ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2017.06.30

Botanical Journey

Botanical Journey5
色とりどりの紫陽花と潮風に包まれる、鎌倉ボタニカルジャーニー

6月から初夏にかけて、彩り豊かに私たちの目を楽しませてくれる花、紫陽花(あじさい)。古都・鎌倉では、その紫陽花を豊かな緑と溢れる風情のなかで、心ゆくまで楽しむことができます。 

6月のボタニカルジャーニーは、万葉の昔から日本人に愛されてきた紫陽花の名所を訪ねる、鎌倉への小さなボタニカルジャーニーです。  

紫陽花が似合う古都・鎌倉

東京の都心からでも、電車で1時間ほどで出かけることのできる古都・鎌倉。四季を通して人気を集めていますが、この6月から初夏にかけては、鎌倉が最も魅力的になる季節です。その理由は紫陽花。紫陽花の3大名所として知られる明月院、長谷寺、成就院のほか、お寺や街のいたるところが、豊かな色合いの紫陽花に包まれ、心を癒やしてくれます。三方を山、一方を海に囲まれた鎌倉は、もともと地形と気候が紫陽花の生育に適している場所。水がきれいなことに加え、 紫陽花の根が横に張ることで、土砂の崩れを防ぐ効果もあり、いたるところに紫陽花がうえられていきました。お寺が多いため、祈りの場所にふさわしく、花を大切にする文化もあります。その鎌倉の紫陽花が、ちょうど今、見頃を迎えています。 
ajisai5.jpg

山々の深い緑のなかに鮮やかに息づく紫陽花の花、街中はもちろん、ちょっと足を延ばして、海辺の潮風のなかで楽しむ紫陽花の花。この時期ならではの紫陽花を巡る、小さなボタニカルジャーニーを楽しんでみてはいかがでしょうか? 

「明月院ブルー」、明月院の青い紫陽花の秘密

鎌倉への旅の玄関口と言えるのが「北鎌倉」駅。駅を降り10分ほど歩くと、鮮やかな青い紫陽花とともに私たちを迎えてくれるのが「明月院」です。1160年創建で、「悟りの窓」と言われる円窓、花菖蒲、枯山水庭園など見所の多い寺院ですが、別名「あじさい寺」としても知られるほど、紫陽花が見事です。代名詞となった紫陽花は参拝者の心を和ますために、戦後、当時の住職が植えたもの。ここ明月院で咲くほとんどのヒメアジサイが、鮮やかな青色であることから、その色は「明月院ブルー」と呼ばれています。紫陽花は、土壌の成分で花の色が変わり、 酸性が強いと青系、アルカリが強いと赤系になるとか。明月院では満開になってから少し経った頃、この青が最高の色合いを見せてくれます。その数約2500株。毎年剪定した中から約300鉢のさし木を行い、1年間植木鉢で大切に育て、その後、山中の畑に植え、4年目から5年目にやっと院内に植えられます。その細やかな管理も、明月院ブルーの秘密の一つです。
鎌倉石の参道〜あじさいの参道
 
jizou.jpg
花想い地蔵

「江ノ電」で紫陽花巡り

さて、「北鎌倉」駅から再びJRで「鎌倉」駅に。続いては、鎌倉から江ノ島に向かう「江ノ電」を乗り継いで、紫陽花の名所を目指しましょう。 江ノ電「長谷」駅で下車し、次の駅「極楽寺」駅までの間を歩くと、紫陽花の名所をいくつも体験できます。特に御霊神社(ごりょうじんじゃ)前では、紫陽花の花に囲まれて走る江ノ電を楽しむことができます。100年以上の歴史を持つレトロな江ノ電と線路沿いの紫陽花の組み合わせは、鎌倉ならではの風景です。 また、歩く途中で海が見えたり、潮風が感じられたり、紫陽花と緑深い山々の自然の癒しを、五感でたっぷり体験できます。
gokurakujimae7.jpg
極楽寺前
enoden2.jpg
江ノ電と紫陽花
 
続いて、「極楽寺」駅で再び江ノ電に乗車し、「稲村ヶ崎」駅で下車。ここまで来ると海はもう目の前。富士見100選として知られる「稲村ガ崎の海浜公園」は、由比ガ浜と七里ヶ浜の間にある岬。ここでは自生の紫陽花を楽しむことができます。もちろん、お天気次第では富士山も。紫陽花を巡る小さな旅の締めくくりに、一足早く初夏の海の景色と潮風に包まれて、紫陽花を楽しむのはいかがでしょうか。
inramuragasakiajisai2.jpg
稲村ガ崎の海浜公園の紫陽花
 
