ノエビア

Menu
あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で輝くライフスタイルを!

植物のめぐみを取り入れたライフスタイル「BOTANICAL LIFE」を、テーマ別に週替わりでご紹介します。
植物の世界からあなたに届く「美しい贈りもの」です。

2017.05.05

Herbal Life

Herbal Life14
家族で楽しく夏支度 、「グリーンカーテン」を育てよう!

眩しい日差しが溢れる5月。この季節、ぜひ準備しておきたいのが、植物で日差しを遮る「グリーンカーテン」です。ちょうど今から育て始めれば、夏には緑の蔓と葉を広げ、種類によっては実をつけ、夏を涼しく楽しくしてくれます。 
Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:green_main.jpg

5月のハーバルライフは「グリーンカーテン」がテーマ。家族でグリーンカーテン作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 

新しい夏支度、「グリーンカーテン」とは?

「グリーンカーテン」とは、ゴーヤーや朝顔など、ツル性の植物を育てると、蔓や葉が窓や壁を覆うことで日差しを遮り、夏を涼しく快適に過ごせるというものです。夏の日差しを遮る道具といえば、日本では昔から“ヨシズ”が使われてきました。ヨシズは、乾燥させた植物の茎を編んで作ったもの。そんな、“植物の力で夏を快適に過ごそう”というアイデアに、生きた植物を使うという知恵が加わり、グリーンカーテンが生まれたといえます。グリーンカーテンは、太陽の光を遮るだけでなく、“地面から吸い上げた水を茎の中にたくわえて、葉の表面から蒸発させる”という、ラジエーター効果も期待できます。外壁は40℃以上なのにグリーンカーテンの陰になった場所は30℃前後と、優れた日よけ対策となります。冷房の使用を抑制でき、省エネに繋がるだけでなく、窓の外の緑の葉は室内から見ても屋外から見ても、心を癒やしてくれますね。

グリーンカーテンにおすすめの植物たち

さて、実際にグリーンカーテンを作る際、植物選びのポイントはどういったところにあるのでしょうか。「NPO法人緑のカーテン応援団」理事の菊本るり子さんにアドバイスをいただきました。まず第一に、「育てやすい」こと。この5月から夏の終わりまで育て続けることを考えると、世話にあまり手間のかかる植物は向きません。そしてもう一つ、日よけ効果を期待して「葉がよく茂る植物」であること。夏に向けて種を植え、育てる園芸植物と言えば朝顔がおなじみですが、ここでは実を楽しめたり、珍しい花が咲く植物をご紹介しましょう。 

ゴーヤー

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:goya.jpg
耐暑性が強く、日当りの良い場所でグングンと成長するゴーヤーは初心者向け。上手に育てれば実がつき、夏のお料理に彩りをプラスしてくれます。独特の苦みがクセになるゴーヤー。ちょっとした農園気分も味わえる楽しいグリーンカーテンが出来上がります。

②パッションフルーツ 

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:passionfruits.jpg
パッションフルーツも育てやすく、初心者向けです。実の収穫も楽しむことができ、デザートやサラダなどに夏らしい華やかさを添えてくれます。一年草ではないため、翌年も春になると蔓がのび葉が出て、緑のカーテンになってくれます。日差しが厳しい日にはたっぷりの水をあげて育てるのがコツです。

③オキナワスズメウリ 

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:okinawasuzumeuri.jpg
あまり聞き慣れない植物ですが、最近はグリーンカーテン用として需要が高まり、プラントショップやホームセンターでも取扱いが増えてきています。緑に白いスジが入った2〜3cmほどの小さなスイカのような実がなり、最後は赤く染まり、目にも楽しいグリーンカーテンです。ただし、実には毒があるので食べることはできませんので注意が必要です。

④スネールフラワー

Macintosh HD:Users:suzukinatsuki:Dropbox:tfm_noevir_botanical:fixdata:20170505_herballife14:sneilflower.jpg
葉がとてもよく茂り、うす紫色の小さな花を楽しむことができます。別名「真夏の青いスイートピー」とも言われていますので、夏の窓辺を愛らしくしてくれます。
 
     

グリーンカーテンをうまく育てるコツと知識

グリーンカーテンを育てるために大切なのが土壌の環境作りです。立派な根がはるために、大事なのが土。植物を植えるポットは大きめにして、十分な土を用意しましょう。最近は腐葉土を利用する方が多いようですが、腐葉土は時間が経つと、微生物による分解が進み、土の量がかなり少なくなってしまいます。腐葉土を利用するときは、ポットに入れた土を良く押さえて泥の密度を高くしておきましょう。
 
また、ネットの張り方も大事です。ネットがゆるいと、ネットに蔓が巻き付きません。ネットは必ず弛みがないようにピンと張りましょう。また、同時にネットの設置位置も大事です。良くある間違いは、ネットを植物を植えたポットの内側、壁や窓の側に設置すること。植物は太陽に向かって成長するので、これではネットに向かって蔓が伸びません。ネットは必ずポットの外側の位置に設置してください。土壌の管理、そして、植物の特性をよく知ることで、グリーンカーテンはきっと期待通り真夏に向けて大きく成長してくれることでしょう。
 
夏を快適に過ごせるだけでなく、目にも爽やかで、実も楽しみにできるグリーンカーテン。この夏、どんなグリーンカーテンと過ごすか、家族みんなで相談し、グリーンカーテン作りをはじめてみませんか。
 
 

NPO法人緑のカーテン応援団
東京都・板橋区立板橋第七小学校での緑のカーテンづくりに取り組む地域企業が中心メンバーとなり、2006年に任意団体として発足。2007年にNPO法人の認証を取得し、緑のカーテンの実践者への支援、普及啓発活動、情報提供、フォーラム開催などを実施する。加入者・加入団体の自主活動やボランティア活動を通じて、緑のカーテンの価値と可能性を全国各地に発信している。