ノエビア

Menu
ノエビアを体験する
ノエビアを体験する
植物へのこだわり 使い心地という品質 安全性への追求 未来へ向けて

すべての女性に美しさと輝きを、それがノエビアの願いです

日本のハーバルスキンケアのパイオニアとして、私たちノエビアはその誕生よりずっと植物研究と成分分析を続けています。その目的は、肌本来がもつ美しくなろうとするちからを植物のめぐみで引き出すこと。

それは私たちノエビアが、肌にとってもっとも自然なかたちで植物の計り知れない神秘のパワーを届けることで、年齢や季節、環境によって、揺らぐことのない真の美しさをもたらすことができると確信しているからにほかありません。

そして、肌にとっての自然を極めるため、肌が本来もっている皮脂膜に近い化粧品を追求。自然を科学し、やさしさだけでなく、確かな実感と幸福感をその肌へ。それが、ノエビア・ハーバルスキンケアのこだわりなのです。

すべての女性に美しさと輝きを、それがノエビアの願いです

すべての女性に美しさと輝きを、それがノエビアの願いです

日本のハーバルスキンケアのパイオニアとして、私たちノエビアはその誕生よりずっと植物研究と成分分析を続けています。その目的は、肌本来がもつ美しくなろうとするちからを植物のめぐみで引き出すこと。

それは私たちノエビアが、肌にとってもっとも自然なかたちで植物の計り知れない神秘のパワーを届けることで、年齢や季節、環境によって、揺らぐことのない真の美しさをもたらすことができると確信しているからにほかありません。

そして、肌にとっての自然を極めるため、肌が本来もっている皮脂膜に近い化粧品を追求。自然を科学し、やさしさだけでなく、確かな実感と幸福感をその肌へ。それが、ノエビア・ハーバルスキンケアのこだわりなのです。

なぜ、植物?

長い歴史のなかで認められた高い有効性と安全性

なぜ、植物なのでしょうか?私たち人間は、古くからさまざまな植物の効用を取り入れる知恵を積み重ねてきました。ヨーロッパの植物療法もそのひとつです。それは、植物の効果を利用することで、トラブルを改善するだけでなく、本来の治癒力を高めてトラブルの起きにくい健全な状態に導くという伝統療法。その起源は古代ギリシャまでさかのぼると言われています。

そのような長い歴史のなかで、高い効能と安全性が認められてきた植物たち。だからこそ、植物のちからを応用することで、肌にとって自然で、かつ根本的な美しさを引き出す化粧品づくりができるのではないか。その想いから誕生したのがノエビアのハーバルスキンケアなのです。植物にこだわる大きな理由のひとつがそこにあります。

環境によって変わるちからを徹底的に分析

植物は私たち人間と違ってその場を移動することができません。だから、過酷な自然環境のなかで、自らを守り、生き抜く類まれなるちからをそのなかに発達させてきました。極度な乾燥から身を守るちから。強烈な紫外線を防御するちから。傷ついたダメージを修復するちから。これらのちからは、面白いことに育った環境や、植物の部位、土壌によっても大きく違ってくるのです。

例えば、クチナシの実。紫外線量の多い南大東島で育ったものと、本土で育ったものでは、南大東島で育った実のほうがより豊富な抗酸化成分が含まれます。例えば、イチョウの葉。新芽と生育した生葉を比較すると、その中に含まれる成分や量に違いが見られます。こうしたさまざまな違いも見逃すことなく、肌のために生かしたい。私たちノエビアは、植物のエキスを単に抽出するだけでなく、育てる地域や採取する時期、そして、その土壌にいたるまで、より多角的な角度から徹底した植物研究と分析を続けているのです。


ハーバルスキンケアのパイオニアとして

創業当時から受け継がれるパイオニア精神

私たちノエビアが、ハーバルスキンケアの開発をスタートさせたのは1970年代のこと。その当時の日本には、まだ自然派といえる化粧品はなく、化粧品の原料を自然界に求めることも一般的ではありませんでした。

植物のもつはかりしれない効能を自らの研究によって明らかにし、それを最良の形で化粧品へと生かしていく。そのために、最先端の技術を導入し、どこよりも多くの植物を、さまざまな角度からより緻密に徹底的に研究・分析していくことが私たちの使命と考えています。それは、ハーバルスキンケアのパイオニアとしての誇り。その精神は、創業当時からずっと受け継がれているのです。