日本古来の自生の植物、紫陽花。「藍の色が集まったもの」という意味の「あづさい(集真藍)」からその名が来ていると言われています。青い紫陽花の代表的な花言葉は「辛抱強い愛」。ピンクの紫陽花の花言葉の一つは、「元気な女性」。白い紫陽花の花言葉の一つが、「寛容」。紫陽花を巡るボタニカルジャーニー。色とりどりの紫陽花との出会いは、きっとあなたに元気をくれることでしょう。
 
 
 
◆明月院(めいげついん)
アクセス:JR横須賀線「北鎌倉」駅より徒歩10分
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189
 
◆御霊神社(ごりょうじんじゃ)
アクセス:江ノ島電鉄「極楽寺」駅徒歩10分、または「長谷」駅徒歩5分
住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
 
◆稲村ガ崎の海浜公園(いなむらがさきのかいひんこうえん)
アクセス:江ノ島電鉄「稲村ヶ崎」駅から徒歩5分(改札出て左方向、国道134号線沿い)

2017.06.23

Botanist

Botanist15
木との対話で生まれるアコースティック・ギター、その美しき音色の秘密

ローズウッド、メープル、マホガニー。森から切り出された木材は、何年も大切に保管、乾燥されたあと、ルシアー(ギター職人)の手によってアコースティック・ギターに生まれ変わります。 私たちを魅了するその美しい音色には、木と職人の魂が宿っています。 
20170623_photo/guitter2hole_hidariyose.jpg

植物と素敵に関わる人を紹介する「ボタニスト」。今回は、最高の音を求めてアコースティック・ギター作りにチャレンジする、ギター・ブランド「ザ・フィールズ」のギター作りへの思いをご紹介します。 

心に響くアコースティック・ギターの音色

弦と木の共鳴によって生まれる、深みのあるあたたかな音。演奏家たちが奏でるそのアコースティック・ギターの音色は、心に響く無数の音楽を生み出してきました。電気楽器にないナチュラルな音は、ファドやフラメンコなど、人の心を映し出す美しい楽曲や演奏に欠かせないパートナーであり、歌声の背景で奏でられることで、音楽家の心のメッセージを引き出し、聞き手である私たちの心をとらえてきました。また、アコースティック・ギターはその姿、スタイルによっても人の目と心を魅了します。特に、自然が長い時間をかけて作り上げた年輪は、「木目」の模様として、そのままギターの個性や美しさとなり、奏でる人に触れる感動と弾く喜びを与えてきたのです。

木の種類で変わるギターの音色

神戸を拠点に作りだされる、「ザ・フィールズ」のオリジナル・アコースティック・ギター。材料となる木の特性を生かし、独自のこだわりの技術で生み出される、まさに名器の名にふさわしいギターです。アコースティック・ギターは材料に使う木の種類で鳴る音が違ってきます。それは木の持つ質感によって、音の響き方が違ってくるからだそうです。例えば、ローズウッド(紫檀)は比較的重いため、輪郭のしっかりした重厚感のある音を出すのに適しています。メープル(楓)はバランスの取れた重さと粘りが特徴で、メローな優しい音の響きを持っています。そして、マホガニー(桃花心木)は柔らかく軽いので、明るく軽やかな音。木の持つ個性で音の反響が変わり音の違いが生まれる。つまり、ギターの響きは、木そのものの音なのです。 「ザ・フィールズ」にとってギター製作とは、「木を知ることに始まり、木の美しさを最大に引き出して、そこに音の世界を加える」という作業。 自然の生み出した木をパートナーに、少しでも自分の理想のイメージに近い音、形を作る挑戦なのです。 
(左)ローズウッド/(右)マホガニー

ギター製作、こだわりの工程

製材された木は、最低でも5年以上の間、工房に保管して自然乾燥され、ギター作りの材料となりますが、製作の作業に入っても出来上がるまで何年もかかる仕事です。まず、大切なのが材料の木を曲げて作りだすボディの曲線。丸みを帯びたその姿こそギターの命で、微妙なくびれや曲線は音響工学も念頭に入れて独自にデザインされています。また、アコースティック・ギターの音にとって、とても大切な役割を果たしているのがサウンドホール。ボディ中央に空いた穴の部分で、弦と木の音の共振を外に向けて放出することで、はじめて豊かな音が響いてきます。 

