ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.02.23

Botanist

Botanist23
冬景色を彩る早春の桜、河津桜を育て愛でる人々

南伊豆地域を代表する早咲きの桜が「河津桜」。花は大きく華やかで開花期間が長いのも特徴です。2月初旬から約1ヶ月に渡って咲き続け、「河津桜まつり」と共にこの地を訪れる人々を愉しませています。
 
今月のボタニストは、この河津桜を育て愛し、見守る人々の活躍と思いをご紹介します。
 

河津桜とは

早咲きの桜「河津桜」は、南伊豆、河津町で発見されたことから名づけられました。鮮やかな色合いと、大きく枝が拡がる樹形から、特に花をつけた姿が美しいとされています。
河津桜の花房
  
原木が発見されたのは、今から約60年ほど前。飯田勝美氏(故人)が偶然、冬に緑の葉をつけた小さな苗を川の堤で発見し、自宅に植えたそうです。約10年目に開花し、淡紅色の花が1月下旬頃から約1ヶ月にわたって咲き続け、周りの人々を驚かせました。
現在も飯田邸で咲く河津桜の原木

その後、増殖され、河津町に原木があることから、1974年にカワヅザクラ(河津桜)と命名。翌年には河津町の木に指定され、今では約8,000本が、早春の南伊豆の町を華やかに彩っています。 
 

 河津桜を守り咲かせるために

現在、河津町では、町の中心を流れる河津川沿い3kmにわたり約800本、河津町全域では約8,000本が栽植され、毎年2月10日ごろから3月10日ごろまで開催される「河津桜まつり」で100万人以上の人々を魅了しています。冬の厳しい環境の中で咲く河津桜は、気候の影響を受けやすく、開花時期に大きな違いが出たり、土地柄、台風による塩害などの被害を受けることもあります。植えられてから長い年月が経過した木も多く、管理や保護が欠かせませんが、その作業のほとんどは住民の方の手によって行われています。
河津川と桜並木
 
樹木医や桜守りの方などの専門家を招いて、木の状態を分析したり、有志による「河津桜守人」、「河津桜花の会」、「かわずふるさと案内人」を結成し、保護活動を行っています。木全体に大きく花を咲かせるためには、枝の伸び具合に注意が必要で、枝の重なりを避けるため、剪定作業が欠かせません。また、見えない「根」の部分の状態を知るため、幹や枝、木の皮、つぼみなど見える部分を注意深く観察することが求められるそうです。そのため有志だけの見守りでは手が足らず、住民の方々の「目」も重要な役割を担っているのです。
菜の花ロード
  
河津桜は、通勤や通学など生活道路となっている川の堤防の道や、一般家屋の庭などに咲いています。特に河津川沿いの800本は、かつて住民の方自身によって植えられたもので、一本一本に栽植した方々の思いが込められています。「かわづふるさと案内人会」の会長、板垣秀実さんも桜並木を植栽した一人で、開花を見るたび、若い頃の記憶や思い出が蘇るといいます。そして、自分の町の名前が付けられた桜の花がいつまでも咲き続けて欲しいと、気持ちを新たにするそうです。「われわれにとって河津桜は花が咲いている時だけ愛で、目を向けるものではなく、花の季節が終わったあとは、緑の葉の色に気を配り、その葉が散ったあとは枝の形や姿を眺めるなど、1年中、気にかけて見守る存在なのです」。板垣さんのそんな言葉が河津町の人々の桜への思いを伝えてくれています。
 

2018.02.16

Botanical Recipe

Botanical Recipe23
春野菜で作るあたたか煮込み料理

春キャベツ、新たまねぎなど、春野菜がおいしそうに店頭に並んでいます。春野菜は柔らかく甘みがあり、みずみずしいのが特徴。そんな春野菜を使って、あたたか煮込み料理を作ってみてはいかがでしょう?

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を“食のプロ”に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回は春野菜で作るあたたか煮込みを料理研究家の上島亜紀先生に教えていただきます。
 

春野菜のポトフ

春キャベツや新じゃが、新たまねぎ、新にんじんは、どれも春野菜の代表たち。素材の味を楽しむため、コンソメなどは使わず、味付けはお塩と胡椒だけにするのがおすすめです。出来上がりのタイミングは、にんじんの煮具合。竹串などでさして、中まで柔らかくなっていれば大丈夫。鍋は厚手のものを使うとより短時間でおいしくなります。
春野菜のポトフ

■材料(2〜3人分)
・春キャベツ … 1/6
・新じゃが … 2個
・新たまねぎ … 1個
・新にんじん … 1本
・ベーコン … 100g
・ソーセージ … 4本
・塩 … 適量
・白ワイン … 50ml
・ローリエ … 1枚
・胡椒 … 適量
・バター … 10g

