ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.03.30

Botanical Journey

Botanical Journey7
可憐で黄色い春の誘惑、一面の菜の花と出会う

春の訪れとともに、景色一面を彩る菜の花。その可憐で黄色い花はさまざまな場所で、春を迎えた喜びを実感させてくれます。

今回のボタニカルジャーニーは、ちょっとお出かけしたい菜の花の名所をご紹介します。 
 

都心に広がる菜の花のじゅうたん

遠出をしないと一面の菜の花に出会えない、と思ってはいませんか?ビルに囲まれた東京の都心でも、菜の花の黄色いじゅうたんを楽しめる場所があります。江戸時代を代表する大名庭園、浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)です。寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。四代将軍家綱の弟の松平綱重が初めて屋敷を建てて以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行われ、十一代将軍家斉のときに、ほぼ現在の姿の庭園が完成しました。3千平方メートルの敷地に咲く菜の花は、約30万本。菜の花のじゅうたんの向こうには高層ビルがいくつも望め、都会の隠れたオアシスになっています。菜の花の見頃は毎年2月後半頃からになりますが、種を撒く時期をずらすことで、4月上旬まで菜の花を楽しむことができます。黄色く輝く菜の花に囲まれると、元気をもらえますね。
浜離宮恩賜庭園
  

房総半島の菜の花畑を走る列車の旅

列車の窓の外に広がる菜の花畑を楽しめるのは、南房総を走る千葉県のローカル鉄道、「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」です。五井駅から「小湊鉄道」に乗り、上総中野駅で「いすみ鉄道」へ乗り継いで大原駅まで、房総半島を横断できます。「小湊鉄道」では、養老渓谷駅と上総大久保駅間にある石神の花畑が特におすすめです。3月中旬から運行される「里山トロッコ列車」には、窓なし車両もあり、春のお花畑の景色を開放感たっぷりに楽しめます。
小湊鉄道 里山トロッコ列車
 

また、「いすみ鉄道」は、全線26.8kmのうち約15kmで、菜の花が楽しめます。一時は赤字が続き存続が危ぶまれていましたが、さまざまなアイデアで話題を呼び、経営危機を乗り越えました。たとえば、ムーミンと仲間たちのイラストが車両を飾るムーミン列車。まさにムーミン谷を思わせる景色の中を走るローカル列車は人気も上々です。また、地元住民によるボランティアの方々も種まきや草刈などの手入れを行い、心のこもった菜の花を咲かせています。ちなみに、「いすみ鉄道」の黄色い列車の色は、千葉県の県の花である「菜の花」をイメージして決められたもの。菜の花カラー列車の窓から見える四季の田園風景は、懐かしい日本の原風景そのものです。
 菜の花畑を走るいすみ鉄道
 
いすみ鉄道 ムーミン列車

 
房総半島を横断するローカル鉄道、「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」。この2つの路線を利用するなら、「房総横断記念乗車券」がおすすめです。五井駅と大原駅の間で後戻りしなければ、何度でも途中下車が可能。毎年3月中旬~4月中旬にかけて沿線は菜の花で埋め尽くされ、特に桜の開花の時期は、黄色と桜色のコントラストが絶景です。途中下車して菜の花の道をゆっくり散歩するのも、贅沢な時間となりますね。
 

2018.03.23

Botanist

Botanist24
加賀友禅が映す、金沢の四季と自然の彩り

金沢の地に生まれ、受け継がれてきた加賀友禅の花鳥風月の世界。加賀五彩といわれる色調や写実的な草花文様で表現される加賀友禅には、自然のありのままの姿と季節の移ろいが映し出されています。
  
今月のボタニストは、加賀友禅の伝統と魅力を様々な作品を通じて未来に繋げる、毎田染画工芸三代目・毎田仁嗣さんの創作に込めた思いをご紹介します。 
 

加賀友禅に溢れる自然美

加賀友禅は、17世紀後半に金沢に生まれ、受け継がれてきた染色技法です。自然の美しさを独自の技法で表現し、着物のデザイン等に生かしてきました。京友禅が華美で雅な趣きであるのに対し、当時の文化を司った加賀藩の武家社会を背景にした加賀友禅は、落ち着きのある写実的な趣向を持っています。そこに描かれてきたのは、ありのままの金沢の自然や風土、文化そのもの。写実性をより高めるため、花びらや葉を外側から内側にぼかして描き、虫が葉っぱを食べたように表現する病葉(わくらば)と呼ばれる「虫食い」の技法を用いて、自然美を描き出しています。「臙脂(えんじ)・黄土・藍・草・古代紫」の加賀五彩を基調に、朽ち消えゆく自然の美しさと、この世の無情を見つめる眼差しが息づいているのです。
  「虫食い」技法を用いた黒留袖
   

