ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.04.27

Botanist

Botanist25
地球、その命の輝きを伝える思い

地球に生まれ、地球が育むさまざまな命を見つめ、作品を発表するネイチャーカメラマン、高砂淳二さん。その作品の根底には「全ての命には意味がある」という思いがあります。
Waterfall-Hawaii
 
今月のボタニストは、 地球の命を撮る写真家、高砂淳二さんの花や植物に向き合う思いをご紹介します。
 

生きものを育む、命のつながり

高砂淳二さんの写真家としての出発点は、海や海の中の生きものを写すことでした。海で生まれ、海で生きる魚や植物たち。その命の輝きに魅せられ、多くの作品を世に送り出してきました。そんな高砂さんが、植物の植生豊かなハワイに魅せられ、生きものを育むのは海だけではなく、花や植物でもあると思うようになります。昆虫や鳥の命を育む森や植物。そして、陸に生えている植物で、命をつなぐ私たち人間。「全ての命はつながり、それぞれに役目がある」。そんな思いを強く抱き、高砂さんの撮影のフィールドは海から陸へと広がり、海の生物だけでなく、花や植物たちの姿も追いかけるようになったのです。
Palm tree-Hawaii
  

美しき命の島 ハワイ

高砂さんが魅せられたハワイは、緑豊かな植物や華麗な花たちが独特の進化を遂げています。「ハワイを始めとする南の島は光が強く、青空も鮮やか。それに負けない色や姿を持っている花や植物は、見るからに人の目や心を惹きつけます。そんな遠い南の島や地球のどこかで人知れず咲く花や植物たちの命の輝きを伝えたいという想いが、僕の撮影のモチベーションをより高めてくれます。それぞれの命の鼓動を撮りたいという思いから、僕は花や植物を時により近くで撮影するようにしています。人、動物、そしてプランクトンだって、植物や花だって、全て平等な命であり、その命がつながることで、支え合って存在しているのが地球。地球に生きる僕らの身体は、地球が生んだ命の恵みで生きている。つまり、僕らも地球の一部であり、花や植物とともに同じ命の輪の中に存在しているのです」。そんな思いとともに高砂さんは命の存在を感じる全てのものにカメラを向け、命と対話しながら撮影を続けています。
Plumeria-Hawaii
  
Plumeria-Hawaii-2
 
「アロハ」というハワイの言葉には、母なる地球とすべての命に対しての「愛」、「感謝」の気持ちが込められているといいます。高砂さんは大地に感謝し、植物、花への愛、アロハを忘れない心を写真に託して伝えているのです。

 
 
高砂淳二 (たかさご・じゅんじ)
自然写真家。1962年、宮城県石巻市生まれ。ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行っている。海の環境NPO法人“OWS(Oceanic wildlife society)”理事。最新刊は「LIGHT on LIFE」(小学館)。
  

2018.04.20

Botanical Recipe

Botanical Recipe25
ハワイ発 アロハサラダのこだわり野菜

へルシー・フレッシュ・ローカルの3つのこだわりを持つハワイ発「アロハサラダ」。ヘルシーで美味しい野菜をお腹いっぱい楽しんで欲しいという、創業者の思いがこめられています。
 Aloha Passion(アロハパッション)
 
今月のボタニカルレシピは、ヘルシーで美味しい野菜を楽しく味わえる「アロハサラダ」をご紹介します。
 

へルシー・フレッシュ・ローカル アロハサラダ3つのこだわり

「アロハサラダ」は、創業者であるラフラノ夫妻の「ヘルシーで新鮮な食べものを子どもたちに食べさせたい」という思いから、2006年にハワイ、カイルアで誕生したサラダ専門店です。 現在、カイルア、カハラモール、カポレイ、パールリッジ、ダウンタウンに5軒のお店を構え、ヘルシー・フレッシュ・ローカルというコンセプトのもと、獲れたばかりの野菜やフルーツなど、ヘルシーかつフレッシュを第一にハワイ産の野菜にこだわったサラダメニューを提供しています。
 
この創業者の野菜への思いをそのままに、昨年末、日本でオープンしたのが「アロハサラダ 原宿店」です。ハワイと同じ、ヘルシー・フレッシュ・ローカルのコンセプトで、国産のこだわり野菜を提供しています。特にサラダの基本となる葉もの野菜は、九州・大分に自社農園を作り、農園のスタッフとアロハサラダを訪れるお客さまがダイレクトに繋がるシステムで、毎日美味しさを届けています。このように生産者の顔が見える野菜を提供すると同時に、土を使わず無菌状態で育てるという独自の技術で水耕栽培した野菜も提供。野菜の質や生産量、価格は天候によって大きな影響を受けますが、水耕栽培であれば、上質の野菜を常に安定的に届けることができるのです。これもアロハサラダの創業者の思いを日本で大切に守るための試みです。
アロハサラダ 原宿店
  

