ノエビア

Menu

「南大東島の海塩N」「南大東島のにがりN」を使ったレシピのご紹介

「南大東島の海塩N」「南大東島のにがりN」を使ったレシピのご紹介

南大東島の海塩Nと南大東島のにがりNのおいしい召し上がり方
南大東島の海塩Nと南大東島のにがりNのおいしい召し上がり方
おにぎりイメージ
おにぎりイメージ

おにぎり

【材料】
お米:5合
南大東島の海塩N:15g
南大東島のにがりN:6滴

【作り方】
1. お米を研ぎ、南大東島のにがりを6滴入れて炊き上げる。
(少し水を控えめで炊くことがポイント)
2. 炊き上がったらご飯をボールに移し、ご飯がつぶれないように南大東島の海塩をまんべんなく混ぜる。
3. ご飯を適量とって優しくにぎる。
卵焼きイメージ
卵焼きイメージ

卵焼き

【材料】(4人分)
卵:5個
南大東島の海塩N:3g
南大東島のにがりN:1~2滴
ノエビア 健康バランスオイル:適量

【作り方】
1. 卵をボールに割り、南大東島の海塩を入れてよくかき混ぜる。
2. 南大東島の海塩が溶けたら、南大東島のにがりを入れる。
3. 卵焼き用フライパンを火にかけ、健康バランスオイルをひき熱する。
4. おたま1杯分流し込み、大きな気泡だけつぶし三つ折にする。
5. 卵をフライパンの奥にずらし、おたま1杯分の卵を入れ「4」を繰り返す。
(卵焼きの下にも流し入れることを忘れないでください)
6. 残りの卵を全て流し入れ焼き上げる。
手作り豆腐イメージ
手作り豆腐イメージ

手作り豆腐

【材料】
成分無調整豆乳:1L
南大東島のにがり:5~10mL(小さじ1~2杯)

【作り方】
1. 成分無調整の豆乳1Lに、にがりを5~10mL(小さじ1~2杯)加え、大きめのスプーンなどで泡立てないようにゆっくりかきまぜます。
2. 150~200mL(1人分ずつ)を耐熱容器に移し、ラップをして加熱します。
500~600Wの電子レンジで90秒程度加熱します。
固まりが弱い場合は、10秒刻みで様子を見ながら加熱します。
表面全体がなめらかに固まり、斜めに傾けたときにゆれる位が目安です。
ラップをしたまま10分程度放置して、熱を冷まします。
3. やわらかな豆腐ができあがります。約30分放置すると、器からひっくり返すことができるほどに固まります。
4. お好みで、南大東島の海塩Nを適量かけてお召し上がりください。

※豆乳の種類や加熱方法によっては固まらない場合があります。
※余熱を上手に使うことが、やわらかくおいしい豆腐を作るポイントです。
※加えるにがりの量が多いと固い豆腐に仕上がります。用いる豆乳やお好みに合わせて量を調整してください。

その他、こんな使い方もおすすめです
その他、こんな使い方もおすすめです

南大東島の海塩N

南大東島の海塩N

浅漬け・漬物イメージ
浅漬け・漬物イメージ

浅漬け・漬物に

塩の味と素材のもつ味がよく分かる食べ方のひとつです。 ミネラルが野菜の旨味を引き出すので、シャキッとした歯ごたえと味の広がりを お楽しみいただけます。

お寿司やお刺身、てんぷら、焼き鳥、焼き魚などにもお使いいただけます。

南大東島のにがりN

南大東島のにがりN

飲料水イメージ
飲料水イメージ

飲料水に

グラス1杯(150~200ml)の水に1~2滴を加え、よく混ぜます。一日に4~5杯が目安です。味がまろやかになりお召し上がりいただけます。

お米イメージ
お米イメージ

お米に

ご飯を炊く際に加えるとふっくらとつややかなご飯になります。お米3合あたり20滴くらいを目安に加え、よく混ぜてから炊いてください。

ドレッシングイメージ
ドレッシングイメージ

ドレッシングに

ドレッシングに数滴加えてください。味わいが広がるので、加える塩分の量を少なくすることができます。

煮物イメージ
煮物イメージ

煮物に

にがりの保水効果で素材がやわらかくなり、煮くずれを防ぐといわれています。料理に数滴加えてお使いください。

南大東島の海塩N 詳しくはこちら
南大東島の海塩N 詳しくはこちら
南大東島のにがりN 詳しくはこちら
南大東島のにがりN 詳しくはこちら