加賀友禅と生きるよろこび

加賀友禅の制作過程では、生地に青花という露草の花の汁で、模様を線で描いていきます。変わることのない伝統の手法で描かれる絵柄や文様は、自然と向き合って生み出されたもの。毎田染画工芸の創始者毎田仁郎(まいだ じんろう)氏は、自然の景色、生命の姿を何日もかけて観察し、自身が直接目にしたものをもとに創作に打ち込んできました。二代目の毎田健治氏も、季節ごとの実や果実など身近にある自然の美を題材に数々の名作を生み出し、三代目の毎田仁嗣さんも、地元金沢に咲く伝統的な花々である、牡丹、椿、山茶花、梅、菊などを題材にしながら、自然の生命の輝きや鼓動を意匠に込め、美しさを追い求めています。
 
 
加賀友禅には図案起こしから仕上げまで、15もの作業工程があります。文様を生地に描き出し、色を入れ、染料を定着させ、水洗いの後、乾燥させます。仕上げに近い水洗いの段階は友禅流しといわれ、以前は金沢の風物詩ともなっていました。多い時には120色以上の色調を使用し、着物としての出来上がりを想定して描かれるため、仕立てられた着物にはまるで1枚の絵画のように、四季の物語と自然の命が宿るのです。毎田染画工芸では、加賀友禅を日常生活に取り入れて楽しく使っていただきたいという思いから、着物だけでなく、風呂敷、スカーフ、名刺入れなどの小物からフロアライト、友禅パネルなどのインテリアを「楽友禅」として展開しています。日本文化や伝統を守り続けるため、技術を継承しながらも、時代に合わせて新しい挑戦をしているのです。
 名刺入れ
 
「召しものを通して着る方のハレの日に関わることができる、それが友禅とともに生きる喜びです。さらに、加賀友禅を身近に置いていただくことで、女性の立ち居振る舞いの美しさをさらに引き出す存在になれたら嬉しい。自然そのままの美しさが描かれた加賀友禅の魅力を広く発信し、より多くの方に楽しんでもらいたい。日本ならではの自然の鼓動、四季の輝きを日常の小物にも取り入れていただくことで、もっと心豊かな毎日をお届けしたい」。毎田染画工芸三代目・毎田仁嗣さんの創作に込める思いです。



毎田さんが加賀友禅を未来に繋げる新しい試みをされているように、日本の伝統文化である「書」を新しい表現手段とするため、さまざまな挑戦をされているのが、書家・紫舟さんです。「書」を平面から解放した立体彫刻「翔」をはじめ、絵と文字を融合させた書画、浮世絵の輪郭線を彫刻で立体化した作品など、時代を創造する唯一無二の作品を、ノエビア銀座ギャラリーで見ることができます。

紫舟展「書、立体への挑戦」
会期:開催中~6月8日(金)まで
開催時間:午前10時~午後6時(土・日・祝日は午後5時まで)
会場: ノエビア銀座ギャラリー 入場無料
主催:株式会社ノエビア
 

2018.03.16

Botanical Recipe

Botanical Recipe24
自然の甘みと酸味が元気をくれるフルーツビネガー

フルーツの風味に爽やかな酸味が特徴のフルーツビネガー。ベリー系やシトラス系、りんごやパイナップルまで様々な味が市販されています。薄めて飲みものにしたり、サラダや料理に使ったり。豊かな香りとすっきりとした味わいで、元気を与えてくれますよ。

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を"食のプロ"に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回はフルーツビネガーを使ったドリンクと料理を料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。
 

フレッシュフルーツビネガーソーダ

フルーツビネガーを手軽に楽しむことができるのが、季節の果物のジュースや炭酸と割ってカクテル風に飲む方法です。これから気温も上がり、ちょっと酸っぱいものが飲みたくなったら、柑橘系のフルーツビネガーを用意し、フレッシュなグレープフルーツやオレンジと一緒に楽しみましょう。
フレッシュフルーツビネガーソーダ

