ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.05.25

Botanist

Botanist26
神代植物公園、世界に誇るバラ園の魅力

東京都調布市にある神代植物公園のバラ園は、世界からも高い評価を得る日本を代表するバラ園です。1961年の開園当初から多くのバラを植栽し、日本のバラ栽培の歴史を刻んできました。5月は「春のバラフェスタ」も開催中です。
  
今月のボタニストは、世界のバラを育て未来に受け継ぐ、神代植物公園のバラ園の魅力をご紹介します。

 

神代植物公園が守る、世界のバラの美しさと伝統

神代植物公園のバラ園は、1959年に日米親善のためロサンゼルス市から贈られた80品種のバラをもとに作られました。この時期、色とりどりのバラが庭園一面に咲き、早朝にはバラの香りで満たされます。4000年以上前から北半球の温帯域に自生する「野生種」、ギリシャ・ローマ時代からヨーロッパで盛んに栽培された「オールドローズ」、1867年以降「オールドローズ」と中国由来のバラとの交配から生まれた「モダンローズ(現代バラ)」など、現在では、400品種、5200株のバラを見ることができます。神代植物公園のバラ園は、名花の美しさを楽しむだけでなく、世界のバラの歴史を体験できるバラ園作りにこだわり、2009年にはイギリスに本部を置く「世界バラ会議」から「優秀庭園賞」を贈られるなど、名実ともに世界で高く評価されています。
  

伝統的なバラの名花や古株を大切にしながら、毎年変わらず美しい花を咲かせるための努力は、並大抵のものではありません。毎年の気候の変化や、年数の経過による株の老朽化などの状況を見極めて、バラ栽培では特に大切な土壌環境を整え、剪定の技術を高めるなどして、バラを守っています。そんな努力もあって、1959年にロザンゼルスから贈られた歴史的な名花「クイーンエリザベス」は、当時の株がそのまま今も変わらず、数多くの美しい花を毎年咲かせています。
クイーンエリザベス
 
 

未来と世界に向けたバラ作り

神代植物公園の活動は、それだけではありません。日本の野生種の「ノイバラ」がヨーロッパに渡り、世界のバラの品種をより豊かにしたように、日本や世界での新しいバラの交配や栽培支援にも尽力しています。バラ園の中には、3ヶ所の「国際バラコンクール花壇」が作られており、未発表のバラの品種コンクールも行っています。新しいバラの交配育種は、めしべに花粉をつけて、できた種子を蒔いて育て、作った苗から理想の花を選び出すことで行われてきました。納得できる花が生まれるには10年以上の年月が必要とも言われています。そうやって生まれた新品種のバラは、この花壇で2年間にわたり栽培、審査され、未来と世界に向けて新たなバラの魅力を発信しています。
栄光

また、バラの魅力は花の美しさだけでなく、その香りにもあります。バラの香りは、ジャスミン、すずらんと並んで三大花香とも呼ばれるほど。バラの香りは大きく七種に分けられ、強い甘さと華やかさを感じさせてくれる「ダマスククラシック」、情熱的で洗練された香りの「ダマスクモダン」、上品で優雅な「ティー」、爽やかさの際立つ「フルーティー」、甘さが印象的な「ブルー」、「スパイシー」、「アニス」などがあります。バラの香りは晴れた日の早朝から午前中に最も強くなるため、春と秋の開花の最盛期の週末には、その7種すべての新鮮な香りが楽しめるよう、早朝開園も行っています。
芳純
  
現在では2万種以上の品種が生まれ、世界でもっとも愛される花となったバラ。神代植物公園のバラ園は、太古からバラと人が歩んできた歴史や文化、そしてバラへの思いを、花の姿や香りを通して今に伝え、未来に繋げているのです。
 

2018.05.18

Botanical Recipe

Botanical Recipe26
おしゃれで美味しい、ドレミファームのピクルスの魅力

野菜を手軽にとれて、味も見た目も楽しめる瓶入りピクルス。様々な野菜が彩りも鮮やかに漬けられ、最近ではおしゃれな雑貨屋さんやセレクトショップでも売られるほどの人気になっています。保存もきくので、ちょっとした贈りものにも最適です。

今月のボタニカルレシピは、食品工房「ドレミファーム」が手がける野菜のピクルスの魅力と美味しさの秘密をご紹介します。
 
 

野菜を五感で楽しむピクルス

ドレミファームの瓶入りピクルスの魅力は、美味しさはもちろん、詰められた野菜の美しさと種類の多さです。色鮮やかな野菜の色や形が、食べる前から気持ちをわくわくさせてくれます。例えば一番人気の「ごぼうのピクルス」には同じ色合いのレンコンの輪切りが一緒に詰められていて、爽やかな白の配色と詰め方が絶妙です。また、「ミニトマトのピクルス」は黄色、オレンジの小さなトマトが、瓶の中で踊っているかのようです。
ごぼうのピクルス/ミニトマトのピクルス
 
