ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2017.08.25

Botanist

Botanist17
花で遊ぶ、花を活かす。「花人」赤井勝さんの花と生きる思いとは?


自らを「花人(かじん)」と呼ぶ、フラワー・アーティスト赤井勝さん。 いくつもの世界的なプロジェクトに花を通して関わりながら、花で心を伝え、心地よくおもてなしすることを何よりも大切にされています。今月のボタニストは、そんな赤井さんの花との出会いと原点に迫ります。 
2016年 サントリーホール

花は世界の共通語

今年3月、パリ、ルーブル王宮内のパリ装飾芸術美術館で1日限定の「花見」が行われました。それが「JAPAN PRESENTATION in PARIS」という日仏文化交流イベントです。日本から桜の枝を輸出し、1日だけの「花見の宴」をパリの人々に届けたのです。このプロジェクトの成功を支えたのがフラワー・アーティストの赤井勝さん。パリに日本から運ばれた桜の枝は約1000本。空輸する飛行機の機内や現地での保管にあたって細心の温度調節、開花調整が行われ、館内の広間に飾られた桜は、パリに一足早い日本の春の景色を届けました。 これは北海道洞爺湖サミットなどで装花を担当した赤井勝さん自身にとっても、思い出深いプロジェクトの一つ。日本の花「桜」の美しさをそのまま世界の人々の心に届ける、という重責を果たしたと同時に、「花は世界の共通語」であるということを、改めて心に刻むことができたからです。 
パリ装飾芸術美術館「JAPAN PRESENTATION in PARIS」

「花人」赤井勝さんの原点

大阪の花屋さんに生まれた赤井さんにとって、花は、生まれた時から身の周りに、まるで空気のように存在していました。幼い頃から家業を手伝い、花に触れて、花を習う日々。周りの子供たちと同じように、様々な習いごとも経験しましたが、一番楽しい存在は“花”でした。それは、自分が花と関わることで母親を始め、周りの人が笑顔になってくれたから。花を活ける修行にもすすんで出かけ、花を持って帰っては、自宅の部屋や雰囲気に合わせて活け直す楽しさを覚えていきます。花は決められた通りに活けるのではなく、その周りの空気や集う人々に合わせて自由に飾るもの。赤井さんは毎日、お母さまの仕事からの帰りを待ちながら、家の中の様々な場所に花を飾り、お母さまを驚かせることを楽しみにしていたそうです。それは、まさに、花を通じて人と会話をするということ。花で気持ちを伝え、心を通じ合わせるということ。これこそが、花でサプライズを届け、会話し、喜ばせるという、赤井さんの現在の仕事の原点となったのです。 
roma_houou_FranckMuller.jpg
左:ローマ法王オブジェ/右:フランク ミュラー展示会

花が教えてくれること

赤井勝さんの花を飾る原点は、花を見てくれる人に心を届けるということ。それはどんなに大きなイベントやパーティでも同じです。催しやおもてなしの目的に心を砕き、それを知った上で花を飾る。花がただ目立つのではなく、見る方がどのように感じるかを考える。イベントの成功のために自分は花で何が出来るのか、どうベストを尽くせばいいか、ぎりぎりまで自問自答し、花に心を込めていきます。実は50代になって、赤井さんの花を見る目が少し変わってきたそうです。おもてなしのために花を活ける時は、自分の手元で開花の80%のレベルまで花を見守り、お客さまに届く瞬間に100%で花が開花し輝くように気を配りますが、自身で花を愛でる時は、花が自分の生命を終え燃え尽くした姿に最も心惹かれるそうです。 萎れていても、枯れていても、一所懸命咲き続けたすべての花は美しい。その花の姿に心が癒されるそうです。
洞爺湖サミット 装花
 