グレープフルーツやオレンジは皮をむいて房取りをし、果実入りジュースの状態でフルーツビネガーに加えます。甘さをはちみつで調え、炭酸で割って出来上がりです。グレープフルーツやオレンジの実がそのまま入っていますので、デザート感覚でも楽しめます。フルーツビネガーの酸味は、空腹時や寝起きにいきなり飲むと胃に刺激が強すぎる場合もありますので、食事と一緒に楽しんだり食後に飲むのがおすすめです。消化、吸収をサポートしてくれるという効果も期待できますよ。

<フレッシュフルーツビネガーソーダ>
■材料(3〜4人分)
シトラス系フルーツビネガー … 30〜40ml
グレープフルーツ … 1個
オレンジ … 1個
炭酸水 … 適量
はちみつ … 適量

■作り方
1. グレープフルーツ、オレンジは皮をむき、房取りし、残りの果汁を搾る。
2. 1にフルーツビネガーを加え、はちみつを入れて軽くかき混ぜ、グラスに分けて好みの濃さになるように炭酸水を注ぐ。
 
 

カジキマグロとパプリカのフルーツビネガーソース

独特の甘みと香りを持つフルーツビネガーはお魚料理にも最適です。お魚の臭みを消して、香り豊かな料理が仕上がります。ベリー系のフルーツビネガーを使うと、白味魚の味にも深みを出すことができます。パプリカは油で揚げると色がより鮮やかになりますから、赤と黄色の2種類を用意しましょう。出来上がりの彩りも鮮やかになり、お弁当のメニューにもおすすめの一品です。
カジキマグロとパプリカのフルーツビネガーソース

<カジキマグロとパプリカのフルーツビネガーソース>
■材料(3〜4人分)
カジキマグロ … 2枚
パプリカ … 赤、黄色
塩、胡椒 … 適量
小麦粉 … 大さじ1
リーフレタスなど彩り野菜 … 適量

・フルーツビネガーソース
ベリー系フルーツビネガー … 大さじ2
はつみつ … 大さじ1
唐辛子 … 1本
コンソメ … 小さじ1/3
水 … 大さじ1

■作り方
1. カジキマグロを3等分に切り、塩、胡椒、小麦粉をふる。パプリカは一口大にカットする。
2. フルーツビネガーソースの材料一式を大きめのボウルに入れ、レンジで沸騰するまで加熱する。

3. 1をカジキマグロ、パプリカの順番で少量の油で揚げ、フルーツビネガーソースに直接入れて和え、塩、胡椒で味を調える。


もともとアミノ酸を多く含み疲労回復にも良いとされるお酢ですが、フルーツビネガーはそれにビタミンなどが加わり、アンチエイジングにも良いとされる食品です。様々な種類のフルーツビネガーがありますので、料理や飲みものなどで楽しんではいかがでしょう。

 

調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A's Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。美味しくて見栄えのするお弁当づくりのノウハウが詰まった『おでかけ弁当ドリル』(宙出版)は、行楽の春におすすめの一冊。
 

2018.03.09

Botanical Goods

Botanical Goods15
フラワーモチーフのファッションアイテムで、心踊る春

春の訪れとともに、フラワーモチーフのファッションアイテムが大きな注目を集めています。新たなスタートの季節を、明るく華やかに彩るバッグや小物たちがいっぱいです。

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、今年の春注目のボタニカルファッションアイテムをご紹介します。
 

ブーケのようなフラワーデザイン 〜マイケル・コース

クラシックベースのレディースデザインで知られるファッションブランド、「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」。この春の“MERCER(マーサー)”ラインのメッセンジャーには、大胆なフラワーデザインが施されています。その特徴は、まるで本物のブーケのような立体的な花びら。カットしたレザー、グリッター、メタル・スタッズで立体的に花を表現しています。ソフトピンクとペールグレーの上品な色合いに、大小の花が華やかな表情を演出します。
MICHAEL KORS/MERCER メッセンジャー(ソフトピンク マルチ)
 
MICHAEL KORS/MERCER メッセンジャー(ペールグレー)
 
 
“BRISTOL(ブリストル)”ラインのサッチェルは、フラップ付きのデザインが特徴。可愛い小花がちりばめられ、持つだけで心がうきうきしてきます。
左:MICHAEL KORS/BRISTOL スモール サッチェル - フラワー(ソフトピンク/ライトクリーム)
右:MICHAEL KORS/BRISTOL ミディアム サッチェル - フラワー(オプティックホワイト/ブラック)
 
 