ドレミファームを運営する高田幸雄さんは、もともと千葉県我孫子市で無農薬のいちごを作る農家でしたが、ピクルス作りに魅せられ、今では食品加工を専門に行っています。これまでに作ったピクルスは500種類以上。「野菜の美しさや美味しさを凝縮してお客さまに届けられることが、ピクルス作りの醍醐味」とおっしゃいます。旬の野菜をひとつひとつ手作業で加工し、小さな瓶に大切に閉じ込めています。大事なことは、五感を大切にした商品であること。見た目も美味しく感じられるように、種類によって切り方を変えたり、色が単一にならないようにして、瓶の中の野菜の色や形がきれいに見えるように工夫しています。また、「野菜の顔をしっかり見せたい」という思いもあって瓶にはラベルも貼られていません。ドレミファームのピクルスには、フランスの美術館での展示依頼が来たこともあり、芸術品としても認められた一品なのです。
 
 

ピクルスで野菜畑の元気を伝える

高田さんは、見た目だけでなくその味や食感にもこだわり、農家時代に築いた全国の農家との繋がりでこだわりの素材を集めています。大切なのは一つ一つの産地や、農家を訪れた時に感じる畑や作る人のエネルギー。「元気な畑で元気な農家に収穫された野菜は必ず美味しい」という、自身の感覚を大切にして食材を選んでいます。例えばごぼうは、青森で元気な、ある農家の作るものだけを使用。普通はピクルスでは使わない椎茸も、大きさが規格外というだけで捨てられていた、岩手の農家の栽培する椎茸の美味しさに魅せられて使用しています。一つ一つのピクルスの味や種類には、高田さんの農家を元気にしたいというメッセージが込められています。


ドレミファームが毎週末出店する「青山ファーマーズマーケット」では、他にも、ネギ、ブロッコリー、枝豆、筍など30種類以上のピクルスが常時陳列棚に並び、愛らしく色とりどりの野菜たちと、青空の下で会うことができます。「農業はまさにアート。作り手の魂が込められており、他の人には同じものができないから」と語る高田さん。味と見た目、五感を大事にして、元気な人の手で、元気な畑で育てられた野菜の魅力を私たちに届けてくれています。
青山ファーマーズマーケット
 
「ピクルスは、そのまま食べてもいいですし、残った液は捨てないでドレッシングにもおすすめです。また、トマトピューレを加えて、パスタソースにしても美味しいし、ピクルス自体をミキサーにかけたり、細かく切ってタルタルソースにしても独特の風味を楽しめます。実は、どんな野菜でどんなピクルスを作るかは、お客さんの反応を見て決めています。それぞれの野菜の声を聞き、お客さんの声を聞いているから、美味しいものを作り続けることができているのかもしれません」。こだわりの野菜とそれを食べてくれる人の声。どちらもが、ドレミファームのピクルスの美味しさにつながっているようです。


2018.05.11

Botanical Goods

Botanical Goods17
5月のインテリアが華やぐ、ガラスの花瓶の魅力

風薫る5月。ガラスの花瓶を持っておくと、5月ならではの花や植物を、お部屋に飾って楽しむのに重宝します。
キソケイ
 
今月のボタニカルグッズは、ガラスの花瓶を使った、5月の花や植物のアレンジを、緑の居場所デザインの市村美佳子さんに教えていただきます。
 
 

お部屋の中に新緑の風を運ぶガラスの花瓶

花瓶選びに迷ったとき、口の広がった、透明で大きめのガラスの花瓶を選ぶと、花や植物のアレンジの幅をより広げてくれます。5月のこの時期のおすすめは、「花木」と呼ばれる新緑の美しい枝ものの花や植物です。たとえば、一般に「カイドウ」とも呼ばれる「ハナカイドウ」は、リンゴと同属の落葉果樹で、その花の美しさは、昔から美人の代名詞として使われているほど。4月から5月にはその新緑の中に淡いピンクの花を咲かせます。
ハナカイドウ
 
また、同じ時期に甘く香る花を咲かせるのが「ライラック」。これらの花木をアレンジしやすいのが、口が広いガラスの花瓶です。枝数本を広がりをつけてアレンジすれば、新緑の葉や花の中に、爽やかな森の風が吹き抜けるようです。そして、透明のガラスの花瓶には、特にたっぷりと水を入れておくのもポイントです。ガラスを通して見る水の中の枝は、見るからに涼やかで、気温が上がるこの時期に、お部屋に涼を運んでくれます。また、花木は水に挿す部分の枝の葉を落としておくと、水もきれいに長持ちします。
ライラック
 
 

口細の花瓶で、アレンジに個性をプラス

口の小さな花瓶は、可憐な野の花などをさりげなく飾るのに便利ですが、艶やかで大きな花を挿しても、その魅力をより引き立ててくれます。5月から6月にかけて色鮮やかで高貴な花を咲かせるボタン科の多年草「シャクヤク」。色付きの口の小さなガラスの花瓶に一輪を挿すと、お部屋の中で花そのものの存在感が強調されます。飾るポイントは花を少しだけ真正面より角度をつけて挿したり、置く場所によって枝の長さを変えること。長くすればちょっとアンバランスな動きを楽しめ、短くすると落ち着きのある花の表情が演出できます。色付きの花瓶は、グレーや白の台に置くとすっきりまとまります。
シャクヤク
 