赤井勝さんが、自分の大切な使命のひとつと感じていることは、“日本の花をもっと世界に届けたい”ということ。「日本の花には心があり、力がある」と赤井さんは言います。「日本は花をたくさん輸入する国となったが、日本にはもっと美しい花があること、花を愛でる美しい心があることを世界に発信したい。言葉で伝わらない心も花で伝わり、花が心を繋いでゆくはずです」。花は世界の共通語、それが赤井さんの信念です。


  
hanatoasobu_obinashi_syoei_trim.jpg
赤井勝(あかい・まさる)
1965年、大阪府生まれ。在大阪ロシア連邦総領事館の装花、「パウロ6世ホール」にオブジェを制作。ローマ法王ベネディクト16世にブーケを献上、ウクライナ大使館主催「赤井勝 装花の会」を開催。在日各国大使夫人へのフラワーレッスンをはじめ、北海道洞爺湖サミットの政府主催イベントの装花、伊勢神宮の式年遷宮の献花奉納など、独創的な作品が国内外で高く評価されている。著書は、『花と遊ぶ Flower Method』(朝日出版社)。

2017.08.18

Botanical Recipe

Botanical Recipe17
栄養豊富な太陽のめぐみ、真っ赤なトマトで夏も元気に。

トマトの赤い色はリコピンの赤。トマトに豊富に含まれるリコピンは生活習慣病予防や老化抑制に効果があるとされています。低カロリーで、ビタミンC、ビタミンE、カリウムなどもバランスよく含んでいます。夏の疲れが出るこの時期、トマトレシピで、生き生きと元気に過ごしましょう。

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を“食のプロ”に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。今回はトマトを使ったレシピを、料理研究家の坂田阿希子先生に教えていただきます。

太陽のめぐみが凝縮したトマト

トマトという名は、「膨らむ果実」という意味の「トマトゥル」からきているそうです。この時期、太陽の光を浴びてまさに栄養いっぱいに膨らんだトマト。世界では8000を超える品種があると言われ、ヨーロッパ、特にイタリアでは、ピザやパスタなど多くの料理に日常的に使われています。ビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいますが、最近もっとも注目されているのが、トマトの赤い色のもととなっているリコピンです。リコピンは生活習慣病予防や老化抑制に効果があるとされ、抗酸化作用についてはビタミンEの100倍とも言われています。実はこのリコピンを身体によく吸収するためには、生で食べるだけでなく、熱や油で料理することもおすすめです。煮たり焼いたりはもちろん、便利な缶詰などを上手に料理に生かしても、おいしくたっぷりとトマトの栄養を摂ることができます。

トマトたっぷりのガスパチョレシピ

しっかり熟したトマトは柔らかいので、生で食べる際も、サラダではなくスープにすることで、よりたくさんのトマトを摂ることができます。使うトマトは甘みが強いミニトマトやミディトマト、フルーツトマトなどがおすすめです。トマトには火をいれず、しっかりと焼いて皮をむいた赤いパプリカ、塩、オリーブオイル、そしてとろみを出すために水に浸したパンも一緒に撹拌し、冷たく仕上げるガスパチョ。レモン汁を加えて味を整え仕上げます。冷たく冷やし、歯ざわりや清涼感を出すために、きゅうりやセロリ、玉ねぎの角切りを薬味として乗せ、コリアンダーを添えて出来上がりです。
gazpacho_kansei_yori.jpg
 

トマトたっぷりのガスパチョ
■材料(4人分)
赤パプリカ … 2個
ミディトマト … 8コ
オリーブオイル … 大さじ6
塩 … 小さじ1
玉ねぎ … 1/4個
セロリ … 1/2本
きゅうり … 1本
オリーブオイル … 大さじ2
塩 … 少々
レモン汁 … 少々
コリアンダーの葉 … 適宜
バケット … 8cm
水 … 1カップ 
../../../tfm_botanical_個人フォルダ/20170818_botanicalrecipe17/gazpacho_zairyou_trim.jpg


■作り方
1. 赤ピーマンはヘタを取ってオーブントースターか、グリルで真っ黒に皮がこげるまで焼く。少しむらしてから皮をむいて種を取る。手で裂いておく。
2. トマトはヘタを取る。バケットは2cm厚さに切り、水に浸す。
3. ミキサーに、1と2を入れ、塩、2のパン、オリーブオイルを加えてミキサーにかける。味をみて、レモン汁を加えて整える。冷蔵庫に入れ、冷たく冷しておく。
4. セロリときゅうり、玉ねぎを5mm角切りにし、塩、オリーブオイル、レモン汁少々で和える。
5. 盛りつけたスープに4を乗せる。コリアンダーを添えて。