未知なる植物成分を探すために実験農場も

どこよりも先駆けて植物の未知なる有用性を探し出すために、私たちは北海道暑寒別岳に化粧品メーカーとしては稀少ともいえる実験農場も設けました。およそ東京ドーム150個分に匹敵する広大な土地を有するパイロットファームでは、冬は豪雪地帯となる特有の厳しい気候で育つ自生の植物を研究するとともに、さまざまな薬草の栽培を行っています。

ストレスの多くかかる自然環境の厳しい土地では、植物の成分が変化し、有用性が高まる場合があります。あえて厳しい気候の土地にパイロットファームを設け、自ら栽培し、採取することで、無限の可能性を秘める植物の研究をより深めているのです。

2300種類の植物を研究分析、特許は147件

ノエビアの研究者たちは、環境の厳しい世界中の地域から稀少価値の高い植物を自ら足を運び採取してきます。研究者自らが赴くのは、その植物が育った環境や条件をその目でその感覚でしっかりと確認するため。そうして研究した植物の数は、約2300種類にも及びます。

そのひとつひとつを、150種類の項目で分析。丹念に調べ上げた植物の基礎データはノエビアの大きな財産のひとつ。それらをもとに、多くのエビデンスを検証し、147件にも及ぶ植物成分の特許を取得しています。植物の美しさを引き出すちからを確かなかたちとしても実証しているのです。

※2016年11月30日現在

北海道暑寒別岳パイロットファーム


独自の植物配合論

膨大なデータベースをもとに最高の組み合わせを

ノエビアは、植物エキスを適材適所に組み合わせ、お互いが高め合う、独自の配合論にこだわってきました。それは、肌が本来もっている多様なはたらきにあわせて、それぞれアプローチの異なる植物成分を配置することが重要と考えるからです。

例えるなら、交響曲を奏でるオーケストラ。ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、トランペット、ティンパニ…。それぞれが各パートを完璧にこなすことで、ひとつの壮大な曲が完成します。どの音がひとつ足りなくなっても多すぎても、そのハーモニーは乱れてしまう。だから、適材適所に美しい音色を奏でる逸材をバランスよく配置すること。オーケストラが完璧な交響曲を奏でるのと同じように、植物も適材適所に配置しこれ以上ない組み合わせをつくりあげる。それこそが、年齢によって、季節によって、環境によって、ゆらぐことのない美しさを育むために必要なこと。どこよりも多くの植物を緻密かつ徹底的に研究・分析しているからこそ、最適な組み合わせがわかる。それは、積み重ねてきた植物研究の叡智があるノエビアだからこそ実現し得る絶妙の植物配合論なのです。

植物へのこだわりを閉じる植物へのこだわり を閉じる

なぜ、植物?

長い歴史のなかで認められた高い有効性と安全性

なぜ、植物なのでしょうか?私たち人間は、古くからさまざまな植物の効用を取り入れる知恵を積み重ねてきました。ヨーロッパの植物療法もそのひとつです。それは、植物の効果を利用することで、トラブルを改善するだけでなく、本来の治癒力を高めてトラブルの起きにくい健全な状態に導くという伝統療法。その起源は古代ギリシャまでさかのぼると言われています。

そのような長い歴史のなかで、高い効能と安全性が認められてきた植物たち。だからこそ、植物のちからを応用することで、肌にとって自然で、かつ根本的な美しさを引き出す化粧品づくりができるのではないか。その想いから誕生したのがノエビアのハーバルスキンケアなのです。植物にこだわる大きな理由のひとつがそこにあります。

環境によって変わるちからを徹底的に分析

植物は私たち人間と違ってその場を移動することができません。だから、過酷な自然環境のなかで、自らを守り、生き抜く類まれなるちからをそのなかに発達させてきました。極度な乾燥から身を守るちから。強烈な紫外線を防御するちから。傷ついたダメージを修復するちから。これらのちからは、面白いことに育った環境や、植物の部位、土壌によっても大きく違ってくるのです。

例えば、クチナシの実。紫外線量の多い南大東島で育ったものと、本土で育ったものでは、南大東島で育った実のほうがより豊富な抗酸化成分が含まれます。例えば、イチョウの葉。新芽と生育した生葉を比較すると、その中に含まれる成分や量に違いが見られます。こうしたさまざまな違いも見逃すことなく、肌のために生かしたい。私たちノエビアは、植物のエキスを単に抽出するだけでなく、育てる地域や採取する時期、そして、その土壌にいたるまで、より多角的な角度から徹底した植物研究と分析を続けているのです。


ハーバルスキンケアのパイオニアとして

創業当時から受け継がれるパイオニア精神

私たちノエビアが、ハーバルスキンケアの開発をスタートさせたのは1970年代のこと。その当時の日本には、まだ自然派といえる化粧品はなく、化粧品の原料を自然界に求めることも一般的ではありませんでした。

