ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2017.05.26

Botanist

Botanist14
四季を映す“和菓子”、日本の自然と向き合う老舗の菓子作り

その繊細な味はもとより、見ための美しさにも心なごむ和菓子。その和菓子には、味、姿ともに自然や四季、花や果実の存在が大きく関わっています。 
四季それぞれの生菓子  ※写真はイメージ
 
植物と素敵に関わる人を紹介する「ボタニスト」。今回は室町時代後期より続く和菓子の老舗「とらや」さんの、自然の花や植物を再現するお菓子作りについてご紹介します。

和菓子を生んだ日本の風土

間もなく6月です。いよいよ梅雨の季節を迎えるこの時期、とらやさんで作られるお菓子が「紫陽花」(販売期間:6月1日~6月15日)です。6月の季節の花、紫陽花が雨露にぬれて輝く姿をイメージして作られました。また、同じ時期に店頭を飾るのが「若葉のかおり」(販売期間:6月1日~6月15日)。緑の道明寺饅頭に楓の焼印を押したもので、草木の緑鮮やかな姿や、生命力に満ちあふれた姿を思い起こさせてくれます。まるで季節の移り変わりを教えてくれるかのように登場する和菓子の数々。 花や植物の姿の変化を私たちに一足早く感じさせてくれる、自然からの使者のような存在です。
namagashi2.jpg
紫陽花/若葉のかおり

和菓子は自然からの贈りもの

世界中のお菓子の中で日本の和菓子ほど季節や自然を意識したものはないでしょう。 古来、日本人は自然をこよなく愛し、「万葉集」の時代より四季折々の花を歌に詠んできました。また、花は絵画や装飾品の題材として好まれ、表現されてきました。お菓子も同じで、季節の花を模して作られるものもあります。そして、そのこだわりは見ためだけではなく、素材や味にも。和菓子は卵以外、基本的に植物性の原材料が使われます。中でも欠かせないのが小豆。古来、その赤い色は、災いや病をしりぞけるという信仰があり、日本人の食生活と密接に関わってきました。また、これから夏に向けてのお菓子に欠かせない素材が、寒天や葛。その涼しげな透明感や味わいは、日本の夏ならではのお菓子に生かされてきました。和菓子は、すべてが自然からの贈りものといえますね。
水仙卯の花
 
「水仙卯の花」(販売期間:6月1日~6月15日)も夏のお菓子。半透明の葛生地を使い、白と緑の色合いで清らかな花の美しさを表現しています。

和菓子は四季を映す五感の芸術

和菓子のテーマとなる、四季の花や植物。春を代表するのは梅や桜。その他に、すみれ、つくし、菜の花など可憐な野の草花を題材にしたものもあります。晩春から初夏は、藤、山吹、青楓、杜若、菖蒲、紫陽花。夏は朝顔、ひまわり。秋は菊、秋の七草の桔梗、そして葡萄や梨、栗、稲穂や柿といった収穫をイメージさせる果実や穀物。その後訪れる紅葉から落葉といった季節の風景、お正月に向けての水仙や福寿草。そして、新年には松竹梅、根引きの松と、日本人の季節の移り変わりを感じ取る繊細な心が表れているようです。
20170526_photo/namagashi_black_m2.jpg
唐衣/香ばら
 
和菓子作りは手仕事が基本。職人は日常においても、四季の移り変わりを感じとることや、植物や情景をよく観察することが求められるそうです。 歴史や風土、生活様式、味覚、文学、そして絵画など、あらゆる日本の文化が、手のひらの中で小さな和菓子となって調和し、味覚、嗅覚、触覚、視覚、そして菓子の名前の響き、つまり聴覚までもにおいしさと喜びを届けてくれます。それが「和菓子は五感の芸術」と言われる所以なのかも知れません。同じ花を和菓子にしても、和菓子屋さんによって菓銘や表現が異なるそうです。 職人それぞれが作りだす和菓子が、まさに一期一会の存在であることを知ると、より和菓子との出会いが楽しみになりますね。
 
 

とらやの和菓子/株式会社 虎屋
https://www.toraya-group.co.jp
※今回ご紹介した和菓子の発売詳細、取り扱い店についてはこちらのサイトよりお問い合わせください。

2017.05.19

Botanical Recipe

Botanical Recipe14
新緑の季節に目にも鮮やか! グリーンピースの爽やかスープ

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや楽しみ方を“食のプロ”に教えていただくボタニカルレシピ。今回は、「グリーンピース」を使ったスープレシピを柳瀬久美子さんに教えていただきます。 晩春から夏にかけて旬を迎えるグリーンピースは、見た目も鮮やかで、栄養も豊富。季節感いっぱいのスープです。 
20170519_photo/main.jpg