さらに、木にはそれぞれ個性があるため、製作は一つ一つの木に合わせたアプローチが大事。大切なことは木と語り合い、「木の持つ強さ、個性を把握し、丁寧に作り上げる」こと。そこから最高の音色が生まれてきます。そして、その姿、形も大切な要素。木材ならではの質感や見た目のあたたかさ、木目の美しさが使う人の心をとらえて、その印象は音にさえ影響を与えるそうです。「ギターの音は、木と職人の一期一会の出会いによって生まれるもの。一本のギターが完成することで、世界にまた新しい音の世界が生まれることが素晴らしい。 我々フィールズの目指す音は、まず木の美しさがそのまま音になったような美しい音であり、その音に木が感じられること。 綺麗な音の原点は、木にあるんです。 アコースティック・ギター作りは、木の素晴らしさを感じ、木に感謝して作る幸せな仕事なんです」。「ザ・フィールズ」のアコースティック・ギターを生み出す、冨田洋司さんの言葉です。
メープル
 
また、これから アコースティック・ ギターを始めたい、習いたいと思っている方にアドバイスをいただきました。「まず、自分がギターを手にもって音を出す時に、反応がいいと思ったものを選ぶこと。 力を入れないで弾いても、音が広がるギターがいいギター。楽に弾けるので、リラックスして音を出せます。上手になるためにはまず、弾き易いもの、楽に弾けるものを選ぶこと」が大事だそうです。
 
アコースティック・ギターは、貴重な木を切り、削り、磨き作られたもの。だからこそ、アコースティック・ギターの音色はより心に響く魅力を持っているのかも知れません。木が森で生まれ成長した年月に思いを馳せると、一本のギター誕生には驚くような自然の営みと、長い時の流れが秘められていることに気づかされます。
 
 
 
ザ・フィールズ(ヒロ・コーポレーション)代表・冨田洋司
1975年に神戸でギターショップを開店。ヴィンテージ・ギターを海外から輸入する他、個人製作のギターを発信。その後、「ザ・フィールズ」ブランドのギターを製作。2006年に神戸に新工房を完成させ、新たなギター作りにチャレンジしている。

2017.06.16

Botanical Recipe

Botanical Recipe15
手軽にできる「梅仕事」。今だけの、おいしく爽やかな梅レシピ

6月、梅雨のシーズンの到来とともに店頭に並ぶフレッシュな青梅。ミネラルなど大地の豊富な恵みを蓄え、青々と実った、この日本の伝統の食材には、私たちの身体にうれしい栄養がたくさん含まれています。 
umenoki.jpg

6月のボタニカルレシピは、日本人の食に欠かすことの出来ない「梅」の魅力と、爽やかな味を手軽に楽しめる梅レシピをご紹介します。 

今だけのお楽しみ! 梅仕事の魅力

「梅雨」の雨の恵みを受けてまるまると実った梅。6月の今、収穫の最盛期を迎えています。栄養豊富な梅の大きな特徴は、「有機酸」が多く含まれていることです。 クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸などの有機酸は、疲労回復や殺菌などに効果があり、 ビタミンも、A、B1、B2、Cなどを含んでいます。 豊富なミネラルの含有量はみかんやりんご、葡萄よりも多いそうで、カルシウムもりんごの4倍。鉄分は6倍の量が、この小さな実に含まれているのです。 主に梅酒や梅干しとして日本では古くから親しまれてきましたが、フレッシュなものが手に入るこの時期、より手軽にジュースやジャムにすることで、これから夏に向けて、健康的でおいしく爽やかな味を楽しめます。

梅ジュースで夏を爽やかに、健康に!