植物のもつはかりしれない効能を自らの研究によって明らかにし、それを最良の形で化粧品へと生かしていく。そのために、最先端の技術を導入し、どこよりも多くの植物を、さまざまな角度からより緻密に徹底的に研究・分析していくことが私たちの使命と考えています。それは、ハーバルスキンケアのパイオニアとしての誇り。その精神は、創業当時からずっと受け継がれているのです。

未知なる植物成分を探すために実験農場も

どこよりも先駆けて植物の未知なる有用性を探し出すために、私たちは北海道暑寒別岳に化粧品メーカーとしては稀少ともいえる実験農場も設けました。およそ東京ドーム150個分に匹敵する広大な土地を有するパイロットファームでは、冬は豪雪地帯となる特有の厳しい気候で育つ自生の植物を研究するとともに、さまざまな薬草の栽培を行っています。

ストレスの多くかかる自然環境の厳しい土地では、植物の成分が変化し、有用性が高まる場合があります。あえて厳しい気候の土地にパイロットファームを設け、自ら栽培し、採取することで、無限の可能性を秘める植物の研究をより深めているのです。

2300種類の植物を研究分析、特許は147件

ノエビアの研究者たちは、環境の厳しい世界中の地域から稀少価値の高い植物を自ら足を運び採取してきます。研究者自らが赴くのは、その植物が育った環境や条件をその目でその感覚でしっかりと確認するため。そうして研究した植物の数は、約2300種類にも及びます。

そのひとつひとつを、150種類の項目で分析。丹念に調べ上げた植物の基礎データはノエビアの大きな財産のひとつ。それらをもとに、多くのエビデンスを検証し、147件にも及ぶ植物成分の特許を取得しています。植物の美しさを引き出すちからを確かなかたちとしても実証しているのです。

※2016年11月30日現在

北海道暑寒別岳パイロットファーム


独自の植物配合論

膨大なデータベースをもとに最高の組み合わせを

ノエビアは、植物エキスを適材適所に組み合わせ、お互いが高め合う、独自の配合論にこだわってきました。それは、肌が本来もっている多様なはたらきにあわせて、それぞれアプローチの異なる植物成分を配置することが重要と考えるからです。

例えるなら、交響曲を奏でるオーケストラ。ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、トランペット、ティンパニ…。それぞれが各パートを完璧にこなすことで、ひとつの壮大な曲が完成します。どの音がひとつ足りなくなっても多すぎても、そのハーモニーは乱れてしまう。だから、適材適所に美しい音色を奏でる逸材をバランスよく配置すること。オーケストラが完璧な交響曲を奏でるのと同じように、植物も適材適所に配置しこれ以上ない組み合わせをつくりあげる。それこそが、年齢によって、季節によって、環境によって、ゆらぐことのない美しさを育むために必要なこと。どこよりも多くの植物を緻密かつ徹底的に研究・分析しているからこそ、最適な組み合わせがわかる。それは、積み重ねてきた植物研究の叡智があるノエビアだからこそ実現し得る絶妙の植物配合論なのです。

植物へのこだわりを閉じる植物へのこだわり を閉じる

肌にとっての自然を極めること。それはノエビアの原点

安心・安全であるのはもちろん、肌本来の仕組みを損なうことなく自然なアプローチで、よりよい結果を追求するのが私たちの使命。そして、たどりついたのが、肌本来がもっている皮脂膜の存在です。

皮脂膜は、肌を外的刺激や乾燥から守っているいわば天然のバリアクリーム。でも、加齢や乾燥によって不足しがちになってしまう傾向に。その皮脂膜を、限りなく皮脂に近い成分で補うことができたら、肌にとってもっとも自然でかつ有効ではないかと私たちは考えました。

そして、皮脂の成分を研究し、脂肪酸、ミツロウ、ホホバ油、スクワランという4つの天然由来の成分を探しあてました。これらの成分を応用することで、肌本来の仕組みに基づいた、季節や年齢を問わず使える肌に自然な化粧品が生まれました。ノエビアの肌に負担なく自然にとけ込むような使い心地の基本がここにあります。

独自の乳化技術で安全と心地よさを

使い心地の決め手となるのは“乳化”という工程です。水と油を混ぜることで皮脂膜に近い状態をつくり出すのが“乳化”という技術。化粧品づくりには欠かすことのできない工程ですが、ここで必要になってくるのが水と油をつなぐ界面活性剤。

