ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2016.10.28

Botanist

Botanist7
京の和紙の里、黒谷。和紙職人ハタノワタルさんがこの地で暮らし紙を漉く思いとは。

植物と素敵に関わる人を紹介する「ボタニスト」。今月は和紙職人、ハタノワタルさんが登場。800年の歴史を持つ黒谷和紙の魅力と、和紙職人として生きる思いをご紹介します。 

和紙の里、黒谷

木の皮から作られる和紙の魅力とは


様々な伝統が受け継がれる京都。その京都府、綾部で古くから「和紙の町」として栄えてきたのが黒谷町です。職人が一枚ずつ手漉きで作ることにこだわり、伝統を受け継いできた黒谷和紙。手作りだからこそ生まれる不均一な模様や質感は唯一無二のもの。京都府指定無形文化財に指定され、現在も大切に守られている伝統技術です。
 
日本独特の伝統の手法で作られる和紙。その原料になるのは楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)、三椏(みつまた)など日本に古くから野生する木の皮。黒谷和紙は楮を使いとても丈夫なため、古くから和傘やちょうちん、障子などの生活品のほか、お湯や水にさらしても破れないということから、染色屋が生地につける名札“渋札”として主に使われてきました。この丈夫さがあるからこそ生活の中に多用され、人々の生活に馴染んできた黒谷和紙。生活を支える“脇役”ながら、日本の文化に欠かすことの出来ない存在としてその歴史を歩んできました。
 

探し求めていた「紙」との出会い、そして紙漉の道へ

この黒谷で和紙職人として活躍するハタノワタルさん。ハタノさんと黒谷和紙との出会いは大学時代。油絵を専攻していたハタノさんが卒業制作のため、ペインティングナイフで少々乱暴にこすったり、削ったりしても破れない丈夫な紙を探していたところ、「日本で一番強い紙といったら黒谷」としてめぐり合ったのが、黒谷和紙でした。卒業後いくつかの仕事を経験してハタノさんが改めて思い出したのが、和紙の素晴らしさ。学生時代、自らの創作の原点になった黒谷の和紙の手触りが忘れられず、今度は自分の手でもその紙を漉きたいと黒谷で和紙職人の修行を始めたのです。 
 


黒谷の山で採られた楮、その楮にひと工程ずつ丁寧な人の手が加わり作られる和紙の原料、そして紙漉きの行程、乾燥まで、心から信じられるものだけを使い、心から信じられる人との絆で生み出される黒谷の和紙。職人に求められる厳格な紙の規格をクリアしながらも、一枚一枚に個性が光る手作りならではの不揃いさ。植物から生まれ、日本人ならではの美的感覚を刺激する、このぬくもりや尊さにハタノさんは強く魅せられてゆきます。

和紙職人として伝えたいこと

昔に比べて和紙の需要も減少し、同時に機械で量産できる和紙も生まれ、伝統ある黒谷和紙とはいえ、手漉き和紙の活躍する場も少なくなってきています。でも、1000枚の紙が必要であれば機械で量産可能ですが、たった10枚の和紙がどうしても必要だという声もあります。和紙を愛し、和紙を必要とするその声こそが和紙の未来、自らの和紙との向き合い方を教えてくれると、今ハタノさんは強く感じています。「たとえ量は少なくても、和紙を使いたいという人の想いに応えてゆきたい。かつて自分の描いた一枚一枚の絵が、その絵を気に入ってくれた人の手に渡り、愛されたように」。絵描きとしてもの創りの原点を体験したハタノさんが、職人であるが故のそんな喜びに気がついたのは、とても自然なことだったのかも知れません。
 

染め紙


木とその木から生まれた紙と、その木を育んだ土で出来た日本の伝統家屋や生活。その人の営みや暮らしを“脇役”的な存在として支え続けてきた和紙。「和紙が再びもっと生活の場で使われるようになることで、人はその土地の自然や文化、そして歴史によって生かされているということを思い出して欲しい」 。手漉きの紙を通してハタノさんが、今一番伝えたい熱い思いがそこにはあります。


 
ハタノワタル
1971年、淡路島生まれ。多摩美術大学絵画科油画専攻卒。97年、黒谷和紙研修生となり、2000年、黒谷紙漉き師として独立。伝統ある和紙の里で紙を漉き、その黒谷和紙の可能性を広げる活動を行う。 04年、綾部ファインアートグラデーション(AFaG)立ち上げ。07年、京もの認定工芸師として認定される。様々なショップでのプロダクト販売のほか、個展、展覧会等を通して、黒谷和紙の魅力を世界に発信している。