■作り方
1. 春キャベツは2分割し、新じゃが、新にんじんは皮をきれいに洗い半分に切り、新たまねぎは外の皮を剥き半分に切る。ベーコンは1cm巾に切る。
2. 鍋に新じゃが、新にんじん、新たまねぎ、ベーコン、白ワイン、ローリエ、塩小さじ1を入れ、かぶるくらいの水を加える。灰汁を取りながら沸騰させ、ソーセージ、春キャベツも加え、弱中火で15~20分煮込む。

3. 塩、胡椒で味を調え、火を止めてバターを加えて混ぜる。
 

かぶとツナのレモンクリーム煮

かぶは、和風にも洋風の料理にもぴったりの食材です。春のかぶは秋のかぶに比べて全体に柔らかいのが特徴。手で持った時にずっしりと重みを感じるものを選びましょう。春のかぶならではのおいしさをしっかり味わうため、茎も少し残して大きめに4等分して使います。かぶ自体には少しえぐみがありますが、レモンの酸っぱさと合わせることでまろやかになり、おいしさが際立ちます。また、ツナと相性のいいディルを盛りつけに添えると、おいしさが増し、ディルの鮮やかな緑の色合いが食欲をそそります。
かぶとツナのレモンクリーム煮

■材料(2〜3人分)
・かぶ … 2個
・ツナ … 1缶
・レモンスライス … 3枚
・ディル … 適量
・塩、胡椒 … 適量
・白ワイン … 大さじ2
・レモン汁 … 大さじ2
・生クリーム … 150ml

■作り方
1. かぶは茎を2cm残し、4分割する。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、レモンスライス、かぶを炒め、周りが透き通ってきたらツナ、白ワインを加えて煮立たせる。

3. 2にレモン汁、生クリームを加えてとろみがつくまで煮詰め、塩、胡椒で味を調える。


皮が柔らかい春野菜は皮ごと使い、春キャベツも芯の部分も使うことでおいしさがスープに溶け込み、野菜のうまみがすべて味わえます。柔らかい分、煮崩れしやすいため、材料は大きめに切って下準備するのがコツです。春野菜で作るあたたか煮込み料理。まだまだ寒い季節が続きますが、お鍋の中に春を一足早く運んでくれそうですね。



調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A’s Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。 著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。最新刊は『鍋ごとオーブンで、ごちそう煮込み料理』(学研プラス)。
 

2018.02.09

Botanical Goods

Botanical Goods14
おいしくておしゃれ、「日本茶」の魅力再発見

奈良・平安の時代から今日まで、日本人の暮らしに寄り添い、文化や芸術といった領域にも影響を与えてきた「日本茶」。お茶はペットボトルで飲むものと思っていらっしゃる方も、茶葉で淹れる日本茶のよさを見直してみませんか。

 植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、伝統の茶葉を気軽に味わえるよう工夫された、おしゃれなパッケージの日本茶をご紹介します。
 

ディスプレイと商品ラベルにもこだわった日本茶専門店「OHASHI」

まず、日本茶専門店を訪れてみましょう。東京・JR中野駅の近く、フランス田舎風の外観と内装で迎えてくれるのが、1653年創業の日本茶専門店「OHASHI」です。

店内に置かれたお茶のラベルには、雑貨やスイーツを思わせるフラワーのイラスト。今から10年程前、コーヒーブームやペットボトルの普及などで、茶葉への需要は激減していました。「おいしいのは当然。見た目もかわいくて人に贈りたくなるものでなければ、お買い上げいただけない」と考え、店構えと商品パッケージを大きくリニューアル。フラワープリントの化粧箱の色や柄が選べるなど、ギフトにも使え、目も楽しませてくれる、新たなティータイム体験の提案をはじめたのです。
一煎ティーバッグ5個入り(OHASHI)
 
5種のお茶と2種の葛湯入りフラワーボックス(OHASHI)
 
 
内装、パッケージのデザインなど見た目ばかりではありません。妥協のない一流の味を提供し続けるため、「OHASHI」の地下1階には、100種以上の茶葉の品質管理とブレンドのためのスペースが設けられています。全国から仕入れる茶葉は気候や様々な要因によって毎年味が変化しますが、ブレンドの方法を変えることで、味が変化しないよう調整を行っています。また、日本茶は淹れ方によっても大きく味が左右されることから、淹れ方のアドバイスもきめ細かく行っています。「日本茶の魅力はなによりも自分で淹れて味わうこと。高温のお湯で淹れると渋く、ぬるめだとまろやかな味になります。たとえば、湧かしたお湯を冷ますのは少し面倒と思ったら、予め急須に少し水を入れておいて、そこに熱湯を注ぐやり方もあります。自分なりの淹れ方でおいしく飲めることが、日本茶の一番の楽しみ方です。急須で淹れたお茶の魅力を是非知って欲しいのです」。「OHASHI」の森田徹さんの言葉です。
 
厳しい寒さが続くこの季節、森田さんおすすめの朝の日本茶は「抹茶入り玄米茶」。玄米茶は温度を気にせずに淹れやすく、抹茶のグリーンがとても鮮やかで目を覚ましてくれるそうです。
 