梅の栄養を手軽においしく楽しめるのが梅ジュースです。家族全員で楽しめるので、食欲がなくなる夏の食卓にもおすすめです。新鮮な青梅を用意し、清潔な保存瓶に梅と果糖を交互に入れて保存。1日に1回は瓶を回しながら梅と果糖を馴染ませ、果糖が完全に溶けたら飲みごろです。冷蔵庫で保存して、冷たい水でお好みの濃さに薄めて楽しんでください。
 
<梅ジュースレシピ>
・青梅 … 1キロ 
・果糖 … 1キロ 
・2リットルの保存瓶 
・35度以上の香りの少ないリカー … 少々 
 
1. 青梅は傷ついているものは除き、大きめのボウルか鍋で3回水を替えながら洗い、竹串でヘタを取った後、ざるに取り出し水気をふき取る。 
白あり/heta_notorim.jpg
白あり/zaru_notorim.jpg

2. 煮沸してリカーで乾拭きした保存瓶に梅→果糖→梅→果糖を繰り返して入れる。水分が出てくるため、量は瓶の半分ほどに。


3. 1日一回瓶を回しながら梅と果糖をなじませ、果糖が完全に溶けたら出来上がり。1、2週間くらいが美味しくいただけます。 

梅を買ったその日に楽しめる、新鮮梅ジャムレシピ

梅ジャム作りも、新鮮な青梅をおいしく味わうためのおすすめレシピ。水で茹でこぼした梅の実をつぶし、砂糖を加えて、煮詰め、最後にブランデーを加えて、香り豊かに仕上げます。冷ましたら清潔な保存容器に移して出来上がり。冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べきるようにしましょう。また、梅を煮るときは「銅鍋」を使うと、より緑鮮やかな梅ジャムが出来上がります。
 
<新鮮梅ジャムレシピ>
・青梅 … 1キロ 
・砂糖 … 800g 
・ブランデー … 大さじ1~2 
 
1. 青梅は傷ついているものは除き、大きめのボウルか鍋で3回水を替えながら洗い、竹串でヘタを取った後、ざるに取り出し水気をふき取る。
 
2. 鍋に梅を入れ、かぶるくらいの水で2回茹でこぼし、梅が崩れ始めたら金ザルで梅をつぶしながら漉して種を取り除く。
白なし/nabe.jpg

3. ペースト状になった梅に砂糖を加えとろみが出るまで煮詰め、仕上げにブランデーを加え、一煮立ちさせたら出来上がり。
白なし/sake.jpg
 
4. 煮沸消毒し、リカーで乾拭きした保存瓶に入れ、冷蔵庫で保存する。
白なし/jum.jpg

青梅は傷みやすいので、買ってすぐ新鮮なうちに、加工するのが大事なポイント。その年に収穫された梅を使って梅の保存食を作る「梅仕事」は、まさに季節を楽しみ味わう、日本ならではの知恵。 梅ジュースと梅ジャムはとても手軽にできますので、夏の健康な毎日に向けて是非、お試しください。 

 


調理監修 上島亜紀
料理家。パン講師、食育アドバイザー、ジュニアアスリートフードマイスター取得。簡単に作れる家庭料理からおもてなし料理まで、幅広く提案。主宰する料理教室「A’s Table」では、楽しくて美しいおもてなし料理を、不定期開催の子どもの料理教室「Chanto!Chanto!」では、作ること、食べてもらうことの楽しさを伝えている。 著書は、『はじめてでもおいしくできる 梅干し・梅レシピの基本』(朝日新聞出版 共著)など多数。

2017.06.09

Botanical Goods

Botanical Goods7
ティータイムがより楽しくなる、アイデアグッズたち

ローズヒップやミント、カモミール。丁寧に淹れたハーブティーは、香りがよいだけでなく、リラックス効果など心身への効果も期待できるうれしい存在です。 
20170609_photo/main_teaforte.jpg

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、ハーブティーを淹れるのがより楽しくなるティータイムアイテムと、この時期におすすめのハーブティーをご紹介します。 

ハーブティーを目でも楽しめる、スタイリッシュ&高機能ティーポット

一人で飲む時だけでなく、お客さまを招いた際などに重宝するのが、おしゃれなティーポットです。人数分の茶葉の量を調節したり、オリジナルブレンドも楽しむことができます。

スタイリッシュな見た目で機能性も高いのが、デンマーク・コペンハーゲンのテーブルウェアブランド「bodum(ボダム)」のティーポットです。中でも一番人気なのが、ティーポットシリーズ「ASSAM(アッサム)」。ASSAMは、もともとはコーヒー関連商品を取扱っていた「bodum(ボダム)」が、コーヒーメーカーの機能を応用し、1991年、英国紅茶協会のためにデザインしたもの。透明な耐熱ガラスでできたコロンと丸いビーカーの中に、洗って何度も使えるステンレス製のフィルターをセット。太い円柱状にデザインされたフィルターは、お湯の中で茶葉が“踊る”スペースが十分に確保されています。好みの濃さまで抽出することができたら、上からプランジャーを押し下げることで茶葉がフィルター下部に封じ込まれ、抽出をストップすることができます。 
20170609_photo/image002_resize2.jpg