今が旬! グリーンピースがスープにおすすめのわけ

「グリーンピース」は、えんどう豆の中で熟しきっていない豆のこと。 缶詰や冷凍食品で出荷されるものがほとんどですが、 晩春から夏にかけては旬を迎え、新鮮なものが豊富に手にはいります。新鮮なものは甘みが強く食物繊維も豊富で、腸の働きを活性化させ、肌にもよい作用が期待できます。また、高血圧予防に効果的とされる「カリウム」や、疲労回復にいいとされる「ビタミンB1」なども含んでいます。スープ料理にすることで、それらの吸収をより高め、効率よく摂取することが出来るのです。 

旬のアサリとグリーンピースのスープ

まさに今が旬のグリーンピースと、これも今が旬のアサリを使った季節感を2倍楽しめる一品。たっぷりのグリーンピースとアサリで畑の恵みと海の香りを同時に楽しむことができる贅沢なスープです。まず、エシャロットとセロリをスライス。アサリは塩抜きなどの下準備をして、エシャロットとセロリと一緒に鍋に入れ、水を加えて火にかけます。アサリが開いたらアサリだけ取り出し、アクを取り、中火で煮立てて、漉し器で野菜を取り除きます。そこにグリーンピースを加えて3〜4分煮て火を通し、アサリを加えて、味を整えたら出来上がり。たっぷりのグリーンピースの緑が美しく、アサリのプリプリした食感とグリーンピースのほくほくした食感を一緒に楽しめるスープです。
グリーンピースとアサリのスープ
 
■材料(2人分)
グリーンピース(さやごと) … 200g
アサリ … 200g
水a … 30cc
白ワイン … 30cc
タイム … 1枝
エシャロット … 1/2ヶ
セロリ … 6cm
水b … 400cc
塩・こしょう … 各適宜
 
■作り方
1. エシャロットとセロリはスライスする。
2. アサリは塩抜きしておき、使う直前に流水で良く殻をこすりつけるようにして洗っておく。
3. 鍋にアサリ・水a・白ワイン・タイム・エシャロット・セロリを入れ火にかけ蓋をする。
4. アサリが開いたらアサリだけ取りだし水bを加え、再び煮立ったらアクを取り10分くらい弱めの中火で煮立てたら漉し器を通して香味野菜を取り除く。液体だけを再び鍋に戻し、グリーンピースを加え3〜4分煮てグリーンピースに火を通す。
5. 味を見て塩・胡椒で味を調えアサリを加え温めたら器に注ぐ。 

グリーンピースのポタージュ

続いてご紹介するのは、グリーンピースのポタージュスープです。食物繊維が豊富なグリーンピース。それをポタージュにすることでよりお腹に優しく、たくさん摂ることができます。まず、たまねぎとグリーンピースをソテーし、水と固形スープを加えてグリーンピースが柔らかくなるまで煮ます。火が通ったら牛乳を加え、ブレンダーにかけポタージュ状にして漉し、沸騰しないように暖めたら味を整えて出来上がり。 グリーンピースの緑がより引き立つように 、お好みで生クリームを入れて召上がってください。
グリーンピースのポタージュ
 
■材料(2人分)
グリーンピース(さやごと) … 200g
玉ねぎ … 1/4ケ
グレープシードオイル … 大さじ1
水 … 200cc
固形スープの素 … 1/2〜1ケ(メーカーによる)
牛乳     … 200cc
塩・胡椒          … 各適宜
生クリーム … 少々
 
■作り方
1. 玉ねぎは薄切りにしておく。グリーンピースはさやから出しておく。
2. 鍋にグレープシードオイルを熱し玉ねぎを加え玉ねぎが透き通って来るまでソテー。さらにグリーンピースを加え全体に油を回すようにさっとソテーする。
3. 水と固形スープの素を加えグリーンピースが柔らかくなるまで煮る。
4. グリーンピースに火が通ったら牛乳を加え、全体が均一に温まったらハンディブレンダーにかけポタージュ状にして粗めのザルなどで漉す。
5. 再び鍋に入れ沸騰させないように温めたら、味を見て塩・胡椒で調味。
6. 器に注ぎ、生クリームをまわしかける。
 
 
グリーンピースは、さやから出して時間が経つと風味が落ちてしまうので、さや付きで買って、調理の前にさやから出して使うのがおいしく食べるコツ。 普段、料理のアクセントに使われることの多いグリーンピースですが、この時期にこそ、たっぷりと召上がっていただきたい旬の食材です。
 