フランス風のトマトの肉詰め、トマトファルシレシピ

トマトに火を入れて調理するフランス風トマトの肉詰めも、マスターしたいレシピのひとつ。準備した肉だねを、中をくり抜いたトマトに詰めます。一緒にセルフィーユ(英語名チャービル)やパセリなどのハーブを入れるのが香りよく爽やかに仕上げるコツ。お鍋にならべ、少ない水分で軽く蒸し焼きにします。トマトが少し崩れてきたところで出来上がり。バターライスなどを添えて崩しながらいただく料理です。 
 

トマトファルシ
■材料(4人分)
トマト … 小さめ4個
ハム … 3枚
にんにく … 1かけ
玉ねぎ … 1/2個
オリーブオイル … 大さじ4
豚ひき肉 … 150g
パン粉 … 大さじ4
パセリ … みじん切り大さじ2
セルフィーユ … みじん切り大さじ2
塩 … 小さじ2/3
胡椒 … 少々
ナツメグ … 少々
水 … 1/4カップ
 
■作り方
1. ハム、玉ねぎ、にんにくは細かいみじん切りにする。パン粉大さじ2を水大さじ2でふやかす。
2. フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、にんにく、玉ねぎ、ハムを加えて炒め、挽肉半量を加えて炒める。バットなどにとって広げて粗熱をとる。
3. 2をボウルに移し、残りの挽肉、塩、胡椒、ふやかしたパン粉、ナツメグ、パセリとセルフィーユの半量を加えて混ぜる。
4. トマトは上の部分1/3を切り、中をくり抜く。上の部分とくり抜いた中身はみじん切りにして別にしておく。
5. トマトの中に3を詰め、鍋に並べる。みじん切りにしたトマト、水を鍋に加え、パン粉大さじ2を散らす。 

6. 蓋をして、15〜20分ほど弱火で煮込む。出来上がりに残りのオリーブオイルをまわしかけ、残りのパセリ、セルフィーユを散らす。
 
 
赤く、つやつやと実ったトマト。その赤い色にこそ、トマトの身体にうれしい栄養の秘密が隠されています。日常的に様々な料理に使われるイタリアでは、日本の味噌や醤油のような役割を果たしているそうです。その理由は、トマトに含まれる「うまみ」成分、グルタミン酸が、酸味と甘みで料理をよりおいしくしてくれるから。夏こそトマトを上手に料理に取り入れて、元気に過ごしたいですね。

 
 

坂田阿希子(さかた・あきこ)
料理家。フランス菓子店やフランス料理店での経験を重ね、独立。現在、料理教室「studio SPOON」を主宰し、国内外を問わず、常に新しいおいしさを模索。プロの手法を取り入れた家庭料理の数々は、どれも本格的な味わい。最新刊は『このひと皿でパーフェクト、パワーサラダ』(文化出版局)。

2017.08.11

Botanical Goods

Botanical Goods9
目の前に浮かぶ不思議な植物たち。自然そのものの姿を創作する『OYAMA』とは?

さまざまな木々や草花が生い茂り、美しく魅力的な花を育む山。登ったり、遊んだり、遠くから眺めたり。人それぞれ距離感は違っても、いつも私たちを癒してくれる存在です。

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。8月11日「山の日」の今回は、お部屋の中やベランダに吊るして、身近に「山」の生命力を感じることのできる、植物のアレンジメント『OYAMA』をご紹介します。

四季折々の山の世界を吊るして慈しむ『OYAMA』

フラワーアート&アレンジメントショップ「TSUBAKI」が手がける、『OYAMA』。その名の通り「山」を表現し、“四季折々の山の世界を吊るして慈しむ”植物のアレンジメントです。多く使われる植物は、モミジ、ムシカリ、ナナカマドなどの木や、ユキノシタ、イワヒバ、シダなどの草。日本の山々で普段見られるものばかりです。陽を好むものや日陰向きのもの、植物には様々な個性がありますが、『OYAMA』では、同じ環境下で育ちやすい植物ばかりを集めており、しかも、盆栽や小さな鉢植えと違い、土の量がとても多いので、水やりさえ忘れなければ、簡単に育てることができます。

そして、一番の特徴は、吊るして楽しむという形状。“土を吊るす”ことにこだわったのは、坂道や崖、岩場など、様々な土の状態の中で力強く生き抜く植物を、そのまま形にしたいと思ったから。『OYAMA』は、自然界の生命力をそのまま表現したいという思いで作られています。 