その無駄のないデザイン性だけではなく、ハーブティーを目でも楽しめるティーポット。大きさも0.5L、1Lとたっぷりサイズですので、ホームパーティーなどで活躍しそうです。 

淹れるのが楽しくなる、かわいいティーバッグやティーアイテム

香りや味だけでなく、パッケージやデザインも楽しめるかわいいティーバッグやティーアイテムがあります。絵画や絵本のような美しいイラストや、細部の形状にまで凝ったものも多く、インテリア雑貨を選んでいるような感覚で楽しく選ぶことができます。

紅茶専門店「Tea forte(ティーフォルテ)」が手がける紅茶シリーズは、ティーバッグから萌え出たかのような細い茎と、その先についた愛らしい葉っぱがチャームポイント。ピラミッド型のティーバッグは自立し、お湯に浸しても形がくずれないため、ティーカップの真ん中にちょこんと置いて、抽出中はその愛らしい姿を眺めて癒しの時間を過ごすことができます。ブランド設立翌年の2004年にはベスト・フードギフト賞、ベスト・デザイン賞をダブル受賞、2011年にもベスト・フードギフト賞を再受賞するなど、贈り物に最適な逸品として愛され続けています。 
20170609_photo/HerbalTea_lifestyle_resize.jpg

テーブルウェアブランド「HANASAKA(ハナサカ)」のプロダクトのひとつ「BUTTERFLY TEA(バタフライティー)」シリーズは、美しい蝶の形をしたティーバッグの持ち手部分をカップにひっかけると、まるでマグカップのふちに蝶が舞い降りたかのよう。同デザインのマグカップ「BUTTERFLY MUG(バタフライマグ)」も展開されており、持ち手に指をかけると、今度は蝶が指先に飛び移ったかのように。ティーパーティーで話題の中心となることでしょう。 
20170609_photo/hanasaka3.jpg
20170609_photo/hanasaka1.jpg

紅茶缶も、美しいイラストや柄のものを選びたいですね。紅茶専門店「TEAPOND(ティーポンド)」は、ホワイトの缶にシックでクラシカルな鳥や動物、クリスマスツリーなどが描かれた紅茶缶が人気。缶単体での購入が可能で、見た目がかわいいだけでなく、内蓋つきで機能的です。ハーブのブレンドを自分で楽しんでいる方にもおすすめです。
20170609_photo/teapond.jpg

梅雨を爽やかに! この時期おすすめのハーブティー

さて、湿度が高くじめじめとしたこの季節を軽やかに乗り切るために、おすすめのハーブティーもご紹介しましょう。

・ラベンダーティー

この季節に花を咲かせるラベンダーは、とても上品で華やかな香りが特徴で、サシェや入浴剤などに用いられることも多いハーブです。ハーブティーにすると鮮やかなパープル色のティーが抽出でき、味わいはとてもスッキリ。ストレスなどで神経が不安定になっている時には、ラベンダーの香りをかぐだけでリラックス効果や安眠効果が期待できると言われています。

・ローズマリーティー

きりっとスパイシーな香りが特徴的なのがローズマリー。その香りが頭をすっきりさせ、集中力を高めるとも言われています。朝の目覚めの一杯にローズマリーティーを飲むことで、シャキッと清々しい一日をスタートできることでしょう。 

香りを十分に楽しめるのはホットハーブティーですが、夏に向けては、アイスハーブティーとして飲むのもおすすめ。ホットの2倍の量の茶葉で抽出して氷入りのグラスに注ぐか、丸一日かけてじっくり水出しすればまろやかな口当たりのアイスハーブティーが出来上がります。

その香りでも、効能でも、私たちにうれしい効果を与えてくれるハーブティー。お気に入りのティータイムアイテムを揃えて、ハーブティーで心身ともにリフレッシュし、梅雨の季節を乗り切りましょう。