2016.10.21

Botanical Recipe

Botanical Recipe7
「きれいな花は、人もきれいにする」〜花薬膳の魅力とレシピ

「野菜」や「ハーブ」を使ったメニューや料理のコツを、人気シェフや料理家といった“食のプロ”に教えていただく「ボタニカル・レシピ」。

今回から2回に渡ってお届けするテーマは、国際中医師・国際中医薬膳師の大田ゆう子先生に教えていただく「花薬膳」。中国に昔から伝わる“花の効用”を身体に取り入れる、美しい知恵を生かしたレシピです。 

女性に幸せと美しさをもたらす! 花に宿る力

美しく凛とした姿に、魅惑の香り。眺めたり、愛でたり、贈られたり…。花はその多くのシチュエーションで、私たちの心に安らぎを与えてくれます。同時に女性の体調を整え、気持ちを支えてくれる特別な存在でもあります。
 
例えば花の香り。自然の花の香りは、心と身体をリラックスさせる効果があり、古くから体調管理や身近な養生に役立てられていたそう。特にバラの甘くてゴージャスな香りには、癒やしだけでなく、女性ならではの魅力を高める効果も。その他、花と暮らすことによってもたらされる幸福感や、花のエキスやアロマなど、花に宿るパワーは女性を幸せに導いてくれるものばかりです。

「花薬膳」は、この花の力をダイレクトに身体に取り入れる方法としておすすめしたい“花養生”のひとつ。中国の薬食同源にもとづく薬膳料理では、自然の産物である花を大切な素材として捉え、日々の健康や美容のために取り入れてきました。薬膳と聞くと、ちょっと難しいイメージを抱いてしまいがちですが、教えていただいた花薬膳のレシピは手軽で簡単。今回、まず最初のステップとしてご紹介するのは、スイーツや料理に幅広く活用できる花の甘味料「ハニー桂花(ケイカ)」です。

金木犀(キンモクセイ)でつくる甘味料「ハニー桂花(ケイカ)」

秋が深まってきたこの時期。見て楽しむだけでなく、香り豊かな花としても楽しめるのが「金木犀(キンモクセイ)」。この花の薬膳での呼び名は「桂花」。身体を温める作用が特徴の桂花は、少しずつ寒さを感じる今の季節に進んで取り入れたい花食材のひとつ。花薬膳に使うのは、乾燥させた状態のもので、中国茶の専門店などで手に入れることができます。
 
この「桂花」を用いた、花の甘味料が「ハニー桂花」。作り方は、保存容器に蜂蜜(100cc)を入れ、そこに乾燥させた桂花(大さじ1)を入れて1時間置くだけ。拍子抜けしてしまうぐらい簡単ですが、これで1週間ほど保存しておくことができます。 

使い方は多種多様。紅茶に入れたり、ヨーグルトに足したり、ジャムとしてパンに塗るのもおすすめ。またオリーブオイルとも相性が良く、ドレッシングに合わせてサラダと一緒にいただくことも。蜂蜜の甘さに桂花のほろ苦さと上品な香りがプラスされ、大人の味わいを楽しむことができるでしょう。蜂蜜には、殺菌作用やのどを潤す作用があるので、桂花がもつ身体を温める作用と合わせれば、風邪をひきやすいこの時期にぴったりです。

心と身体を整える! ハニー桂花のデザートレシピ

 ハニー桂花の魅力に触れたところで、これをベースにしたデザートレシピを3つ紹介します。

「ハニー桂花と杏仁豆腐」は、ハニー桂花をシロップ替わりに杏仁豆腐と合わせ、香りや花の姿を楽しむデザート。水で溶いてゆるめたハニー桂花と、杏仁豆腐を層になるように交互に盛りつけてできあがり。お好みのフルーツでデコレーションすると、より一層華やかに。のどの乾燥による咳、便秘などに効果的と言われています。

 
消化を助けてお腹を守る「りんごと白玉のハニー桂花煮」は、食後のデザートにぴったり。作り方は、ボウルに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えて耳たぶくらいの柔らかさに練り、直径1㎝ほどの団子に丸めます。鍋にお湯を沸かし、つくった団子を入れ、浮いてきたらすくい上げて、水を張ったボウルに取ります。りんごは皮をむいてタテ4つに切り、芯を除いて1センチの厚さにカット。鍋にりんごと白玉、ハニー桂花、水、薄いピンク色をつけるためにむいた皮も入れて8分煮て、皮を取りだし汁ごと器に盛りつけます。そして、食卓に出す直前にハニー桂花を少しかけると出来上がり。白玉に桂花がアクセントになって見た目にも楽しめます。