トータルでコーディネートしたいフラワーアイテム 〜テッドベーカー

ロンドン発のファッションブランド「TED BAKER(テッドベーカー)」。1988年にイギリス、グラスゴーのシャツブランドとして創業し、今ではグローバルライフスタイルブランドとして世界中で展開していますが、ベースにあるのは、伝統の中にコンテンポラリーなシルエットを織り交ぜたクオリティの高いデザイン。こちらも春の息吹を感じさせてくれるフラワーモチーフのコレクションが届きました。
 
テッドベーカーのホームであるイギリス、そして日本の春を象徴する花々があしらわれていますが、チャッツワースシリーズは、春を告げる花としてヨーロッパで古くから親しまれている花「水仙(スイセン)」がモチーフ。黄色のラッパスイセンが多い中、珍しい白水仙をあしらい、同じデザインでトートバッグ、ポーチ、トラベルウォレットなどが展開されています。上品なグレーベースの柔らかな生地に咲く大きな花。合間に見える葉の鮮やかなグリーンもきいていて、花ひとつひとつを生き生きと見せています。トータルでコーディネートすれば、まさに花咲き誇るガーデンにいるような気分が楽しめます。お手持ちのお洋服に1品をプラスするのも素敵です。
TED BAKER/チャッツワースシリーズ  ナイロン トートバッグ
 
左:TED BAKER/チャッツワースシリーズ  メイクアップ ポーチ
右:TED BAKER/チャッツワースシリーズ  トラベルウォレット
 
 
自然のエネルギーにあふれる春。ファッションアイテムにボタニカルなスタイルを加えて、春を迎える歓びを感じてみてはいかがでしょうか。
 

2018.03.02

Herbal Life

Herbal Life24
春の陽射しにきらめくボタニカルインテリア

3月を迎え、窓から差し込む陽射しもいっそう輝きを増してきています。おしゃれなガラス容器に入った花や植物を、瑞々しい光の中で楽しんでみませんか。
ハーバリウム (HARU COLLE)

今月のハーバルライフは、花や植物をガラス容器で楽しむ、今、人気のハーバリウムやテラリウムをご紹介します。
 

ドライフラワーの新しい楽しみ方 ハーバリウム

花や植物を様々な形のガラス容器の中に収めた「ハーバリウム」が、新しいボタニカルインテリアとして人気を集めています。ハーバリウムとは「植物標本」という意味。特殊なオイルに浸けられているので、長く保存、鑑賞することができます。

おすすめはドライフラワーを使ったもの。ドライなのに、さっきまで野原で咲いていたかのような瑞々しい表情に溢れています。置くだけで、周りの雰囲気を明るくしてくれますね。さまざまな瓶の形や大きさ、花の色や形から選べるので、インテリアに合わせてセレクトしましょう。いくつか並べて、野原やお花畑をイメージして飾るのもおすすめです。
 

ガラスの中に植物の息遣い テラリウム

一方、透明なガラス容器の中に砂や腐葉土を入れ、植物を栽培するのが「テラリウム」です。時々水やりしたり、霧吹きで湿気を与えたりするだけで、お部屋の中で植物を長く楽しむことができます。緑のアートと呼ばれ、苔やシダ、エアプランツや多肉植物まで様々なテラリウムが人気です。テラリウムの楽しさは容器選びにもありますが、瓶やグラスジャーはもちろん、電球(バルブ)の形をしたものや、フラスコ、試験管などユニークなものもたくさん。お部屋や置き場所に合わせて選ぶことができます。ガラスを通してより間近で植物の世界に触れ、癒しを感じることができるのが魅力です。
GLOBE (RICHARD CLARKSON STUDIO)
 
テラリウムの中でもユニークなのが、ニューヨークのRICHARD CLARKSON STUDIOが手がけるLEDライトが付いた球状のテラリウム容器「GLOBE」。細くて丈夫な電気コードで吊り下げられるようになっており、ライトを点けるとまるでそこだけ陽の光を浴びたように緑がみずみずしく輝きます。容器の大きさは直径20センチと30センチの2サイズ。ちなみに、この光るテラリウムは水やりも可能だそうです。LEDライトが付いたテラリウム容器は他にも数多く発売されています。白熱電球と違い熱の発生量が低いLEDライトは、乾燥が発生しにくく、中に入れた植物に悪影響を与えにくいとか。夜の照明代わりにも使え、テラリウムの楽しみ方が広がっています。
GLOBE (RICHARD CLARKSON STUDIO)
 
ガラスの中の植物の世界、ハーバリウムとテラリウム。あたたかな陽射しの中で、ガラスのきらめきと植物の美しさを楽しんでみてはいかがでしょう。