伸びる不思議な空中公園。廃線になった貨物鉄道の高架の上に作られたこの遊歩道公園が、ニューヨーカーはもちろん、世界中から訪れる観光客の注目を集めています。
 
今月のボタニカルジャーニーは、ニューヨーク・マンハッタンの新たな自然のオアシス、「The High Line-ハイライン」をご紹介します。
  
 

「The High Line-ハイライン」

かつてニューヨークのマンハッタン南西地区、ハドソン川に近い12丁目から34丁目付近のエリアには、様々な製造業や倉庫が軒を連ねていました。その地区を南北に縫うように1930年代に作られたのが、貨物専用の高架鉄道。しかし、1950年代にハイウエイが作られ、貨物輸送が車に取って代わられると、高架線は廃墟となっていきました。それから時を経て、再びこの高架線が注目を集めるようになったのは、いつの間にか生い茂った植物や花の存在でした。忘れ去られた高架線の中で自然に植物が育ち、線路のいたるところに緑を増やし、静かに花を咲かせていたのです。
線路脇の草花
 
1990年代の終わり、大都市の中で奇跡的に守られていた歴史的建造物と、そこに育まれた豊かな自然環境に注目して結成されたのが、非営利団体の「Friends of the High Line」。メンバーの近隣住民や都市計画を学んだ若者たちは、公園化のアイディアを発信し始め、市当局やデビッド・ボウイなどニューヨークのセレブたちからの支持を得て、ついに2002年に新たな公園の建設計画が進められることになりました。
 
ハイラインの花や緑は、ニューヨークの自然の環境に育ったものに限り100種類以上。ビルの3階の高さに匹敵する高さ10mに近い場所で、自然を楽しめるようになっています。南側の入り口、GANSEVOORT STREETから北側の入り口34丁目まで、その「空中公園」の長さは約2.33kmに及んでいます。  
ビルの間を縫うように走る緑の遊歩道
  
 

ニューヨークの街を変えた植物の力

空中を走るハイラインの植栽デザインを手がけたのは、オランダの世界的なガーデンデザイナーのピエト・オウドルフさん。グラス植物を多用し、植物本来の力と美しさを信じ、自然の野原に近い環境を作り出すことにこだわるのがピエト・オウドルフさん流の庭園デザイン。冬の大雪や寒さで植物が枯れて葉を落としても、それを本来の自然の姿ととらえて、都市と自然と人の共存をメッセージしています。草花の中には線路のレールがそのまま残され、ニューヨークの時代の流れを今に伝える歴史の証言者の役割も果たしています。
レールのそばに植えられた低木
 
道路から公園へのアクセスは階段を登りますが、エレベーターも設置され、バリアフリーも徹底。マンハッタンの摩天楼やすぐそばを流れるハドソン川を眺めるウッドステップや、ストリートを見下ろせるガラス窓を設置したり、水の流れるデッキを作ったり、目に入る近隣のビルにはアート作品が置かれていたり壁画が描かれていたり。2km以上続くハイラインは、ニューヨークらしいエンターテインメントに溢れています。
ベンチの置かれたデッキ
 
地域住民と若者たちの構想から約20年。ほぼ全区間の完成を迎え、その木々や草花の存在は、周辺の人々の心や都市計画に大きな影響を与えています。2015年には、最南端の入り口の隣にアメリカの近代と現代美術の殿堂であるホイットニー美術館が移転オープン。その後も周辺には続々と、自然環境保護や文化、アートの分野に重きを置く企業や団体がメインオフィスを移し、高級コンドミニアムやホテルの建設も進んでいます。ニューヨークの新たな文化発信の拠点となったハイラインの周辺は治安が改善するなど、地域の活性化に大きく貢献しています。是非、この秋、訪れてはいかがでしょう。