ノエビアは、もともと肌に存在する脂肪酸やアミノ酸などを利用することで、独自の乳化技術を完成させました。これにより、高い安全性とともに、角層の奥深くすみずみまで素早く浸透する使い心地も。使っている人が幸福感を感じる感触を求めて。その実現のために、ノエビアの乳化技術は、さらなる進化を目指しています。


毎日使い続けたくなるテクスチャー

素肌にとけ込む至福の使い心地も科学的に分析

独自の乳化技術によって生まれた、本来の素肌に限りなく近い化粧品は、肌になめらかに広がり、深部にまで吸い込まれるようなテクスチャーが特徴です。ベタつきや違和感がなく、素肌に同化していくような浸透感は、毎日使い続けたくなる至福の使い心地。

そして、そうした感触の心地よさはホルモン分泌や脳、心にも大きな影響を与えることにも、私たちノエビアは早くから注目してきました。より、心へと届く化粧品を目指して、使い心地と脳との関係を科学的に分析する研究も進めています。

使い心地という品質を閉じる使い心地という品質 を閉じる

肌にとっての自然を極めること。それはノエビアの原点

安心・安全であるのはもちろん、肌本来の仕組みを損なうことなく自然なアプローチで、よりよい結果を追求するのが私たちの使命。そして、たどりついたのが、肌本来がもっている皮脂膜の存在です。

皮脂膜は、肌を外的刺激や乾燥から守っているいわば天然のバリアクリーム。でも、加齢や乾燥によって不足しがちになってしまう傾向に。その皮脂膜を、限りなく皮脂に近い成分で補うことができたら、肌にとってもっとも自然でかつ有効ではないかと私たちは考えました。

そして、皮脂の成分を研究し、脂肪酸、ミツロウ、ホホバ油、スクワランという4つの天然由来の成分を探しあてました。これらの成分を応用することで、肌本来の仕組みに基づいた、季節や年齢を問わず使える肌に自然な化粧品が生まれました。ノエビアの肌に負担なく自然にとけ込むような使い心地の基本がここにあります。

独自の乳化技術で安全と心地よさを

使い心地の決め手となるのは“乳化”という工程です。水と油を混ぜることで皮脂膜に近い状態をつくり出すのが“乳化”という技術。化粧品づくりには欠かすことのできない工程ですが、ここで必要になってくるのが水と油をつなぐ界面活性剤。

ノエビアは、もともと肌に存在する脂肪酸やアミノ酸などを利用することで、独自の乳化技術を完成させました。これにより、高い安全性とともに、角層の奥深くすみずみまで素早く浸透する使い心地も。使っている人が幸福感を感じる感触を求めて。その実現のために、ノエビアの乳化技術は、さらなる進化を目指しています。


毎日使い続けたくなるテクスチャー

素肌にとけ込む至福の使い心地も科学的に分析

独自の乳化技術によって生まれた、本来の素肌に限りなく近い化粧品は、肌になめらかに広がり、深部にまで吸い込まれるようなテクスチャーが特徴です。ベタつきや違和感がなく、素肌に同化していくような浸透感は、毎日使い続けたくなる至福の使い心地。

そして、そうした感触の心地よさはホルモン分泌や脳、心にも大きな影響を与えることにも、私たちノエビアは早くから注目してきました。より、心へと届く化粧品を目指して、使い心地と脳との関係を科学的に分析する研究も進めています。

使い心地という品質を閉じる使い心地という品質 を閉じる

より高品質な原料を求めて

毎日安心して使える化粧品を

安心かつ安全なものづくりを徹底させることもノエビアの強いこだわりです。そのために、私たちが取り組んでいるのは、不要なものを徹底して取り除くこと。

植物であれば、すべてが肌に優しく安全であるとは言えません。だから、ひとつひとつの安全性をさまざまなアプローチから科学的に確認することはもちろん、厳選した植物成分は、高い精製技術を導入し、手間と時間をかけて、肌に不要なものはとことん排除しています。毎日安心してお使いいただくために、その品質は常により高いものを目指しています。


厳しい試験による確かな安全性

創業以来、たゆまず続けられている安全性の追求

肌にとって自然。それを叶えるべく私たちは、本来の肌にもっとも近い原料を自然界のなかから厳選しています。肌みずからが美しくなる力を引き出し、そして、肌へのやさしさも同時に叶えてくれる、それこそが最良の選択だと信じているから。

そして、1品1品の完成した化粧品はもちろん、その原料の段階から、いくつもの厳格なテストを繰り返し、それをパスしたものだけを商品化。近年は、肌細胞の培養技術の進歩により、配合している成分の有効性とともに安全性においてもよりクリアに確認することができるようになっています。そうした厳しい条件のもと、確かな安全性を確認した商品だけを私たちはひとつひとつ自信をもってお届けしているのです。