アロハサラダがこだわる、身体の喜ぶサラダメニュー

アロハサラダのメニューの特徴は、新鮮な野菜本来の味が楽しめるのはもちろん、その日の身体のコンディションに合わせ、自由にコーディネートできること。スーパーフード、グルテンフリーパスタ、グレインズなどヘルシーな自然の食材を豊富に揃え、野菜と組み合わせて自由に楽しく味わうことにこだわっています。また、テイクアウトでも持ち運びしやすいよう、独自に開発したカップも楽しげ。食べるときはカップの帯を外すと、食べやすいよう容器がお皿のように広がる仕組みになっています。
Aloha Passion(アロハパッション)
 

ハワイでも人気ナンバー1のメニューが、「Aloha Passion(アロハパッション)」。ケール、イエローグリーンリーフレタス、ベイビーリーフ、ルッコラにマンゴー、リンゴ、マスカット、メロン、クルミ、ドライクランベイリーなどたっぷりのフルーツが入ったベジタリアンサラダです。
 
また、「Ohana(オハナサラダ)」は、ケール、イエローグリーンリーフレタス、ベイビーリーフ、ルッコラ、プチトマト、アボカド、ショウガ、レッドオニオンなどに大豆ミートがトッピングされています。「Ohana」とはハワイ語で家族という意味。彩りも南の島の自然そのままの鮮やかさですが、ハワイの家庭で作られるサラダのように、家族の食欲もしっかり満足させてくれる一品です。
Ohana(オハナサラダ)
 

へルシー・フレッシュ・ローカルをメッセージするアロハサラダ。ハワイ産野菜の新鮮さ、美味しさにこだわり、サイドメニューだけではなくメインディッシュとしても楽しめる、まさに「身体が喜ぶ」サラダといえますね。
 

2018.04.13

Botanical Goods

Botanical Goods16
森や花、自然の香りで癒される

心を癒す森の香りや花の香り。森林浴気分にしてくれる国産ヒバのウッドブロックや、花の香りを閉じ込めたサシェをインテリアに取り入れて、自然の香りをお部屋で楽しんでみませんか。
 青森ヒバ
 
植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、花や森の癒しをお部屋で実感できる、香りのボタニカルグッズをご紹介します。
 

お部屋で楽しむ森の香り、天然青森ヒバグッズ

古くから寺社仏閣の建材に使われてきた日本固有の樹木「青森ヒバ」。木曾ヒノキ、秋田スギと並んで日本三大美林と言われ、下北半島に広く分布し、8割以上が青森県で育っています。北の厳しい風雪に耐え、ゆっくりと成長した青森ヒバは、きめ細かい木目と、すがすがしい香りが特長です。
 
その香りには、ヒノキチオールという成分が多く含まれ、気分を和らげリラックスさせてくれるといわれています。この貴重な天然青森ヒバの香りを手軽に楽しめるのが、Cul de Sac(カルデサック)の「AOMORI HIBA WOOD」です。樹齢250年以上の青森ヒバの廃材を主に利用して、自然をより近くに感じさせてくれるグッズが豊富にあります。青森ヒバのブロックにヒバ精油をしみこませて楽しむセットは、美しい木目が楽しめるほか、滑らかな肌触りが、香りとともに気持ちを落ちつかせてくれます。
 ヒバブロック+ヒバ精油
 
また、ヒバ薪と精油のセットは、見た目も木の自然観たっぷりで、自然そのものと触れる安らぎを感じさせてくれます。
 
ヒバ薪+ヒバ精油
  

エレガントな花の香り、サシェで気分をリフレッシュ

乾燥させたハーブや花、香料を入れた“香り袋”が サシェ。その起源はギリシャ時代に遡るほど、女性たちに長く愛されてきました。引き出しに入れたり、クローゼットに吊るしたり、バッグに入れて香りごと持ち歩いたり、さまざまに楽しめます。
 
St.Grails(サン・グレイル)の「クリスタルフレグランスサシェ」は、エレガントな香りと女性らしいデザインの両方を楽しめる、花の香りのサシェです。「香りの王様」と呼ばれるジャスミンの香りをつけた、5種類のドライローズがフランス製レースで包まれています。ジャスミンの華やかな香りと、ドライローズの柔らかく優しい香りが溶け合い、エレガントで優しい「香りの共演」が楽しめます。見た目もかわいく持ち歩きにも最適。クローゼット以外にも、ピローケースの中に入れると、お休み前の心を香りが優しく包んでくれます。
 クリスタルフレグランスサシェ
 