3つ目のレシピは「ハニー桂花と抹茶」。まず、粉末抹茶にお湯を少しずつ加えて溶かしておきます。そして、耐熱グラスにハニー桂花を入れ、温かい抹茶を注いで完成。こちらも食卓に出してから抹茶を加えると、その場で桂花がグラスの中から浮かび上がり、お花が揺らいでいるのを楽しむことができます。すっきりした苦みと花の香りでリフレッシュすることができ、飲み終えた後は口臭予防にもなるそうです。


おいしく簡単につくれて、身体も喜ぶ「ハニー桂花」とそれを使ったデザートたち。どれも簡単につくれるものばかりなので、ぜひ自分の体調に合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。花の力を上手に借りて、生き生きとした美しい暮らしを手に入れましょう。
 
 
 

大田ゆう子(おおた・ゆうこ)
国際中医師・国際中医薬膳師。自家菜園で育てた野菜を取り入れて、身体の力を高める薬膳の料理教室「洗足薬膳お料理教室」を主宰。また、薬膳の素材としての花の効能を研究し、日々の食卓に取り入れることを提案。中国料理店「聘珍楼(へいちんろう)」薬膳顧問も務めている。
 
日本に現存する最古の中国料理の名店「聘珍樓」で2010年よりスタートした「季節の薬膳セミナー」。そのセミナーをもとに、身近な薬膳レシピを提案しているのが、『聘珍樓のいちばんやさしい薬膳』(大田ゆう子さん監修  PHP研究所)。

2016.10.14

Botanical Books

Botanical Books7
里山から高尾山、霧ヶ峰まで! 山歩きが楽しくなる花のガイドブック

山の澄んだ空気や、季節ごとの自然の景色を求めて、登山、山歩きが人気になっています。そして、そんな山で過ごす時間にふと心を和ませてくれるのが、山道の脇に慎ましく咲く山の花々です。 

山に秋を告げるシラネセンキュウ


「植物」に関しての名著や新刊書、写真集などを毎回お届けする「ボタニカル・ブックス」。今月は山の花々を楽しく見分けることのできる『原寸大 見分ける低山の花100』(新井和也/山と渓谷社)をご紹介します。

山歩きを楽しくする花との出会い

広がる空の下、山の頂を目指す山歩きや登山。頂上に着いた時の達成感や、そこから望む壮大な風景の素晴らしさも、都会では味わえない至福の体験ですが、その山歩きをもっと思い出深いものにしてくれるのが、山の「花々」との出会いです。 

 奥多摩、奥秩父、丹沢、高尾山など1年を通じて多くの人が訪れる東京近郊の山でも、 春、夏、秋と多くの印象的な花や植物が、登山客を迎えてくれます。そして、その花は、日頃、植物園や公園の花壇、花屋さんの店先で見るものとは違い、静かに控えめに山の中で凛として存在しています。 山の精霊に命を授かった花々は、どんなに小さくても自然の生命力の結晶と言えるでしょう。
 
こんな山の花々をより手軽に体験出来る、首都圏の代表的な山と言えば「高尾山」です。都心からでも登山口まで直通電車が走り、初心者の山歩き体験には最適な場所と言われています。昔から信仰の山としても知られ、時代の権力者によって一帯が保護されて来たため、自然に富んだ山として多くの花や植物に恵まれています。同時にその植物が育つことで、昆虫、野鳥が豊富に集い、生物多様性にも恵まれた「高尾山」。ミシュランガイドで最高の「三ツ星」の指定を受けており、四季を通じて日本の山の魅力を手軽に楽しめる山の代表と言えます。

高尾山の四季を彩る花々

『原寸大 見分ける低山の花100』には、里山から高尾山クラスの低山、霧ヶ峰など標高1500メートルの中級の山までを目安に、季節ごとの花のガイドが掲載されています。そこには原寸大で大きさや色の特徴、そして名前の由来なども語られ、小さな山の花が持つ個性的なストーリーを知ることができます。では、ここで低山の花々で四季の移り変わりを追ってみましょう。


