ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2018.06.29

Botanical Journey

Botanical Journey8
北海道ならではの花と木々が輝くガーデン「上野ファーム」

北海道、旭川にある人気のガーデン「上野ファーム」には、自然の地形を生かした様々なテーマの庭が広がり、敷地内にある丘の頂上からは、雄大な北海道の田園風景が見渡せます。
  
今月のボタニカルジャーニーは、北国ならではの景色や植物の魅力を、ゆったりとした時間の中で味わえる「上野ファーム」の魅力をご紹介します。
 
 

「北海道ガーデン」を目指して

もともと上野ファームは、100年以上続く米農家でした。「お米を買いにいらっしゃるお客さまをもっとたくさんの花でお迎えしたい」。そんな思いからあぜ道に植えられたルピナスがガーデンへの第一歩となり、その後、一本の道が作られ、その周辺にハーブや一年草を植えて小さな庭が生まれました。さらに、北国で四季折々に咲く宿根草を組み合わせて個性的な庭を造りあげ、広さも当初の600坪から4000坪に広がり、今に至っています。
マザーズガーデンの始まりの道
 
 
現在、上野ファームのオーナーガーディナーを勤める上野砂由紀さんは、東京で会社勤めをしている時、地元で花作りに精を出すお母さまの影響で、ガーデニングを学ぶため渡英。庭造りを学び帰国後、本格的なガーデン造りをスタートさせます。伝統や深い自然観に基づいて造られるのが英国式ガーデン。上野さんは当初はそんな英国式ガーデンにこだわっていましたが、お客さまが北海道ならではの花や植物に感動されるのを目の当たりにし、英国式ガーデンを再現するのではなく、北海道の気候風土を大事にし、ここでしかできない庭造りをすることを決心します。寒暖差の激しい北国ならではの気候が生んだ鮮やかな花や植物の色合い、その植物や木々が一緒になって生み出す自然の庭、「北海道ガーデン」を目指したのです。「旭川は山に囲まれた盆地特有の気候を持ち、冬はマイナス30度、夏は30度を超えるなど寒暖差が激しい環境。この寒暖差がこそが、花をより美しく、植物をよりダイナミックに育てるんです」。上野砂由紀さんの言葉です。
バラの季節を迎えた上野ファーム
 
 

花の力が人を呼び、北の地に広がる輪

「花で農場の環境をもっと魅力的にして、都市と農村の交流点にしたい」。そんな家族の思いから始まった庭造りですが、現在では、季節で彩りの変わる10のゾーンや庭に、それぞれ個性的な花や植物との出会いが演出されています。上野ファームの庭造りの第一歩としてスタートした「マザーズガーデン」、緑と白樺の幹の白とのコントラストが美しい「白樺の小道」、そして、野生の野原をイメージした「ノームの庭」。真夜中に庭仕事を手伝うといわれる妖精、ガーデンノームにちなんでつくられました。
 
マザーズガーデン
  
ノームの庭
 
 
2001年にガーデンとしてオープンした当初は、誰も来ない日が続き悩んだこともあったそうですが、花や庭の美しさが口コミで少しずつ広がり、今では首都圏はもちろん、九州などからもご来場者が絶えません。小さな庭や花たちが、いつしかたくさんの人とのつながりを生み、広がっていった上野ファーム。北国に初夏が訪れる6月から夏にかけてはバラも咲き始め、ガーデンがもっとも賑わう季節です。ご来場された方の「ガーデンに咲いているあの花がほしい!」という希望から誕生した苗の直売所をはじめ、雑貨店、カフェも併設。コミュニケーションの場を増やすことで、花や植物を通して、ガーデンと人、人と人、植物と人との絆をますます深めています。
 
春は、雪解けとともに一斉に緑が芽吹き、花のリレーのように景色が日々変わっていきます。驚くように植物の背丈が伸びる初夏。鮮やかな色が加わる夏、そしてシックな色に染まる秋。「1年を通じて、花や自然は人を惹きつける力がある」、そう信じる上野さんが、北海道ならではの花や植物と力を合わせて造り上げたのがここ上野ファームなのです。