森や花の香りは自然そのもの。遠い子どものころの記憶が、季節に咲く花の香りで鮮やかに蘇るように、香りは私たちの気持ちにもっともダイレクトに届くものなのかもしれません。自然からの贈りものをライススタイルに取り入れて、植物の恵みで生き生きとした毎日を過ごしましょう。

2018.04.06

Herbal Life

Herbal Life25
五感が華やぐ、桜アフタヌーンティー

長かった冬が終わり、希望に満ちた季節の到来を告げる桜。1年のうち1度だけ巡りくる桜咲く春の日を、日本人なら誰でも楽しみにしています。その桜をスイーツで楽しむアフタヌーンティーはいかがでしょう。桜の季節の華やぎを、より印象的に心にとどめることができますね。
 コンラッド東京/さくら苺アフタヌーンティー
(デラックスアフタヌーンティー)

4月のハーバルライフは、ホテルで楽しむ「桜」がテーマのアフタヌーンティーをご紹介します。 
 

桜の “Kawaii”がテーマ。ザ・ペニンシュラ東京の「桜アフタヌーンティー」

桜を見て「可愛らしい」と思う気持ちをテーマとしたのが、皇居と日比谷公園の向かいに建つ「ザ・ペニンシュラ東京」の『桜アフタヌーンティー』。ホテルの顔ともいえるグランドフロアーに位置する、コンチネンタルダイニング「ザ・ロビー」で開催中です。

アフタヌーンティースタンドに可愛らしく散りばめられたスイーツたちは、オーストラリアの伝統菓子がピンク色をまとった“桜レミントン”、口どけ滑らかな“桜ゼリーのパンナコッタ”、桜餡が詰まったピンク色の“ラズベリー入り桜最中”、桜の花びらが入った“自家製スコーン”など、まさに桜づくし。ドリンクは、ウェルカムドリンクの“ドゥーツ桜ロゼ”のほか、18種類のティーセレクションからお気に入りの茶葉をセレクトすることができます。日本の“Kawaii”を象徴する上品なピンクで華やぐ演出を楽しみましょう。
ザ・ペニンシュラ東京/桜アフタヌーンティー
 

日本の春の魅力を演出。コンラッド東京の「さくら苺アフタヌーンティー」

桜だけでなく、抹茶やよもぎなどグリーンの和の食材も効果的に取り入れ、日本の自然、春の魅力をより印象的に演出するのが、浜離宮や東京湾、レインボーブリッジなどのパノラマビューが広がる「コンラッド東京」の『さくら苺アフタヌーンティー』。28階に位置するバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」で開催しています。

“桜ムースのタルト ストロベリージュレ”、“春色ロールケーキ 苺と桜のクリーム”、“桜餅と苺のヴェリーヌ”など、苺と桜がコラボレーションしたメニューたちがお出迎えしてくれます。ドリンクは、20〜30種類のティーセレクションからセレクトできるほか、アルコールも楽しめるプランも用意されています。
コンラッド東京/さくら苺アフタヌーンティー
(スタンダードアフタヌーンティー)


コンラッド東京『さくら苺アフタヌーンティー』を手がけるペストリーシェフの岡崎正輝さんは、桜の花びらの形や咲き具合にもこだわり、スイーツを創作します。特にこだわるのが「桜色」。自分が一番イメージが膨らむ桜色を追い求め、電車の窓から綺麗な色の桜を見つけると、わざわざ次の駅で降り、間近に色を目に焼き付けるそうです。

「スイーツ作りのインスピレーションを受ける花や植物、食材はすべて自然の生み出したもの。この世に同じものは一つとありません。そんな自然の魅力や恵みから、毎日同じ味、同じ食感を作り出していくことが、この仕事の醍醐味だと思っています。かわいくて小さなスイーツは満開の桜の迫力には負けるかもしれませんが、大切に作り上げた味で大きな感動を届けられたらと思っています」。自然と向き合うことが、岡崎正輝さんのスイーツ作りの原点といえますね。


今年の桜は散ってしまっても、桜と向き合って生まれたスイーツで、春の華やぎと始まりの季節の喜びを感じることができます。ホテルならではの贅沢な空間で楽しむアフタヌーンティーで、あらためて五感で春を感じてみませんか。