ネコノメソウ
漢字で書くと「猫の目草」、 春に2ミリほどの淡黄色の花をつけ、花が咲いた後の果実が「猫の目」のように見えるところから、この名前が付けられています。日本全国の山地、湿地に生え、群生するので比較的見つけ易く、柔らかな春の日差しを受けた黄色と緑のコントラストが、登山客に春の訪れを教えてくれます。



ホタルカズラ 
丘陵地から山地にかけて、明るい林や草地に生えます。名前の由来は花をホタルの光に見立てたもの。紫の花の中心に星形の模様があるのが特徴で、新緑の季節をより魅力的にする貴重な花です。



ユキノシタ
山地の湿った岩陰や水辺に生え、名前の由来は花が雪のようで、その下に緑の葉が見えるところから。妖精のような個性的な花弁を持ち、夏を告げる花と言われています。



ツルリンドウ
高尾山などで秋の深まる紅葉の季節に咲く、1センチほどの個性的な小さな薄い紫の花。
先が鋭く尖った緑の葉が特徴。





センブリ
晩秋のフィナーレを飾る花。紫の筋が入った1センチほどの大きさの花で日本全国の低山に咲いています。最も秋が深まってから咲く花の一つで、間もなくの冬の到来を教えてくれる花です。

 

こういった山の花を素早く見分けるポイントは、咲く季節を知ることと、色と大きさに注目すること。『原寸大 見分ける低山の花100』の表紙には物差しのようにセンチごとの目盛りが付いていて、そのまま本を花に近づけて大きさを確認できます。山歩きと花との出会いを、より楽しく充実させてくれる一冊です。

より楽しく安全に山の花と出会うために

四季を通じて手軽に山の自然や花々を楽しめる低山の魅力。でも、気をつけておきたいことがいくつかあります。まず、山歩きの基本は足下から。高尾山などの人気のあるエリアの山道は整備されていても、思わぬところに石や岩、木の根が隠れています。スニーカーではなく、しっかりと足首をサポートしてくれる、山用のトレッキングシューズがおすすめです。そして防寒対策、雨対策はお忘れなく。山の自然は都会では考えられないほど、急激に変化します。山では夏も低体温症などの危険性があることを知って、ウエアの準備、カロリー補給のタイミングなどに十分気をつけましょう。
 

 
そして、もう一つ。どんなに美しい花があっても登山道から決して外れないこと。筆者の新井和也さんが何よりも大事にしていたのは、「自分が自然に入ってゆくことで、その影響を最小に抑えたい」という考え方。山の植生や植物を理解しながら山に登り、花や植物の写真や情報とともに、自然に向かいあう姿勢を発信した新井さん。自分が自然に入って、自然が持つ意味やすばらしさを伝えていくことで、山に入る他の人が自然を大切に思うようになり、自然が守られる。その生き方に込められたメッセージは共感を集め、その著作とともに多くの人に慕われています。
 
山歩きの時に出会う花の名前や種類がわかると、その出会った場所により親しみを持つようになります。あなたとその花の出会いは一期一会かも知れませんが、次の年も、またその次の年も、その花がまた同じ場所で静かに咲き続けられるように願いたいですね。
 


『原寸大 見分ける低山の花100』(新井和也/山と渓谷社)

新井和也(あらい・かずや)
1971年生まれ 植物カメラマン、ジャーナリスト。高校時代から山岳部で登山を始め大学では岩登りから冬山まで幅広く山を体験。農学部で植物社会学を学び、執筆活動を行い、山と渓谷社などで活躍。植物写真の専門家としても知られ、著書に「高山植物ハンディ図鑑」「日本の高山植物400」「日本花紀行カレンダー」など。 環境問題にも関心が高く、自宅に太陽光発電を導入、9割の電力を自給するなど、心から自然を愛していた。2013年7月登山中に不慮の事故で死亡。42歳。

2016.10.07

Herbal Life

Herbal Life7
ガラス瓶の中に広がる植物の不思議な世界! ボトルブーケが彩る癒しの生活空間

さまざまな色や形の植物たちがガラスの中に息づく「ボトルブーケ」。その中にぎゅっと凝縮されたグリーンの世界は、ファッショナブルで少し風変わりなムードを漂わせています。 