 
柳瀬久美子(やなせ・くみこ)
レストランや洋菓子店などでの修行を経て、渡仏。エコール・リッツ・エスコフィエでディプロマを取得。帰国後、独立し、書籍や雑誌、広告などで幅広く活躍中。本格的な味わいで美しい料理に定評がある。自宅では料理教室とお菓子教室を主宰。

2017.05.12

Botanical Goods

Botanical Goods6
自然の素材で夏を涼しげに、竹のある生活の魅力

古くから日本人の生活に寄り添ってきた竹。すがすがしい竹林の景色は、日本人の原体験に刻まれたもののひとつなのかもしれません。さらに、多湿な日本の気候にあって抗菌性、調湿性に優れた竹は、衣食住すべてに重宝されてきた植物です。 
chikurin.jpg

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、自然の素材感で夏を涼しげに演出してくれる竹を使ったグッズの魅力をご紹介します。 

竹の特性を生かした日用品たち

地下茎から伸びて、成長も早い竹は、古くから日本人の生活になくてはならない植物でした。3年で資源として使える成長の早さはとても有用で、しかも、優れた特性を数多く持っています。抗菌性、調湿性が高く、保存に適しているため、竹のすだれ、竹籠、竹ざるなど日用品の素材として多用されて来ました。 たとえば、竹皮でおにぎりを包むと腐りにくいとされ、通気が良く蒸れないので、かわいい竹籠はお弁当入れとしても人気です。また、「テルペン」と呼ばれる香りの成分はリラックス効果を高める効果も認められており、夏の食材を入れた際の涼しげな風合いも愛されています。実用的で毎日使うのが楽しくなる味わいが竹製品の魅力です。
soumen_m.jpg

竹細工と暮らすライフスタイル

木でもなく草でもない独特の素材感、その丈夫さと加工のしやすさで、竹は様々なライフスタイルグッズに取り入れられています。 例えば、身の厚みを生かして、カトラリーやお皿として加工され、その質感はキッチンに彩りを添えてくれます。特にこれからの季節、ちょっとした盛り皿やカトラリーなどを、涼しげで爽やかな竹製のものに模様替えをしてみてはいかがでしょう。 
syokki_m.jpg

また、日本の代表的な竹の種類のひとつが「真竹」。節間が長いのが特徴で竹細工に向いており、青々とした色合いを生かした青竹細工の品から、油抜きをして落ち着いた風合いの竹籠や花籠に使われています。かつては各村や町に必ず一軒は竹細工の職人がいたと言われ、その歴史の中でさまざまな竹の編み方が生まれました。ゴザ目編み、四つ目編み、六つ目編み、輪口編みなど芸術的な技法で作られた飾り籠は、幾何学的な模様も魅力的です。自然の素材ならではの彩りと涼しさが魅力の竹製品。インテリアとして花器やランプ、風鈴のシェードなども、これからの季節、生活に爽やかな自然の風情を演出してくれます。 
furin_kaki.jpg

ちなみに、竹製品は手入れも簡単で、汚れは濡らした布で水分を与えながら拭くと本来の艶や素材感を取り戻し、経年とともに味わいも深まります。また、中国の風水では「生命力、活力」を与える縁起の良い素材とされており、もちろん、日本でも「松竹梅」というように縁起の良い植物として愛され、祭りなどの催事にも多く使われています。 竹は生命力が強く、成長が早いため竹林を管理することが必要ですが、私たちが竹を多く使うことで里山の保護活動にもつながります。その成長の早さもあって豊富な「天然資源」、「エコな素材」として、改めて熱い視線が注がれている竹。これからの季節、何かひとつ、竹小物を生活に取り入れてみませんか。

2017.05.05

Herbal Life

Herbal Life14
家族で楽しく夏支度 、「グリーンカーテン」を育てよう!

眩しい日差しが溢れる5月。この季節、ぜひ準備しておきたいのが、植物で日差しを遮る「グリーンカーテン」です。ちょうど今から育て始めれば、夏には緑の蔓と葉を広げ、種類によっては実をつけ、夏を涼しく楽しくしてくれます。 
Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:green_main.jpg

5月のハーバルライフは「グリーンカーテン」がテーマ。家族でグリーンカーテン作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 

新しい夏支度、「グリーンカーテン」とは?