『OYAMA』シリーズに込めた自然への思い

『OYAMA』シリーズを手がけるのは、「TSUBAKI」でgardener&floristを務める宮原圭史さんです。幼い頃から自然が大好きだった宮原さんは、学生時代には山岳部に所属。全国大会出場を果たすほどの強豪校で、様々な山に登り続け、立ちはだかる山々から自然の脅威を痛感し、圧倒されました。卒業後は園芸ショップに就職し、土や肥料、農薬といった園芸資材の勉強に没頭。土ひとつで植物が変わるという、自然の繊細さと不思議な面白さにのめり込んでいきます。独立後、植物で独自に何かを表現したいと思ったとき、学生時代に没頭していた「山」がテーマとして浮かんできたそうです。

「山で生きる植物には、自然界ならではの神秘的な生命の輝きがあります。落葉樹は四季に合わせて芽吹き、茂り、落葉し、また新たな季節に芽吹いてゆく。春の新芽の輝きは、言葉に変えられない美しさがあり、さらに一日の中でも色や形が変わったりなど、繊細な変化があるのです。そんな、四季のある日本ならではの“自然の神秘”を身近に感じてほしい」。そんな思いから、『OYAMA』を手がけるようになったそうです。『OYAMA』は山の景色を部分的に切り取ったものではなく、あくまで「自然」そのもの。自然界や植物の神秘を凝縮して形にしたものだと言います。 
oyama_2p_2_2.jpg

植物の世界は土が命

園芸ショップで土や肥料の知識を学んだことが、『OYAMA』を創りだす宮原さんの強みです。「植物のアレンジメントの基本は、まず土と根なんです。土は、軽くて清潔であることが第一。そして、普段は見えない根の部分が健康であることが、植物が元気である最も大切な条件。『OYAMA』の土は、水はけも考慮し試行錯誤してブレンドしたものです。枝や幹などの表の部分の見栄えばかりを気にして、根を傷める植え方をしてしまうと、すぐに枯れてしまいます。根を大切に植えてこそ、その植物の個性や良さが輝いて、思った以上の育ち方をしてくれるのです」。宮原さんにとって、自分の思い描いた通りの形に成長した植物を見ることも喜びですが、自分では予想がつかなかった意外な育ち方をした植物を見ることも醍醐味。『OYAMA』は20cmほどの小ぶりなものから、50cm以上の大きなものまであり、形や大きさは一様ではなく様々ですが、その不揃いこそが自然そのものなのかもしれません。
 
「今後は『OYAMA』に、倒木や岩、石など、もっと本物の山に近いものも取り入れていきたい。見た目がかわいい木や草花だけでなく、あくまで“荘厳な山の美しさ、植物の個性的な生命力を生活の中に取り入れる”ことが『OYAMA』の個性だと思うからです」と、宮原さん。神秘的で力強い「山」の生命力を身近に感じて、心豊かな毎日を送ってみてはいかがでしょうか。


tsubaki_trim.jpg
FLOWER ART AND ARRANGEMENT TSUBAKI
住所: 東京都目黒区八雲4-3-5
TEL: 03­­–5726­­–8301
日曜定休 ※アトリエは事前予約制

2017.08.04

Herbal Life

Herbal Life17
奥多摩の森がくれる元気と癒し! 森林セラピーでリフレッシュ

東京、奥多摩町は日本一巨樹が多い町。その奥多摩の森の中で心も身体もリフレッシュできるのが「森林セラピー」です。夏の1日、大自然に包まれた癒しのひとときを体験してみてはいかがでしょうか? 

今月のハーバルライフは、森の力に触れて都市生活のストレスを癒す、奥多摩町の森林セラピーをご紹介します。

森林セラピーとは?

森の中で、樹々や植物、鳥たちの命の輝きと、風や土の香りに包まれると、私たちは日常のストレスから解放され、 元気を取り戻すことができます。森林の持つこの癒しの効果は「森林浴」として親しまれてきましたが、その効果については感覚のみでしか語られてきませんでした。この森の持つ力を科学的に解明して、心と身体の健康に生かそうという試みが「森林セラピー」です。たとえば、森の中でリラックスすることで得られる効果は、免疫力の高まり、ストレスホルモンの低下、心拍数の変化などに表れます。そして、「フィトンチッド」という森の香りは、私たちの身体をリフレッシュさせてくれるそうです。森の緑がより深く豊かになる夏こそ、「森林セラピー」を体験して、心身のバランスを整えてみませんか。 
倉沢のヒノキ

森林セラピーの舞台、奥多摩町とは?