10月のハーバルライフは、一目見ると思わず植物の世界に引き込まれる「ボトルブーケ」の魅力をご紹介します。 

瓶の中で表現されるグリーンの世界観


ヴィンテージな雰囲気の瓶の中に置かれた、多肉植物やエアプランツを本物そっくりに人工の素材でつくりあげたアーティフィシャルプランツ。そして、本物の苔や枝をドライ加工して仕上げた自然の素材。それらをガラスの中で絶妙なバランスで組み合わせたのが「ボトルブーケ」です。ライフスタイルショップ「Green Fingers(グリーンフィンガーズ)」をプロデュースするプラントアーティスト川本諭さんが作るこの斬新なグリーンアイテムは、ユニークなインテリアアイテムとして、日本だけでなく海外でも人気を集めています。
 
植物の世界を間近で観察しているようなリアルな色や形。その秘密は、とことん植物のリアルさを追求しているところにあります。葉っぱや茎に生えている細かい毛まで表現されたクオリティの高い人工の素材。そこにワンポイントで加えられたドライフラワー、木の枝、木の実など自然の素材。これらをガラスに閉じ込めて見ることで、よりリアルに切り取った植物の世界が感じられます。 

「Green Fingers(グリーンフィンガーズ)」に並べられたボトルブーケは、ひとつひとつ異なる自然素材を生かして作られているため、全てが一点もの。そして最大の魅力は “どこにでも置けるグリーン”であること。生の草花と違って、湿気の影響を受けないので置く場所を選ばず、水やりも不要。日射しがないところでも、問題なく置けるためお家の中のグリーンインテリアの幅を広げることができます。

ボトルブーケを飾る場所と飾り方

インテリアとしてアレンジが楽しめるボトルブーケですが、より魅力を生かすなら、洗面所や玄関など“窓がない場所”に置くのがおすすめ。ガラスの質感と中のグリーンで、閉鎖的なスペースが透明感とぬくもりを感じる空間へと変化します。また反対に“窓際のスペース”に置くと、瓶と窓のガラスのクリア感がキレイになじみ、素敵なアクセントに。太陽の光がキレイに差し込めば、より清々しい空間を楽しめます。
 
そして、重ねた雑誌や本、お気に入りの写真集の上に置いてディスプレイしたり、雑貨と一緒に無造作に置いてみたり。 場所を選ばないだけあって、置き方や飾り方も千差万別です。 鉢植えの植物の隣に置いたりしても、うまく調和するので、インテリアとしての可能性は無限といってもいいかもしれません。植物の力による「グリーンな風」は、日常生活に癒しをもたらしてくれるでしょう。

手軽なグリーンだから、ギフトとしても素敵に活躍

色々なスタイルで手軽に楽しめるグリーンだから、自宅用に買って飾るだけではなく贈り物としても活躍してくれます。相手を選ぶ鉢植えや、楽しむ時間が短い花束に比べると、いろいろプレゼントに活用できます。たとえば、大切な人にシャツやネクタイ、バッグなどの贈り物をするとき、その色合いに合わせたデザインや色調のボトルブーケを添えて、プラスワンのギフトとして贈ってみてはいかがでしょう。選んで組み合わせる楽しさと、贈る喜びを二重で味わうことができます。

ボトルブーケがもたらす、新たなグリーンの世界

“植物を手元に置きたいけど、あまり手をかけられない”。そんな人にぴったりのボトルブーケ。「ガラスの中の小さな自然」は、植物との接し方の幅を広げてくれます。ファッション性があり、身近なものとの相性も良いので、よりインテリアやライフスタイルに取り入れやすくなっています。 

もし生きた植物でこんなグリーンの小宇宙を体験したくなったら、小さな植栽アートに挑戦してみてはいかがでしょう。植栽アートといっても、難しく考えることはありません。マグカップや金魚鉢、ジャムの瓶などに土を入れて小さな植物を植えるだけで良いのです。自宅のテーブルやキッチンのカウンターの上、会社のデスクの上。ふとしたところに、生きたグリーンの世界があると、そこにまた新しい景色が誕生し、きっと心にも潤いが生まれますよ。
 
好奇心がそそられる“楽しい植物の取り入れ方”を見つけて、「グリーン」との暮らしをはじめませんか。
 
 
Green Fingers(グリーンフィンガーズ)
プラントアーティスト川本諭さんがディレクションする植物を中心としたライフスタイルショップ。それぞれ違った個性を持った店舗を国内、NYに展開している。国内メイン店の三軒茶屋店では、コーヒーショップと自転車の展示・販売をしたり、NY店では移転を機に新たなコンセプトのマーケット形態へのチャレンジをしたりと、植物や雑貨を販売するだけでなくライフスタイルを楽しむ方法を提案しながら、常に良いものを目指して変わり続けている。