2017.06.02

Herbal Life

Herbal Life15
梅雨の季節も花の力でリフレッシュ、お部屋を爽やかにする花の飾り方

間もなく梅雨の季節がやってきます。陽差しも少なく雨が続くと、お部屋の中も気持ちも、ちょっと湿りがちに。そんな時はお花の飾り方をひと工夫して気分をリフレッシュしましょう。 
main.jpg

6月のハーバルライフは、雨の日もお部屋を素敵に演出するフラワーアレンジメントのコツ、爽やかな空間を生み出す飾り方をご紹介しましょう。

ホワイトとグリーンの組み合わせでリフレッシュ

梅雨の時期は窓を開ける機会も少なくなり、お部屋の空気も滞りがち。そんな時にお部屋のムードを上品にリフレッシュしてくれるのが、白と緑の花を組み合わせたフラワーアレンジメントです。おすすめの花は、まず白い花が「アリウム コワニー」。5月から6月に咲くユリ科の花です。そして緑の花は、咲いているかたちが紫陽花に似た「ビバーナム・スノーボール」。こちらも春から夏にかけてが開花時期でガーデニングにもよく取り入れられる花。2つともこの時期にはお花屋さんでもよく見かけることが出来ます。白と緑、この2つの花を組み合わせて花器に活ければ出来上がりです。ナチュラルで「清楚、清潔」といったイメージを与えてくれる「白と緑」の組み合わせが、お部屋の中に自然の爽やかな風を感じさせてくれます。 
white_green.jpg

季節の花、紫陽花のフラワーボール

6月に大輪の花をいくつも咲かせるのが紫陽花です。街中でもふとした場所で目にすることが出来ます。この季節、屋外で雨に打たれる紫陽花も素敵ですが、お部屋の中にもこの季節ならではの花、紫陽花を飾ってみてはいかがでしょうか。もともと紫陽花の花は大きいため、存在感が強く、お部屋の中に飾る時はアレンジが難しいとされています。でも、その存在感の強さを逆に利用した大胆なアレンジが、花をボール型にして活ける方法です。まず、花を3、4つほど合わせてボールの形を作ります。ちょっと小さめのサッカーボールのイメージです。茎の部分を縛って固定し、直径10センチ程度の筒状のガラスの花器にちょこんと紫陽花の花のボールが乗っているように飾ると、アートな雰囲気で、洋風のインテリアにも和風のインテリアにも合う、フラワーアレンジメントの出来上がりです。 
ball1.jpg

紫陽花は薄いブルー、ピンクなどがおなじみですが、品種改良が進んでグリーン系の花もフラワーショップで見ることができます。お部屋に合わせた色合いをチョイスして、チャレンジしてみてはいかがでしょう。また、少し華やかさを演出したい時は、その紫陽花のボールにピンクの花を何本か組み込んでみましょう。ピンクのトルコキキョウやカーネーションがおすすめです。ブルー系の紫陽花にピンクの花なら、お部屋の空気を華やかに演出してくれます。冷房、除湿などエアコンを使う機会もこの時期は多くなりますが、紫陽花の花のボールをお部屋に飾って、目にも気持ちにも優しい自然の癒しを感じとってみませんか。 
ball2.jpg

紫陽花を水を張ったお皿で楽しむ

たくさんの花が集まっている紫陽花やビバーナム・スノーボールですが、たくさんの花たちに水を運んでいるのが、実は一本の細い茎です。そのため水あげが悪く、注意しないと日持ちも短くなってしまいます。水が多く入る大きめの花器を用意しましょう。また、お皿やボウル状の花器もおすすめです。紫陽花やビバーナム・スノーボールの小さい花の部分を数輪切り取って、水に浮かべたアレンジが楽しめます。実は、これらの花はバラバラにすると水を吸わなくなり、傷みも早くなるのですが、たっぷりの水に浮かべてあげることで、花持ちも良くなります。ガラスのお皿の花器は、スープ皿でも代用できますので、お部屋のムードや花の色に合わせて選んでみてはいかがでしょう。食卓に飾っても目に涼しく、食事の時間が楽しくなりそうですね。
 
雨は花や植物になくてはならない空からの恵み。でも、湿気の多さや太陽の出ない空模様に、気持ちが沈んでしまうことも。紫陽花やビバーナム・スノーボールなど、季節の花ならではの色合いや香りを上手にお部屋に取り入れて、気分をリフレッシュ。爽やかで快適な毎日を心がけましょう。