伝統とこだわりのお茶を各地からおとりよせ

居ながらにして日本茶を楽しみたいなら、日本各地の日本茶のおとりよせにチャレンジしましょう。香ばしくやさしい味わいが魅力の「ほうじ茶」は、石川県で文久3年創業、こだわりのほうじ茶を150年以上作り続けている日本茶専門店『丸八製茶場』から。「日本茶ルネッサンス」をテーマに、伝統工芸である九谷焼ブランドとコラボした「加賀いろはテトラシリーズ」を展開。梅、松、すみれなどが描かれたカラフルなパッケージは、思わず手に取りたくなる華やかさです。ティーバッグもあり、本格的な味を気軽に楽しむことができます。
加賀いろはテトラシリーズ 缶入 (丸八製茶場)
 
加賀いろはテトラシリーズ 袋入 (丸八製茶場)
 
 
日常を離れ、特別なシチュエーションでいただきたい「抹茶」は、京都の『孫右ヱ門(まごうえもん)』から。寛政2年に京都で創業し、220年以上も抹茶作りに取り組んでいます。こだわりは「ほんず製法」と呼ばれる、茶畑の上部を「よしず」と「わら」で覆い隠し日光を絶妙に遮るという、茶葉の育て方。それによって、まろやかで香り高く色鮮やかな、「味・香り・色」とすべて整った抹茶が出来上がります。良いものを手間暇かけて作る「一生一品」の想い。桐箱に抹茶と茶せんが同梱された本格セットから、かわいらしくカジュアルな煎茶おみやげ袋まで揃い、様々なシーンで楽しめてギフトにも最適です。
ほんず抹茶(孫右ヱ門)
 
おみやげ袋セット(孫右ヱ門)
 
 
豊かな日本のお茶文化を継承しながらも、現代に合わせた様々なアプローチで日本茶の味を発信し続けているお店のかずかず。カラフルでかわいいパッケージに癒されつつ、冬のひだまりで日本茶を楽しんでみてはいかがですか。
 

2018.02.02

Herbal Life

Herbal Life23
赤のボタニカルアレンジで、お部屋も気持ちも華やかに

1年で最も寒さが厳しくなる2月は、心も身体も後ろ向きになりがちです。太陽をイメージし、赤い花や実のボタニカルアレンジで元気をもらいましょう。生命力を感じさせる赤い色は、勇気や行動力、気力を取り戻してくれます。
 
今月のハーバルライフは、赤い花や実を贅沢に使ったおすすめのアレンジをご紹介します。
 

お部屋の中の小さな太陽、赤い実のリース

水をかえる手間もなく、長く楽しめるのが、ドライな実もののリースです。壁に掛けたり、机の上に小物と一緒に飾ったり。お部屋の中の小さな太陽のように、心にエネルギーを届けてくれます。この時期に手に入れることが出来るのは、クリスマスでもおなじみの真っ赤な実のサンキライ、小粒でかわいいピンクペッパーなど。赤やピンクのグラデーションは、クリスマスのリースとはひと味違う雰囲気です。赤とピンクの中に少し黄色がかったバラの実も入れると、薄いオレンジが春の雰囲気を感じさせてくれます。赤やピンクは緑との相性もよいので、ユーカリなど緑の葉ものを加えるのもおすすめです。
 
この時期は実ものを店頭に用意しているフラワーショップは限られるかもしれません。お店の方にリースの大きさや色あい、イメージを伝えて、あらかじめ用意してもらうようにすると、色や形など質のいいものを揃えることができますよ。
 

思いきって贅沢に、赤い花のアレンジを

2月は冬の花に加えて春の花も揃い始め、赤い花も手に入れやすい季節です。深紅のバラに、ボルドーダリア。そして、1月から出回り始める早春の花、ラナンキュラス。球根の園芸種としても人気がありますが、花弁が幾重にも重り、色もピンクから赤、紫がかったものまで豊富に揃っています。赤のラナンキュラスの花言葉は「あなたは魅力的」、ピンクは「飾らない美しさ」、紫は「幸福」。気持ちを前向きにし、日持ちもする魅力的な花です。
 
また、アレンジにチューリップをつぼみの状態で入れておくと、時間の経過とともに花が咲き、変化が楽しめます。しばらくしてバラが傷んだら、元気な花だけを集めて新たなアレンジを作りましょう。ちょっと贅沢かなと思っても、たくさんの種類の花を入れておくことで、自然のお花畑のような花との出会いや新発見を楽しむことができますよ。

 
 
フラワーアレンジ「ŒUVRE/ウヴル」田口一征
フランス Studio Bercotを卒業。帰国後、東京・南青山にあるル・ベスベに6年間勤務。2014年、「ŒUVRE/ウヴル」をスタート。完全オーダー制にて、ブーケやアレンジメントの制作の他、ウェディングやイベント、お店や雑誌の装花などを行っている。