また、花でなくても緑の葉が美しいバラ科の落葉高木「ナナカマド」を活けておけば、毎日次々と緑の葉が開いてゆき、季節感ある新緑の表情をお部屋の中で味わうことができます。花瓶の色と葉の緑がマッチして、色の自然な広がりも楽しむことができます。
ナナカマド
 
新緑の季節5月ならではの緑の葉を持つ「花木」。植物の生命力をより楽しめ、元気をもらえます。透明感のあるガラスの花瓶で、水とともに涼しげな表情を楽しみたいですね。

 
 
市村美佳子 「緑の居場所デザイン」
様々な陶器を扱うショップや場所に自ら足を運び、お気に入りの花瓶を集めては定期的にショップを開いて紹介したり、フラワーアレンジのレッスンを行ったり。ショウウインドウやレストランのディスプレイデザインも手がけるなど、SHOP、LESSON、DISPLAYを通し「緑の居場所」の大切さをメッセージされています。
 

2018.05.04

Herbal Life

Herbal Life26
九州の野菜やフルーツを満喫、「或る列車」の至福の旅

列車の旅とともに、九州で採れた野菜やフルーツなど、厳選した地元食材を使ったスイーツコースを楽しめるのが、JR九州の「或る列車」です。スイーツコースをプロデュースするのは、料理を通して自然とのつながりを意識させてくれるシェフ、成澤由浩氏。九州の壮大な自然の景色を眺めながら、スイーツコースがいただける至福の旅を満喫できます。
或る列車
 
今月のハーバルライフは、九州の自然の食材から生まれた最高のスイーツを楽しめる列車の旅をご紹介します。
 

或る列車

明治39年(1906年)、当時の「九州鉄道」が発注したものの、活躍する機会のなかった豪華客車「九州鉄道ブリル客車」が、2015年、九州に蘇りました。それが、東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフである成澤由浩氏プロデュースのスイーツをコースでいただける至福の列車、「或る列車」です。
 
列車が走るのは長崎〜佐世保間。旬のフルーツをたっぷりと使ったスイーツやミニャルディーズ(お茶菓子)が楽しめます。素材はメイド・イン・九州。成澤シェフ自身が実際に九州各地の生産者を訪れ、五感で確かめた質の高いものだけを使用しています。また、器も九州の職人たちがこの列車のために特別に制作したオリジナル。九州の大自然の中、非日常感あふれる贅沢な時間を五感で体験できる列車の旅です。
或る列車 内装
  

九州の魅惑の自然と食材

“Innovative SATOYAMA Cuisine” というテーマで自然環境保護をメッセージする料理をつくり続ける成澤由浩シェフは、森林の再生保護をはじめ、日本の自然環境と食文化を守り、次の世代へと受け継いでいくための活動やメッセージも発信しています。今回手がけた「或る列車」のメニューも、その思いを九州ならではの食材、旬の味に込めて生み出したものです。
 
九州を訪れたお客さまを地元の食材でおもてなししたいと考え、九州を食材探しで巡る中で、まず、成澤シェフが驚いたのは、九州の食材の豊富さでした。スイーツ作りに欠かせない「バニラ」も、九州産のものを入手できたほか、和のスイーツ作りに使用する「抹茶」も、福岡産の最高級のもの。いちごやレモンなどのフルーツや、仕上げに使うハーブも九州産です。
 
九州の豊かで多様な自然と、そこで真摯に野菜やフルーツの生産に携わる人たちの存在が、この「或る列車」のスイーツコースを支えていると言えます。成澤シェフがこだわる、「人と自然が一緒になって生活に必要な食材や環境を守る」という思想が、メニューとなって実現されているのです。
 4月のカクテルスイーツ
「熊本県 レモンのバリエーションカクテル、大分県 ローズマリーの香り」
4月のスープスイーツ
「福岡県 イチゴと桜餅、紅麹ソース」
4月のメインスイーツ
「抹茶 福岡県 八女の茶畑」
4月のミニャルディーズ(お茶菓子)
「鹿児島県 スナップエンドウと鹿児島県 そら豆の大福」
「大分県 バラのレアチーズケーキ」
「福岡県 生クリーム、熊本県 ミルク、熊本県バターの チョコレートケーキ」
 

九州各地の野菜やフルーツをふんだんに使ったスイーツを、九州の自然の景色の中を走る列車の中でいただく。改めて人と自然とのつながりや、豊かな自然環境を未来につなげることの大切さを気づかせてくれるスイーツ体験と言えますね。
  
 

成澤由浩
東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ。自然環境をテーマにした魅力的な料理をつくると同時に、森林の再生保護、そして日本の自然環境と食文化を護り、次の世代へと繋いでいくための活動を行う。有識者会議「QUEST」を開き、日本各地に残された知識や技術を維持し、持続させる活動を世界に発信。今回の「或る列車」プロジェクトでは、レシピの考案のほか、調理クルーへの指導や食材・食器の選定も行う。
成澤由浩さん/NARISAWA店内