奥多摩町は東京の北西端に位置し、都心からでも電車で2時間ほどの距離にあるため、休日のお出かけには最高のスポットです。日本一巨樹が多い「おくたまの森」などの豊かな自然、渓谷に恵まれ、その絶好の環境を生かし、森林セラピーが行われています。それは、森の中を歩くことでセラピーが体験できるセラピーロード、爽快感や解放感が得られる森林ヨガ、ノルディックウォーク、奥多摩産のそば粉を使った「そば打ち」、木の感触や香りに触れながら創作を楽しめる木工体験、そして、空気の澄んだ奥多摩の星空を満喫できる星空浴など。それぞれの趣味や好み、体調によって選べる、様々なスタイルの森林セラピーが用意されています。
森林ヨガのスペース
 
hoshizora2_jougetorim.jpg
星空浴

香りの道 登計トレイルでセラピー体験

奥多摩町にある、日本初の森林セラピーロード「香りの道 登計トレイル」を使用した森林セラピーをご紹介します。「登計山」の麓にあることから名付けられた全長1.3kmの 「登計トレイル」。 まず、最初のビジターセンターで血圧と唾液アミラーゼでストレスホルモン値を測定してから、ガイドの方と一緒に森の中に作られたトレイルを歩いてゆきます。この登計トレイルには、車いすのモノレールも設置されているほどで、子供たちから年配の方まで無理なく山歩きができるようになっています。このトレイルが 「香りの道」と呼ばれているのは、森の香りと同時に、敷き詰められた杉とヒノキを砕いたチップの香りも楽しめるから。しかも、このチップがクッションになり、足に負担をかけず、楽に坂道を登ることができるのです。 
trail2_jouge_trim.jpg
香りの道

そして、途中には何ヶ所も背もたれと椅子が設置され、少し歩いたら、椅子にゆっくり座って休めるようになっています。椅子に体を預け、森の景色や流れる雲を眺めていると、鳥の鳴き声や樹々を渡る風の音にも気がつきます。視覚、聴覚、植物たちの手触り、森の香り、そして、数ヶ所設けられているサービスステーションでのティータイム。まさに五感を刺激してくれるセラピーです。 森を歩く人への思いやりに溢れ、人と自然が一体になって癒しと元気を与えてくれます。最後に トレイルの終点にあるサービスステーションで、再び血圧とストレスホルモン値を測定します。最初の数値と比べて自分がどの程度癒されたかを科学的な数値で確認できることも、この森林セラピーの大きな魅力といえますね。 
trail3.jpg

森で癒やされ元気をもらうのは、私たち人間だけではなく、昆虫たちもいっしょです。森で命を育む昆虫たちを写真と切り紙で表現しているのが、このボタニカルライフでも以前にご紹介した今森光彦さんです。今森さんの作品展「今森光彦  写真&ペーパーカット展 楽園の昆虫たち」が、ノエビア銀座ギャラリーで開催されています。今森さんの作品からは、命へのあたたかいまなざしと情熱が感じられ、まるで森の中に佇んでいるように、私たちの心に豊かな潤いを届けてくれることでしょう。

今森光彦 写真&ペーパーカット展「楽園の昆虫たち」

日程:開催中〜2017年9月1日(金)
会場:株式会社ノエビア 銀座本社ビル 1F ノエビア銀座ギャラリー
写真と切り紙、それぞれの作品で、昆虫の生態や美しさが表現されている作品展です。
入場無料 開催時間は10:00~18:00(土日祝は17:00まで) 
kaijou.jpgsakuhin_5_4_trim.jpg

問い合わせ先:株式会社ノエビア
TEL. 0120­­–401­­–001(平日9:00~17:00)
http://gallery.noevir.jp



奥多摩森林セラピー
問い合わせ先:一般財団法人おくたま地域振興財団
〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川215番地6 奥多摩町役場 地下2階フロア
TEL. 0428­­–83­­–8855 / FAX. 0428­­–83­­–8856