「グリーンカーテン」とは、ゴーヤーや朝顔など、ツル性の植物を育てると、蔓や葉が窓や壁を覆うことで日差しを遮り、夏を涼しく快適に過ごせるというものです。夏の日差しを遮る道具といえば、日本では昔から“ヨシズ”が使われてきました。ヨシズは、乾燥させた植物の茎を編んで作ったもの。そんな、“植物の力で夏を快適に過ごそう”というアイデアに、生きた植物を使うという知恵が加わり、グリーンカーテンが生まれたといえます。グリーンカーテンは、太陽の光を遮るだけでなく、“地面から吸い上げた水を茎の中にたくわえて、葉の表面から蒸発させる”という、ラジエーター効果も期待できます。外壁は40℃以上なのにグリーンカーテンの陰になった場所は30℃前後と、優れた日よけ対策となります。冷房の使用を抑制でき、省エネに繋がるだけでなく、窓の外の緑の葉は室内から見ても屋外から見ても、心を癒やしてくれますね。

グリーンカーテンにおすすめの植物たち

さて、実際にグリーンカーテンを作る際、植物選びのポイントはどういったところにあるのでしょうか。「NPO法人緑のカーテン応援団」理事の菊本るり子さんにアドバイスをいただきました。まず第一に、「育てやすい」こと。この5月から夏の終わりまで育て続けることを考えると、世話にあまり手間のかかる植物は向きません。そしてもう一つ、日よけ効果を期待して「葉がよく茂る植物」であること。夏に向けて種を植え、育てる園芸植物と言えば朝顔がおなじみですが、ここでは実を楽しめたり、珍しい花が咲く植物をご紹介しましょう。 

ゴーヤー

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:goya.jpg
耐暑性が強く、日当りの良い場所でグングンと成長するゴーヤーは初心者向け。上手に育てれば実がつき、夏のお料理に彩りをプラスしてくれます。独特の苦みがクセになるゴーヤー。ちょっとした農園気分も味わえる楽しいグリーンカーテンが出来上がります。

②パッションフルーツ 

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:passionfruits.jpg
パッションフルーツも育てやすく、初心者向けです。実の収穫も楽しむことができ、デザートやサラダなどに夏らしい華やかさを添えてくれます。一年草ではないため、翌年も春になると蔓がのび葉が出て、緑のカーテンになってくれます。日差しが厳しい日にはたっぷりの水をあげて育てるのがコツです。

③オキナワスズメウリ 

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:okinawasuzumeuri.jpg
あまり聞き慣れない植物ですが、最近はグリーンカーテン用として需要が高まり、プラントショップやホームセンターでも取扱いが増えてきています。緑に白いスジが入った2〜3cmほどの小さなスイカのような実がなり、最後は赤く染まり、目にも楽しいグリーンカーテンです。ただし、実には毒があるので食べることはできませんので注意が必要です。

④スネールフラワー

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:sneilflower.jpg
葉がとてもよく茂り、うす紫色の小さな花を楽しむことができます。別名「真夏の青いスイートピー」とも言われていますので、夏の窓辺を愛らしくしてくれます。
 
     

グリーンカーテンをうまく育てるコツと知識

グリーンカーテンを育てるために大切なのが土壌の環境作りです。立派な根がはるために、大事なのが土。植物を植えるポットは大きめにして、十分な土を用意しましょう。最近は腐葉土を利用する方が多いようですが、腐葉土は時間が経つと、微生物による分解が進み、土の量がかなり少なくなってしまいます。腐葉土を利用するときは、ポットに入れた土を良く押さえて泥の密度を高くしておきましょう。
 
また、ネットの張り方も大事です。ネットがゆるいと、ネットに蔓が巻き付きません。ネットは必ず弛みがないようにピンと張りましょう。また、同時にネットの設置位置も大事です。良くある間違いは、ネットを植物を植えたポットの内側、壁や窓の側に設置すること。植物は太陽に向かって成長するので、これではネットに向かって蔓が伸びません。ネットは必ずポットの外側の位置に設置してください。土壌の管理、そして、植物の特性をよく知ることで、グリーンカーテンはきっと期待通り真夏に向けて大きく成長してくれることでしょう。
 
夏を快適に過ごせるだけでなく、目にも爽やかで、実も楽しみにできるグリーンカーテン。この夏、どんなグリーンカーテンと過ごすか、家族みんなで相談し、グリーンカーテン作りをはじめてみませんか。
 
 

NPO法人緑のカーテン応援団
東京都・板橋区立板橋第七小学校での緑のカーテンづくりに取り組む地域企業が中心メンバーとなり、2006年に任意団体として発足。2007年にNPO法人の認証を取得し、緑のカーテンの実践者への支援、普及啓発活動、情報提供、フォーラム開催などを実施する。加入者・加入団体の自主活動やボランティア活動を通じて、緑のカーテンの価値と可能性を全国各地に発信している。