ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2017.10.27

Botanist

Botanist19
樋口愉美子さんが刺繍で描くボタニカルな夢

リネンやクッション、ポーチなどに、糸で立体的に描かれたボタニカルなモチーフ。その素朴で優しい植物の表情は、私たちに何かを語りかけてくるようです。 
椿10色(『樋口愉美子のステッチ12ヶ月』(文化出版局)より)

今月のボタニストは、花や草木など、自然のモチーフが魅力の刺繍作家、樋口愉美子さんをご紹介します。

カラフルで優しさ溢れる樋口愉美子さんの刺繍作品

リネンに糸で描かれた花や植物の世界。カラフルな色と豊かな表情に溢れた刺繍で独自の世界観を表現するのは、ボタニカル刺繍の人気作家・樋口愉美子さんです。糸で形と色を作りだし表現される世界は、おとぎの世界のような優しさ。そんな魅力が最も身近なものとして感じ取れるのが、小さな雑貨に施された刺繍です。それは、がま口ポーチだったり、クッションだったりエプロンだったり、洋服だったり。眺めているだけで楽しくなるものばかりです。ひと針ひと針丁寧に描かれた刺繍はまさにアート。額に入れて大切に飾っても周りの空気を優しく変えてくれます。 
1色刺繍のクッション
 
1色刺繍のがま口ポーチ

樋口愉美子さんが刺繍で描く自然への思い

幼い頃から絵が大好きだった樋口さんは美術大学に進み、デザインの仕事を経て、ハンドバッグ作りに携わり、その後刺繍作家に転身されます。樋口さんの作品に登場する花や植物は、ご自身が頭の中に記憶している姿、形がそのまま図案として浮かんできたもの。刺繍で表現された、樋口さんご自身の自然を愛おしむ心の声ともいえます。特に2015年に発表した作品集『樋口愉美子のステッチ12ヶ月』(文化出版局)は、「ゆっくりと流れる季節を思いながら縫われた作品集」。樋口さんにとって刺繍作品とは、豊かな自然の恵みに感謝の気持ちを込めて生まれたもの。本に収められた四季折々の花や草木の表情から、植物に寄り添い生きることの喜びを感じることができます。 
ガーデン
 
March   ミモザ
 
「草花や野菜、鳥や昆虫、雪や星、人びとを含めたすべての生き物の緩やかな循環。春は芽吹き育ち、夏には遊びひしめき、秋には色づき熟し、冬には安らぎ更ける。このような月日の移り変わりを12ヶ月というテーマでつづりました」(『樋口愉美子のステッチ12ヶ月』まえがきより)。

愉しいステッチ、刺繍のすすめ

樋口さんの本は作品集であると同時に、刺繍を始める人のために縫い方のコツや図案も、詳しく紹介されています。 ただ作品を見て、その世界を眺めるだけではなく、私たちもボタニカル刺繍が体験出来るように工夫されているのです。 
刺繍の道具と材料
 
初めは時間がかかっても、ひと針ひと針思いを込めて縫うことで、生み出した作品以上の充実の時間を得ることができるのが、刺繍の魅力。「刺繍作品には自分が現れる。 自分の中にあるものを精一杯刺繍に込める」。樋口さんのこの言葉からも、その魅力が伝わってきます。「何でも手に入れられる今だからこそ、忘れていた手仕事の愉しさや安らぎを感じていただけたらと思います」(『樋口愉美子のステッチ12ヶ月』(文化出版局)より)。その作品と同じようにとても印象的な樋口愉美子さんからのメッセージです。 
Seed   種の模様
     
 


樋口愉美子(ひぐち・ゆみこ)
1975年生まれ。多摩美術大学卒業後、ハンドメードバッグデザイナーとして活動。ショップでの作品販売や作品展を行なった後、2008年より刺繍作家としての活動を開始する。
 


写真
『樋口愉美子のステッチ12ヶ月』樋口愉美子(文化出版局)
『1色刺繍と小さな雑貨』樋口愉美子(文化出版局)