安全性の追求 を閉じる安全性の追求 を閉じる

より高品質な原料を求めて

毎日安心して使える化粧品を

安心かつ安全なものづくりを徹底させることもノエビアの強いこだわりです。そのために、私たちが取り組んでいるのは、不要なものを徹底して取り除くこと。

植物であれば、すべてが肌に優しく安全であるとは言えません。だから、ひとつひとつの安全性をさまざまなアプローチから科学的に確認することはもちろん、厳選した植物成分は、高い精製技術を導入し、手間と時間をかけて、肌に不要なものはとことん排除しています。毎日安心してお使いいただくために、その品質は常により高いものを目指しています。


厳しい試験による確かな安全性

創業以来、たゆまず続けられている安全性の追求

肌にとって自然。それを叶えるべく私たちは、本来の肌にもっとも近い原料を自然界のなかから厳選しています。肌みずからが美しくなる力を引き出し、そして、肌へのやさしさも同時に叶えてくれる、それこそが最良の選択だと信じているから。

そして、1品1品の完成した化粧品はもちろん、その原料の段階から、いくつもの厳格なテストを繰り返し、それをパスしたものだけを商品化。近年は、肌細胞の培養技術の進歩により、配合している成分の有効性とともに安全性においてもよりクリアに確認することができるようになっています。そうした厳しい条件のもと、確かな安全性を確認した商品だけを私たちはひとつひとつ自信をもってお届けしているのです。

安全性の追求 を閉じる安全性の追求 を閉じる

現在、そして未来へ

アンチエイジングへの積極的な取り組み

ノエビアの研究は今も絶え間ない進化を遂げています。肌細胞の培養が可能となった現在では、植物成分のより正確で詳細な有効性を見極めることも可能になりました。

さらに、さまざまな研究機関や大学との連携によって、遺伝子研究にも本格的に取り組んでいます。例えば、保湿や美白、炎症に関わる遺伝子のひとつひとつの働きを観察することで、植物成分の組み合わせにどんな未知の効果が潜んでいるか、またどこに作用するかなど、科学の目でしっかりと検証できるようになったのです。

未来に向けて、エイジングに悩む女性たちの肌に新たな感動を与えたい。そのために、ノエビアは、常に最先端の研究と技術に取り組んでいるのです。

脳や心への影響についても最先端を研究 

より美しく、より健康で豊かに生きるために。ノエビアは、脳や心のサイエンスにまで及ぶ新たな領域へと研究を広げています。それは、スキンケアをすることで、使い心地や香りなどの五感を通して、脳や心と常にコミュニケーションをかわしていると考えるから。心地よいスキンケアやフェイシァルマッサージが、脳血流を変動させることも明らかにしました。

人がより美しく健やかにあるために。私たちは、創業当時より積み重ねてきた膨大な植物研究のデータベースをもとに、さまざまな研究機関や大学との連携をはかることで、これからも新分野への研究に挑戦していきたいと思っています。

未来へ向けて を閉じる未来へ向けて を閉じる

現在、そして未来へ

アンチエイジングへの積極的な取り組み

ノエビアの研究は今も絶え間ない進化を遂げています。肌細胞の培養が可能となった現在では、植物成分のより正確で詳細な有効性を見極めることも可能になりました。

さらに、さまざまな研究機関や大学との連携によって、遺伝子研究にも本格的に取り組んでいます。例えば、保湿や美白、炎症に関わる遺伝子のひとつひとつの働きを観察することで、植物成分の組み合わせにどんな未知の効果が潜んでいるか、またどこに作用するかなど、科学の目でしっかりと検証できるようになったのです。

未来に向けて、エイジングに悩む女性たちの肌に新たな感動を与えたい。そのために、ノエビアは、常に最先端の研究と技術に取り組んでいるのです。

脳や心への影響についても最先端を研究 

より美しく、より健康で豊かに生きるために。ノエビアは、脳や心のサイエンスにまで及ぶ新たな領域へと研究を広げています。それは、スキンケアをすることで、使い心地や香りなどの五感を通して、脳や心と常にコミュニケーションをかわしていると考えるから。心地よいスキンケアやフェイシァルマッサージが、脳血流を変動させることも明らかにしました。

人がより美しく健やかにあるために。私たちは、創業当時より積み重ねてきた膨大な植物研究のデータベースをもとに、さまざまな研究機関や大学との連携をはかることで、これからも新分野への研究に挑戦していきたいと思っています。

未来へ向けて を閉じる未来へ向けて を閉じる